再発を起こさない!?うつ病克服から復職までの3つの手順を紹介!

自分の働いていた就職先でうつ病になってしまい復職を考えている人の中で、どのようにすればうつ病を克服して復職ができるようになるのかわからないという人は多いはずです。

また、うつ病を克服して復職しようと思っても気持ち的に辛いものではないかと思われる人もいるはずです。しかし、克服から復職までには順序があります。その順序さえ守れば、きちんと元気な状態で復職することができます。

そこで、今回はうつ病の克服から復職までの順序や注意点についてお話ししていきます。

そもそもうつ病の症状ってなに?うつ病の症状とその原因とは

うつ病と復職のことをお話しする前に、うつ病について理解ができていないと意味がありません。なので、まず初めにうつ病の症状がどんなものか、またその症状の原因とは一体何なのかについてお話しします。

うつ病の症状

うつ病の症状というのは主に、倦怠感・食欲不振・不眠・動悸です。このような症状から、家から出ずに引きこもってしまったり、一日中寝たきりになってしまうというケースが多いです。また、うつ病は女性の方がなりやすいという傾向があります。

では一体、うつ病の症状の原因とは何なのでしょうか。

精神的ストレスによるもの

ストレスには様々な種類があります。

特に精神的ストレスの他の主な原因としてあげられているのは、栄養素の過剰や不足による化学的ストレスですが、今回のお話では、職場による精神的ストレスとして進めていきます。

生活リズムが不規則

そもそもうつ病になってしまうと、体内の精神エネルギーや生命エネルギーが低下します。また生理的欲求も低下してしまうため、睡眠欲だけでなく食欲や性欲が高頻度で低下してしまいます。

なので、健康な状態で睡眠不足になるとうつ病になりやすくしてしまい、うつ病にかかってしまうと睡眠欲が低下し、さらに睡眠不足になってしまうという悪循環になってしまうということです。

放置すると危険!?うつ病の克服のための特効薬とは?

ここまではうつ病の症状、原因についてお話ししました。先にも述べたように、今回は仕事場でうつ病になってしまったことを想定して話を進めていくので、化学的ストレスに関しては少し置いて起きます。

さて、それではうつ病時の復職への話をつなげていきます。

思い切って休業すべし!

もし仕事場でうつ病になってしまった場合、思い切って休業しましょう。我慢してダラダラ仕事をしていると、かえって現場で迷惑にもなってしまいますし、うつ病を悪化させる危険性があります。

うつ病になるということは精神的な疲労が関係しているため、休むのが一番です。つまり、うつ病の特効薬にもなるということです。

復職までの手順

休職をしたところで、どのようにうつ病と向き合えば良いのかというところです。しかし、きちんとした手順で取り組んでいくことによって、うつ病を克服し復職へと進むことができるのです。
まず復職までのおおまかな手順としては、

  • 心身ともに休める休養期間
  • それから休めた心身を強化していく心身強化期間
  • 最後に自分の職場の近くまでいってみる自己リハビリ期間

という手順になります。

それでは、これらの順序について詳しく説明していきます。

まずは焦らず!正しい休養期間の過ごし方とは

うつ病を克服し、復職するための最初の期間は、休養期間です。この期間は休職をしてから最初の期間なので、とにかく心身ともに休めるための期間となります。

この期間でのポイントは、なるべくエネルギーを使わないようにすることです。

うつ病の心身のだるさは、エネルギー不足によるものです。精神的なストレスを抱えた時に、必ずしもエネルギーは消費しているということです。

つまり、それを回復させるためにもしっかり睡眠をとることが大切となってきます。

この時期は、我慢をして睡眠をとらない(昼寝をしない)というのはしなくても良い期間ですので、眠れるタイミングの時にしっかりと寝ましょう。この期間の目標としては、ストレスや負担、または刺激から離れてエネルギーを蓄えることとなります。

まずは身体面から!蓄えたエネルギーを最大限に使おう!

休養期間が終わったら、次は身体面を鍛えます。

ここまで蓄えてきたエネルギーで、適度な運動を始めていきます。しかし、初めから楽な運動をすると意味がありません。

というのも、初めこそ少し負荷をかけて運動を取り組んでいくことが大切になってきます。なぜかというと、動物というのは最初は負担がかかると思っていても、続けていけばその負担は感じなくなる、つまり強くなっていく原理があるからです。一般にこれを超回復と呼びます。

例えば、初めにする運動がウォーキングでも構いません。しかし、そのウォーキングをする距離を少し長めにして、少しだけきついと感じれるようにすることが大切となってきます。

またこの時に気をつけなければならないのは、続けることができるメニューを立てることです。いくら少し負荷のかかるメニューを組んでも、毎日続けなければ意味がありません。ですから、本当に軽い運動(ウォーキング、またはジョギング)の距離を少しだけ増やすという程度で構わないです。

精神面の強化について

身体面の強化が終わったところで、次は精神面を強化していきます。

精神面を強化する前にまずやらなくてはいけないことがあります。それは、自分の性格を知るということです。自分の性格をきちんと知っておくことで、どんなことでよくストレスがかかるのかということがわかります。

自分の性格を知らないことで「なぜこんな風になってしまうのか」と不安を感じたりストレスを感じたりします。しかし、自分の性格を知ることでそういった不安やストレスが減少したりするので、自己分析は大切です。

このように、自分のストレスになる傾向が理解できたら、次は考え方や行動の修正を行っていきます。

自分の性格が理解できても、知っているだけでは克服はまだ難しいでしょう。なので、考え方を変え、行動に移していくことが大切となってきます。

ネガティブな思考をポジティブに変えていく

考え方を変えていく上で一番大切なことは、ネガティブな思考をポジティブな思考に変えていくことです。

うつ病の際何に対してもネガティブに捉えがちですが、少しづつポジティブな思考に変えていくように意識させることで、精神的な思考を変えうつ病の克服を促進します。

身近な人に自分の意見を言う

自分の気持ちを伝えることは、人生において大切になってくることです。しかし、意外にもそれができる人は多くないのです。また、うつ病の人に多い傾向は自分の意見がはっきりと伝えられないということです。

なので、この期間では徐々に自分の意見を言うと言う行動に移していくことが必要になってきます。慣れないうちは、自分の身近な人にやってみるのが良いです!

後一歩!自己リハビリによってうつ病を克服

ここまでの休養期間と心身強化期間によってかなり心も余裕ができたはずです。そこで最後の期間では自己リハビリというものをします。自己リハビリというのは、自分が一番元気な時間帯に職場の近くまで行ってみることです。

近くへ行ったら少し休んで、そのまま帰ってくるだけでも大丈夫ですよ。慣れてきたら、職場近くの喫茶店で新聞を読んだりゲームをしたり、またはパソコンをするなどしてみると良いでしょう。
このようなことを続けて、完全にカラダが元気な状態になっていれば復職しても問題ありません。またこの時期に1つしておくと心に余裕が持てるようになることがあります。それは、仲の良い同僚とコンタクトをとり、職場での雰囲気や情報をいれておくことです。

こうすれば復職した際にもすぐに仕事に溶け込むことができます。

克服期間はどれくらいなの?

だいたい休養期間であれば、1ヶ月から2ヶ月になります。ですが、心身強化期間は、起き上がることのできないほどの症状の場合は早くても3から4ヶ月、遅くて半年から一年はかかります。ですので、全ての期間は早くて5ヶ月から半年ということですね。個人差によりますが、早い人はもう少し早いタイミングで克服することも十分可能です。

うつ病克服後の復職には意思がいる!克服した自分に自信を持って!

こうしてうつ病を克服して、さぁ復職というところでやはり少しは不安はあります。ですが、この克服法を正しく行い克服したあなたは、おそらく自信を持っているはずです。

ですから恐れずに、まずは一歩踏み出してみましょう。そこからまた1つ、良い意味で変わった気持ちで復職ができますよ!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ