有効なのはどんな方法?適応障害の具体的な治療法を紹介!

適応障害は、他の精神疾患と比較すると予後が良好です。しかしそれは治療が十分に効果を発揮すればの話。適応障害の症状が長引き、慢性化してしまうと「うつ」へ移行する確率がとても高いのです。

「うつ」への移行を防ぐためにも、適応障害の治療法について知っておかなくてはいけません。適応障害に対して用いられる治療につて解説します。

甘えとは違う?適応障害は病気なのか?

適応障害を「甘え」だと考えている人は少なくありません。適応障害は症状の現れ方が独特であるため、「本当に病気なの?」と疑われることも多いのです。まずは適応障害がどのような疾患なのかを知っておきましょう。

適応障害はどのような病気?

適応障害は「ストレスに対する恐怖症」と捉えるのがわかりやすいです。特定の環境下におけるストレスが原因となって、日常生活に支障が出るようになってしまいます。しかし、ひとたびストレス要因から離れれば症状が治まるのが特徴です。

どうして「甘え」とみなされる?

適応障害はれっきとした精神疾患です。しかし「○○の時だけ憂鬱感に襲われて活動できない」という独特の症状は、健康な人から見ると「自分勝手でわがまま」な言動に映ります。適応障害が「甘え」と誤解されるのはこのような背景があるのです。

適応障害と診断されたら?治療法は2つ!

適応障害であるとの診断が下りた場合、当然治療が必要になります。適応障害で用いられる治療法は大きく分けて2つあります。

薬物療法

適応障害では、精神・身体に様々な症状が現れます。それらの改善・緩和のために薬が用いられるのが通常です。

認知行動療法

認知行動療法とは、薬を使用しない治療です。カウンセリングなどを通じて適応障害を根本から治療することが出来ます。

適応障害の治療法1!薬物療法とは?

適応障害で現れる症状は「うつ」とよく似ています。とはいっても、現れる症状はひとそれぞれ異なっているもの。その人の症状に合わせて適切な薬を医師が選択します。適応障害の際に処方される薬の代表的なものを紹介しましょう。

精神的な症状に対して用いられる薬

気分の落ち込みや不眠、イライラなどといった精神的な症状にはこのような薬が効果を発揮します。

  • 抗不安薬
  • 抗うつ薬
  • 睡眠薬
  • 気分安定薬

身体的な症状に対して用いられる薬

精神疾患であっても、体にも影響を及ぼすことも珍しくはありません。症状ごとにターゲットを絞った薬を選択します。

  • 頭痛薬
  • 胃腸薬
  • めまい止め

適応障害の症状の緩和には薬は非常に有効です。しかし、薬の服用に際しては注意しなければいけないことがあります。

薬物療法の注意点!薬は症状緩和が目的!

薬は苦痛な症状を和らげてくれる高い効果を持っています。しかし、薬物療法を行っているときに絶対に忘れてはいけないことがあります。

薬だけでは完治しない

薬は症状に対して使用されます。つまり、適応障害そのものを治療してくれるのではないのです。適応障害を引き起こしている根本的な原因にアプローチしない限り、適応障害を治すことはできません。

薬に頼りすぎない

薬の持つ効果の高さから、ついつい安易に頼りがちになってしまいます。しかし、そのような選択は実はとても危険な事でもあるのです。薬はあくまでも治療のサポート役に過ぎません。

適応障害の治療法2!認知行動療法とは?

認知行動療法とは、薬物療法とは違って適応障害を根本から治療する方法です。手間と時間と根気を必要とするため即効性は期待できませんが、再発予防の観点から見ると非常に有効な治療法なのです。

認知行動療法とは?

認知行動療法は適応障害だけでなく、パニック障害や人格障害の治療にも高い効果を発揮しています。

様々な要因によって歪められてしまった特定の物事に対する捉え方(=認知)を、行動を重ねることで正しく上書きしていくのが認知行動療法の原理です。

適応障害に認知行動療法が有効な理由とは?

適応障害は、特定のストレス環境に適応することが出来なくなることで起こります。いわばストレスに対する恐怖症なのです。ですが、ストレスは無くすことはできません。

ストレスをストレスだと感じにくくさせ、ストレスに対するマネジメントの方法を身に付けるのが、認知行動療法です。認知行動療法を行うと、適応障害であるストレスに対して根本からアプローチして解決策を見つけられるようになります。

認知行動療法が、適応障害の完治や再発予防に効果的な理由はここにあります。

完治を目指せる!ストレスのコントロール法を身に着けよう!

適応障害には、薬を補助的に使用しながら認知行動療法を行うのがベストな治療法となります。薬のみに頼ることや、安易にストレス環境を避けることは一時しのぎにしかなりません。むしろかえって適応障害の根を深くする確率の方がずっと高いのです。

認知行動療法は、本人が主体的に治療に向き合うことで初めて効果を発揮します。適応障害は「誰かが治してくれる」疾患ではありません。治すことが出来るのは患者であるあなた自身なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ