解離性同一性障害とは何なの事?解離性障害の症状の1つです!

解離性同一性障害ではあまり知られていませんが、以前は「多重人格」と言われていました。1人の中に、何人かの人格が居る状況です。これは、解離性障害の症状の1つになります。

これは、1980年に米国精神医学会の診断基準(DSM)に取り上げられた事で広く「多重人格」が知られるようなり、その後1994年DSM-Ⅳで「多重人格障害」から「解離性同一性障害」に名称が変わりました。

日本で知られるようになってからまだ歴史としては浅いのですが、疾患さんはわりといるのです。今回は、この解離性同一性障害について調べました。

解離性障害とは何の事?自分の一部分を切り離す事!

人は皆、小さい時からの生活の中で経験した事や得た事の積み重ねで今の自分があります。解離性障害とは、この積み重ねが上手く出来なくなり自分の経験・自分の感覚などという認識が出来なくなります。

ストレス等により、感覚や感情に記憶そして自分という意識などが自分から切り離されてしまいます。そしてその事で、生活に支障が出てくる時に解離性障害と言います。

症状はどのようなもの?

解離性障害の症状はとても多くあります。よく見られる、代表的なものを下記に挙げました。

    <解離性障害の症状としてよく見られるもの>

  • 離人症は、自分の身体、感覚から離脱したと感じる感覚の解離
  • 解離性健忘は、ストレスの原因となる記憶を解離
  • 解離性遁走は、ストレスの原因の記憶をなくし違う場所へ移動する解離
  • 解離性同一性障害は、多重人格の症状になる

解離性同一性障害とは何?解離性障害の症状です!

解離性同一性障害とは、解離性障害の症状の1つになります。本人以外の人格が、患者さんの中に同居している状態にあります。

患者さんの中に居る人格が、交互に出てきて行動をします。その為に患者さんは、自分のした事を覚えていない事の方が多くあります。どうしてそこにいるのか説明が出来ない事が記憶が抜けているので出来ないのです。これは突然になるのではなく、症状を通過して来た事で生じているのです。

突然そうなるのではない?

解離性同一性障害は、急になるわけではないのです。解離性障害の症状で挙げたような症状を順番に通って重症化した事によるものです。

その症状はどうなるの?

同居している人格が影響されて、病気の症状が出る時もあります。記憶をなくした後には、自分では覚えのない物や趣味ではない物が身の回りにある時もあります。

何故そんな事になったの?ストレスやショックから!

解離性同一性障害は、幼い時の逃れる事の出来ない虐待やネグレットが原因に多く見られます。また、親との死別なども原因にあります。

他にも極度なストレスを受けた患者さんにも多く見られます。このような経験をして子供は自分の心を守る為に感情や記憶などを自分から切り離します。そしてこの事が、多重人格を成長させているのです。

心を守る為とは何の事?

あまりにも辛いことが毎日続く事で、これ以上続くと心が耐えることが出来ないという時にはその辛さや感情等を自分から切り離すのです。

もしかしたらと気づいたら?専門医療機関を受診!

何度か解離を繰り返して、患者さんが異変を感じている時もあります。家族に言われて気がつく時もあります。その時がチャンスです。逃さずに、専門の医療機関を受診して下さい。

病院では、何度か面接を繰り返して詳しく些細な事まで調べます。解離の症状の具体的な質問票も使われます。長時間の面接が必要な時もあり、催眠法や薬剤を使用する事もあります。似ている症状の病気でない事を、内科で検査する時もあります。

診断に催眠や薬をつかう?

面接が長い時間を掛けて行う必要がある時には、患者さんをリラックスさせる為に催眠法や慎重に鎮静薬を静脈内投与する事もあります。その結果他の人格が現れる事や、切り離した記憶の情報が得られる効果もあります。

完全に治るの?治療の目標は人格を1つにする事!

解離性同一性障害の完治への期待は、あまり出来ません。どのくらい回復するかは、患者さんの症状にもよって差が出て来るのです。

精神障害の重度の症状を併発している時や、自分を虐待した人への深い愛着がある時があります。この様な時には治療が困難になる可能性があります。

治療は、症状をコントロールして人格を1つに統合する事を目標になります。症状を管理する為に薬を使いますが、解離状態を治す事は出来ないのです。

薬では効果が得られない!

精神障害の抑うつ、衝動性や不安に物質乱用の症状を管理するという為に使われていますが解離という症状を治療する事は出来ないのです。

人格の関係を良くする!

治療は、症状をコントロールして人格を1つに統合する事を目標に行なわれますが成功するケースは多くないのです。そんな時には、中にいる何人かの人格同士の関係を良くして落ち着かせる事を目標にします。

時間が必要焦らない!

精神療法はとても時間が掛かり、忍耐力も必要になります。時には何回か、入院の必要がある可能性もあります。そして、長時間の治療が必要になります。

まとめ

今回は、解離性同一性障害とは何なのか、その原因と症状そして解離性同一性障害はそこに来るまでに他の症状を経てきた事など調べました。

解離性同一性障害とは以前は「多重人格」と言われていました。これは、耐えることが難しいストレスから逃れる事が出来ずに、解離性障害の症状が重症化した状況になります。

患者さん本人が気づかない事が、周囲の人との関係が悪くなる事を多くしている現状です。その事が症状を悪化させてしまう事にも繋がります。ですからご家族や周囲の方が患者さんの様子を良く見て、病気について学んで理解をしてあげる事が患者さんの状況を改善させる為には大事な事になります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ