パーソナリティ障害は治療可能なのか?2~3年の治療で症状が改善!

パーソナリティ障害は、遺伝要因や養育環境をはじめ様々な要因によって、奇異で偏った思考や問題行動を引き起こすものであり、年齢に伴う経験の蓄積や適切な治療によって症状を改善することができる疾患です。ただし、原因と同様に症状も人それぞれであるため、誰にでも有効性が認められる治療法は存在せず、効果の現れ方もそれぞれ異なっています。

現在、どのようにパーソナリティ障害の治療が行われているかについて説明します。

治療の前提条件とは?協力的治療を行うには?

パーソナリティ障害には症状によって10種のタイプがありそれぞれ治療法が異なっていますが、共通した治療の前提条件が存在しています。

本人の積極的参加が重要!

パーソナリティ障害の治療は、他の精神疾患と同様に長期に渡ることが多く、そのため本人と治療者との信頼関係と協力関係が必要不可欠です。特にパーソナリティ障害では、本人の治療への積極的参加が重要となっています。

最初は問題の認識から!

パーソナリティ障害の多くのケースでは、本人自身が自分に問題があることや病気であるとの自覚ができていません。治療の第一歩は、問題の存在を認識させること、そして本人自身で問題解決に向かうよう促すことです。

そうして初めて本人と治療者との間で明確な治療目標を共有することができ、お互い協力して根気強く治療を行うことができようになります。

主な治療方法とは?精神療法の役割とは?

パーソナリティ障害の治療は、精神療法を主として症状の緩和を目的とした薬物療法と併用して行われています。

治療の主体は精神療法!

精神療法とは、本人と治療者が協力して思考や行動に働きかける治療法で、カウンセリングなどで「問題の認識」「思考や気分の安定」「対処法の習得」を行って行きます。

パーソナリティ障害の治療では、精神療法が重要な役割を果たしており、充分な改善効果が得られています。

組合せにより効果が期待!

精神療法にはさまざまな種類があり、それを組み合わせることで症状の改善が期待でます。

    <主な精神療法>

  • 個人精神療法:本人との面談(カウンセリング)を通して、思考や行動の偏りの理解を促し、問題の解決を目指す治療方法。
  • 認知行動療法:「認知の歪み」を本人自身による観察や記録によって改善を図る治療法。
  • 集団精神療法:複数の患者によるグループ討議や作業を通して、問題の理解や解決策を学ぶ治療法。
  • 家族療法:本人だけでなくその家族への面談や助言、指導によって問題の解決を目指す治療法。

薬物療法は対処療法!精神療法への足掛かり!

薬物療法は対処療法であり、根本的な治療法ではありませんが、症状の一部の緩和や精神的ストレス反応を和らげる効果があります。

目的は症状の緩和!

パーソナリティ障害そのものに効果がある薬物は存在しませんが、抗精神病薬や気分安定化薬などの服薬によって、症状の一部を抑える効果が確認されています。

薬物療法は、服用期間しか効果がありませんが、問題行動の抑制や精神状態の安定がもたらされ、本格的な精神療法への足掛かりとなるメリットがあります。

処方される主な薬剤とは?

パーソナリティ障害で処方されている薬剤は、以下のような種類が用いられています。

    <主な処方薬>

  • 統合失調型パーソナリティ障害(受動性):抗精神病薬
  • 境界性、反社会性パーソナリティ障害(衝動性):選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、気分安定薬
  • 回避性パーソナリティ障害(不安、抑うつ):選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

必要な治療期間とは?加齢と共に改善も?

最近の研究によると、パーソナリティ障害は以前考えられていた変化や治療効果の乏しい疾患ではなく、加齢によって対人面や社会面の機能の安定に伴い症状が目立たなくなることや、治療が早期回復に効果が認められるとの報告があります。

治療期間は2~3年!

パーソナリティ障害の治療経過は、個人差がありますが概ね6か月~1年程度で問題行動の改善がみられ、治療完了までには2~3年程度必要としています。また、追跡調査の結果では、約10年後には半数以上に診断基準を満たす問題行動が認められなくなるとの報告があります。

パーソナリティ障害は、時間がかかりますが治療可能な疾患ですので、周囲の方は焦らず冷静に対応することが大切です。

人生経験も治療の一つ!

パーソナリティ障害の治療では、加齢に伴って症状の改善がみられることから、精神療法や薬物療法以外にも人生経験を積むことも回復への一つの手段と言えます。

人生経験は、自分の考え方への対処法を身に着けるだけでなく、周囲への相談や支援を求めることにもつながり、回復への重要な基礎となっています。

医療機関を選ぶには?まずは公的機関に相談を!

パーソナリティ障害に限らず精神疾患の疑いで精神科を受診することに抵抗感を持つ方は少なくありません。また、本人が受診を拒むことも多いため、まず、「地域の保健所」または「精神保健福祉センタ」に相談することが望ましいです。

公的支援機関を活用しよう!

精神疾患の診断は非常に専門性が高いため、受診先を選ぶだけでも難しい問題です。保健所や精神保健福祉センタでは、医療機関の紹介だけでなく健康相談や受診時のポイントなどのアドバイスも行っています。

まず家族など周囲の方だけで相談して、医療機関の紹介や接し方、どのように受診を促すかなどのアドバイスを受けることが大切です。

まとめ

パーソナリティ障害の治療には、大変な負担と時間が必要ですが、回復可能な疾患であることを忘れないことが重要です。

時には症状によって自傷行為や自殺企図、暴力や暴言によって周囲の大きな負荷となり手に負えない事態も予想されます。そのような場合は、専門医に相談して一時的に入院して、日常から離れた環境で生活することは、本人の治療効果にプラスであり、家族の負担の軽減にもつながります。

本人による能動的治療が難しい疾患ですので、家族など周囲の方の冷静で落ち着いた対応が治療への一歩であると理解して、適切な距離感を持って無理せず治療を見守っていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ