回避性パーソナリティ障害とは?恥と謙虚の2つの文化風土が背景に!

回避性パーソナリティ障害は、傷つくことや失敗に対する極度の不安と恐れから、日常生活や社会生活に支障が生じてしまうパーソナリティ障害の分類の一つです。日本人に比較的多くみられるパーソナリティ障害の種類で、発症している人の割合は、人口全体の1%程度、精神科通院者の10~25%にみられています。

回避性パーソナリティ障害とは、どのような特徴を持つ精神疾患であるかにつて説明します。

思春期から成人早期に多い!背景に存在するものは?

パーソナリティ障害とは、思考や認知といった感情面と対人関係や衝動性など行動面に偏った形式を持ったために、さまざまな生活環境の場面において問題が生じてしまう精神疾患です。回避性パーソナリティ障害は、10種に分類されるパーソナリティ障害のうちの1つに分類の一つに分類されています。

回避性パーソナリティ障害の発症傾向には男女差は認められず、思春期から成人早期の発症が多くみられています。

回避性の本質とは?

失敗や傷つくことを恐れため、他者との関係を拒むように映りますが、本質は逆に自己をありのまま受け入れてもらえる人間関係を強く欲しています。他者からの否定や拒絶を極端に恐れるため、人間関係の構築が不得手で、結果、不登校や引きこもりを引き起こしてしまうケースも少なくありません。

養育環境が影響か?

回避性パーソナリティ障害の背景には、「自己肯定ができない」ため、自分自身への信頼感が持てないことが存在しています。その原因として、養育期に「誉められた経験が無い」や「過保護によって判断力が未成熟」など、養育環境の影響があげられています。

回避的な症状とは?症状の判断は難しい!

回避性パーソナリティ障害の見せる「内気」や「人見知り」などは、程度の差はありますが幼少期には誰にでもみられる現象です。ほとんどの人は成長と伴に克服され消えてしまうものですが、思春期から成人早期に更に人間関係から回避的になってしまうのが回避性パーソナリティ障害です。

主な症状の傾向とは?

回避性パーソナリティ障害の症状として、主に以下のような傾向がみられます。

    <症状の主な傾向>

  • 劣等感が強く、自己の長所を見つけられない
  • 失敗や恥をかくことへの極度の不安から、物事にチャレンジできない
  • 他者から拒否や拒絶を恐れ、信頼関係を築けない
  • 人間関係を不得手と感じているため、人との関わりを避ける
  • 自分への好意を確信できないと、人間関係を築けない
  • 他人のいる前では、いつも通りの振る舞いができない

まずは相談しよう!

パーソナリティ障害の中でも回避性パーソナリティ障害は、問題行動も内向きに現れるため周囲への影響が少なく、「個性と障害」の判断が難しく気付きにくい疾患です。そのため、精神科など医療機関に行く決断が難しく、ただでさえ精神科への受診に抵抗を覚える方も少なくありません。

そのような場合は、公共の支援機関である「保健所または保険センタ(各市町村)」や「精神保健福祉センタ(各都道府県および政令指令都市)」に相談することをお勧めします。メンタルヘルス全般の相談を受け付けており、今後の接し方や対策のアドバイスを受けることができます。

臨床の診断基準とは?文化背景の考慮が必要!

回避性パーソナリティ障害の診断は、医療機関によって異なりますが、主にWHOの「ICD-10」や米国精神医学会の「DSM-5」の診断基準に基づいて行われています。

該当する項目数で診断!

DSM-5の診断基準では、7項目のうち4項目以上が該当する場合、回避性パーソナリティ障害である可能性が高いとされています。

    <DSM-5診断基準(要約)>

  • 他者からの批判、非難、拒絶への恐怖によって、対人接触のある日常または社会活動からの逃避
  • 好意の確信が持てない人との、人間関係を拒む
  • 恥や嘲笑を恐れ、親密な人にも遠慮する
  • 日常的に他者からの批判や拒絶に心が囚われている
  • 新しい人間関係の構築に抑制的
  • 強い劣等感と自己否定
  • 失敗や恥を恐れるため、チャレンジ精神が極端に乏しい

文化的背景も影響!

日本人には「恥の文化」や「控えめを美徳」とするが風潮があり、他人の評価を必要以上に気にする傾向があります。DSM-5は米国の診断基準であり、日本特有の文化的気質が考慮されていないため、基準に該当しても社会生活に支障が出ていないことも少なくありません。

日本人に比較的多い回避性パーソナリティ障害ですが、他のパーソナリティ障害と比べて理解や受け入れやすい日本の文化風土によって、社会適応の幅が広い疾患であることを抑えておくことも大切です。

パーソナリティに合わせて!失敗を許容する環境を!

回避性パーソナリティ障害をはじめとするパーソナリティ障害には、画一的な治療方法は存在せず、文字通り「パーソナリティ」に合わせた人それぞれ異なった治療が行われています。

精神療法と薬物の併用!

回避性パーソナリティ障害の治療方法は、精神療法を主として対処療法として薬物療法が併用して行われています。

    <主な治療方法>

  • 個人精神療法:医師など専門家のカウセリングで、思考や行動様式の偏りの改善を促す治療方法
  • 集団精神療法:同じパーソナリティ障害を持つ方がグループで、話し合いや共同作業を通して問題解決に取り組む治療方法
  • 認知行動療法:認知や思考の偏ったクセを自己分析し、客観的な気付きと問題解決能力を身に着ける治療方法
  • 家族療法:家族とのカウセンセリングを通して、適切な接し方や家族自体の思考や行動様式を見直し、治療環境を整備します。
  • 薬物療法:抑うつ感や緊張、不安などの精神症状の一時的緩和を目的とした対処療法。精神療法への補完的治療

失敗体験には価値がある!

回避性パーソナリティ障害を克服するには、その根底にある「理想の自分」と「理想に届かない劣等感」のギャップが失敗や拒絶への恐れを生んでいることを理解する必要があります。幼少期から形成されてきた「ありのままの自分」への不信感と不適切な自己評価に働きかることが大切です。

そのためには、経験の積み重ね自体が重要であって、成功も失敗も等しく価値あるものであると思えるようになることです。これは、本人の意識だけでは変えにくいため、周囲の方がリトライを許容する環境を用意する必要があります。

治療や克服するためには?重要な疾患の明確化!

パーソナリティ障害は10種類に分類されていますが、必ずしも単独で発症するものではく、併発や類似する症状があるため、どの障害であるかを区別することは治療や克服するために重要です。

類似や併発する疾患とは?

回避性パーソナリティ障害と類似した症状を現す他の疾患は、以下の通りです。

    <類似性のある疾患>

  • 依存性パーソナリティ障害:他者の批評に過敏
  • 統合失調型パーソナリティ障害:社会的孤立
  • 妄想性パーソナリティ障害:他者との親密な関係構築への躊躇
  • 併発しやすい精神障害:うつ病、双極性障害、社交性不安障害など

まとめ

日本人は、文化的な背景から「回避的」なパーソナリティを持つ人が多く、また、受け入れやすい環境にあるため、他のパーソナリティ障害に比べて回避的なパーソナリティ障害は問題になりにくい傾向があります。これは、治療や克服に向けて取り組みやすい環境と言えますが、あまりも身近過ぎて我慢や諦めてしまい、克服の必要性を感じない恐れもあります。

根底にある偏った思考「強い自己否定と劣等感」は、慢性的なストレッサーとなって、他の重篤な精神疾患を引き起こす危険があることを忘れずに、小さな経験を積み重ねて自己評価を高めていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ