不安障害の原因はどのうなものか?発症要因は1つだけではない!

「不安障害」とは、不安や恐怖を主訴として様々な身体症状を現す疾患であり、心理的要因(心因)が主な原因であると考えられてきましたが、現在ではまだ十分に解明されていない状況です。

不安障害は、「パニック障害」や「全般性不安障害」など複数の疾患の総称であり、それぞれの発症原因は、生物学的(身体的)、心理的、および社会的要因が複雑に関連し合っているとみられています。

現在、不安障害の発症原因としてどのようなものが疑われているかについて説明します。

原因は一つではない!治療効果からみる原因とは?

原因は一つではない!

「パニック障害」の発症原因は、脳内の扁桃体を中心とした「恐怖神経回路」の過活動とする仮説が有力ですが、それ以外にも様々な要因が原因として疑われています。

    <発症原因とされる要因>

  • 脳機能の異常:脳の神経伝達物質の機能異常
  • ストレス等心理的要因:精神的に辛いこと、悲しいことなど何らかのストレッサーによる精神的ダメージ
  • 性格傾向:不安を抱えやすい「神経質」、「几帳面」、「完璧主義」などの性格傾向の人に多くみられている
  • 疲労や過労:肉体疲労によって血液中の乳酸濃度が高まることでパンニック発作が誘発
  • カフェインの過剰摂取:カフェインによる脳や筋肉への刺激による興奮状態

治療効果からみる原因とは?

現在最も有力とされているが、脳内の情報伝達物質である「ノルアドレナリン」と「セロトニン」のバランスの乱れとされており、セロトニンの働きを強めるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)による治療効果が裏付けとなっています。

扁桃体は不安、怒り、恐怖、などの情動の中枢としての働き、その興奮が「青斑核」など周辺の神経部位へ伝えられ、すくみ、心拍数増加、呼吸促迫などの諸症状を引き起こすとみられています。青斑核は「ノルアドレナリン」という神経伝達物質を分泌する核であり、青斑核の機能異常がパニック発作の発端とされています。

ストレスの積み重ねで発症?その他の発症要因とは?

ストレスの積み重ねで発症?

「全般性不安障害」の原因として、心理的な出来事(心因)とされていますが、実際にはそのような出来事が全くみられないことも多く、過労、睡眠不足など一般的な身体的悪条件を発端として発症しているケースもみられています。

ある特定の出来事に対するストレス反応だけが原因ではなく、日常生活の中での様々なストレスの積み重ねにより発症する可能性が高いとされています。

その他の発症要因とは?

全般性不安障害の発症要因は、ストレスの蓄積以外にも様々な要因の積み重ねが疑われています。また、ストレスの内容は特別なものではなく、本人がストレスと感じたものは全て原因となりうるため、その内容は多岐に渡っています。

    <ストレス以外の要因>

  • 遺伝要因:必ず遺伝するものではないが、多少は遺伝の影響もあると疑われている
  • 環境要因:発症しやすい特定の環境は限定されていないが、幼少期からの不安の高い環境が疑われている
  • 年齢性別:どの年代でも発症がみられるが20歳前後に多く、男性よりも女性に2倍多くみられている
  • 性格傾向:特に発症しやすい性格は限定されていないが、他の不安障害を発症しやすい性格傾向と同様とみられている

近年の研究結果では?絡み合う発症要因!

近年の研究結果では?

「強迫性障害」の原因は、近年、薬物療法の効果が解明や脳の機能画像を用いた研究の結果などから、脳の部位を結ぶ神経ネットワークとの関わりが深いとの報告があります。

絡み合う発症要因!

強迫性障害は、脳機能以外にも「思考」や「ストレス」など、様々な要因が合わさって発症するとみられています。また、他の不安障害と同様に性格との関連が疑われていましたが、現在では性格と強迫性障害発症の関係は薄いとの見解が大勢となっています。

    <発症の複合要因>

  • 脳内の情報伝達物質:セロトニンなどの神経伝達物質のバランスが乱れによる神経ネットワークの障害
  • 思考のクセ(歪み):誰にでも起こりうることへの課題評価による強迫観念
  • ストレス:精神的なダメージを伴う出来事や状況の変化
  • 遺伝要因:親族に強迫性障害の人がいる場合は、そうでない場合と比べて2倍の発症率がみられるため、遺伝の影響が疑われている

症状が生む悪循環とは?対人恐怖症は珍しくない!

症状が生む悪循環とは?

「対人恐怖症」は、「性格」、「思考」、「脳機能」、「習慣」、「潜在意識」、「感覚」などの様々な要因が起因し、それぞれが悪影響を及ぼし合っていることが原因となり、精神的なダメージとなるような状況や環境を発端に症状が表面化してきます。

対人恐怖症の症状が表面化すると、「相手にどう見られ、どう思われているか」など相手主体の思考と症状への意識が強まり、状況や環境への不安や恐怖が増幅される悪循環に陥りやすくなります。

対人恐怖症は珍しくない!

対人恐怖症は特別なものではなく、異性を気にしてしまう思春期には、程度の差はありますが誰にでもみられる症状です。また、日本人は不安や恐怖を感じやすい「セロトニントランスポーター」の遺伝子を持っており、また、人の目を気にして恥を重視する日本文化もあり、比較的に欧米人より対人恐怖症になりやすいとされています。

原因が明確なPTSD!発症するかは個人差が大きい!

原因が明確なPTSD!

「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」は、生命が脅かされる、人としての尊厳が損なわれるような体験など、明確な原因によって発症する特徴があります。直後は落ち着いているように見えても、事件の記憶が数週間~数か月、場合によっては数年後に、悪夢や突然のフラッシュバックで蘇って発症することもあります。

発症するかは個人差が大きい!

同じような体験をしても全員が発症するわけではなく、育った環境や性別、生まれつきの性格、遺伝などの様々な要因が影響しています。また、同様の体験の場合、女性の方が発症しやすくなっていまうす。

まとめ

ほとんどの場合、不安障害の原因は単純ではなく、様々な要因が複雑に関わりあっています。不安や恐怖をもたらすストレスを全て避けて生活するなど、原因を排除することはできません。

ストレスへの過剰な心配は、症状の不安を増長させてしまいます。ストレスへ不安を持つことは、「当たり前のこと」であって「悪いこと」ではないとしっかり認識することが重要です。

不安障害を克服するには、自分の不安に気付き、不安を受けとめ挑戦していく意識を持つよう努めていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ