うつの克服は自分の弱点をみつけること!うつの人の弱点を理解してうつ克服

うつを克服するためには自分の弱点をみつけなければいけません。

ここでは一般的にうつなっている人の弱点を紹介します。弱点がわかれば、うつが克服できます。参考にされると幸いです。

黒と白をはっきりとさせてしまう

うつになる方は白と黒をはっきりとさせてしまう傾向があります。2つをすべてわけてしまい、黒を白にかえることだけをしていくメンタルの強さがあればいいですが、たいていの人はなかなかできないから、世の情勢にあわせて生活しています。

世の中はグレーでなっています。もちろん白になることはすごくいいことです。しかし、どうしても黒から白になることが難しい問題もたくさんあります。

すべてを黒から白にかえようとしてしまう人は、うつになってしまいますので、世の中はクロもあっても仕方がないという気持ちも大事になります。

もちろん犯罪行為は駄目ですが。妥協をすることによって、うつを克服するポイントになります。

生真面目でうつになってしまっている

うつになっている人は生真面目すぎてしまって、人生のレールを決めつけてしまいます。臨機応変ができないと自分を苦しめてしまいます。

少しでもレールから外れることによって生真面目すぎる性格をやめることができます。生真面目すぎることをやめると、うつが克服できます。

責任感をもちすぎないこと

うつになる人は責任感を持ちすぎてしまっています。責任感はいいことですが、持ちすぎてしまいますと、ストレスになってしまい、うつになってしまいます。

うつを克服するには責任感をゆるめることです。周りに手伝ってもらい責任感を配分しましょう。

先のことを考えすぎないこと

先のことを考えすぎてしまって、うつになっている人がいます。これでは動くことができなくなってしまいます。先のことを考えるのは非常に良いことですが、考えすぎてしまって、思考が停止していると前にすすまないし、うつが克服するのに苦労してしまいます。

あまり先のことばかり考えないで、場当たり的なことでもうまくいくこともたくさんあることを学ぶと、うつを克服することができます。

先のことを考えすぎてしまっている人は心は動いていますが、手は動いてないことを学んでください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ