あなたは社会不安障害の疑いあり?セルフチェック!

あなたや周りの人が「社会不安障害」かもしれない。そう思ったことはありますか?

社会不安障害」とは、人前での言動や、社交的な場での対人関係に、強い緊張と苦痛を感じ、そうした機会を回避し続けた結果、社会的に孤立してしまう…大変つらい病気です。

その判断に迷っているでしょうか。専門家に助けを求めるレベルでしょうか。それとも、いまのところは軽度で心配はいらないレベルでしょうか。そこで、その見極めについて説明します。

「社会不安障害」の疑いあり?なし?

社会不安障害と関連する状況は数々あります。大まかにチェックしてみましょう。

    <治療の必要がある状態なのか?セルフチェック!>

  • 他人の視線に恐怖を感じる。「見られている」感じがたまらなく嫌
  • 怒っている人を目の前にすると、激しく動揺してしまう
  • ブルブルと手がふるえて恥ずかしから、人前で字を書きたくない
  • 緊張すると汗がダラダラ、止まらない
  • 何を話せばよいのか分からず、いつも浮いてしまうから大人数の集まりが苦手
  • すぐに顔が真っ赤になってしまう。止めようがなくて悩んでいる
  • レストランなどでの会食が苦手。ひどく緊張して、食事がのどを通らなくなってしまう
  • 自分の失態を忘れたり、不安感をなくしたりするために、アルコールに頼りがち

いくつか自分に当てはまる状況があったでしょうか。当てはまると思ったものがあればあるほど、「社会不安障害」である可能性が高いと言えます。

「社会不安障害」とは?主な症状

苦手とする種類はひとそれぞれ違う

人前で何かをする、初対面の人に会うといった状況では、だれしも多かれ少なかれ緊張するものです。しかし、その緊張が度を越しているために、極度の苦悩をかかえていたり、生活に支障が出ていたりするようなら、「社会不安障害」として、治療の対象になります。

人と一緒だと食事がのどを通らない

自分の食べ方が相手に不快感を与えるのではないかと思うと、人と一緒に食事ができない、レストランなどに行けない。人に見られていると緊張してのどが詰まる、そんな悩みをかかえている人もいます。これは「会食恐怖」とよばれるタイプです。

人前で字を書こうとすると手が震えてしまう

受付の人の前で記帳したり、窓口のスタッフの前で申込書を書いたりするときなどに、手が震え、字がうまくかけない状態です。いったん意識しだすと、人前で字を書くことに恐怖感を覚え、ますます震えがつよくなりがちです。これは「書痙」とよばれます。

人前でおなかが鳴るのではないかと心配でたまらない

人前でおなかが鳴ったり、おならが出たらしたらどうしよう、などと自分の生理現象に強く悩む人もいます。静まり返った席上や、会議中、静かな職場などでは、さらに悩みは深くなりがちです。満腹の状態でなければ人が集まる場所に行けなくなるなど、行動範囲が狭くなりがちです。

こんな状況が苦手という人も

客人にお茶を出す、名刺交換をする、酒の席でお酌をする、などが大の苦手という人もいます。

ごく親しい相手なら大丈夫?症状の表れかたの違い

社会不安障害は、「社会的な場面」において強い緊張や恐怖を感じることが、その特徴として挙げられます。そのため、家族やごく親しい友人などと過ごす、そのようなごくプライベートな場面では、とくに問題が生じない場合が少なくありません。

悩みの種とは?緊張すると表れる身体症状

特定の状況に直面すると、単に「嫌な気持ちになる」「苦手だな」というだけでなく、震えや発汗などの様々な身体症状が表れてしまいがちです。その身体症状が「苦手意識」をさらに強めていく傾向があります。

よく起こる身体症状

不安や恐怖といった感情が引き起こす身体症状のうちの一つはは「赤面」というものです。緊張したり、恥ずかしい思いをしたりするときに顔が赤くなるのは自然な現象です。しかし、自然なこととは思えず、赤面する自分を強く恥じる人もいます。人前に立つ、目上の人や異性などと話すなど、赤面しそうな状況を避けるようになるタイプは「赤面恐怖」と呼ばれます。

他には、動悸、吐き気、口の渇き、ふるえ、息苦しさ、顔のこわばり、発汗、めまい、などが挙げられます。

苦手な状況を避ける?典型的な行動パターン!

特定の場面や、人との接触によって表れる不快な症状や恐怖感は、やがて「回避」という行動につながります。そのような人は、他人は自分に対してマイナスの評価を下しているに違いない、と思い込みがちです。

他人の目を非常に気にする

社会不安障害をかかえる人は、緊張のあまり様々な症状を表わす自分が、他人の目にどう映っているかを非常に気にします。症状よりも、他人に自分の不安が見透かされているのではないか、ということに強い恐れをいだきます。

孤立してしまう

強い苦手意識がある人は、自分の苦手な状況に陥らないように過剰な用心をして、内にこもりがちです。そうした行動が積み重なることで、孤立してしまうことがあります。

まとめ

過度の不安や恐怖におびえる状態は、放置しておいてよくなるものではありません。治療の必要がある状態なのかどうか、少しでもこの記事が役に立ったでしょうか。明らかに社会不安障害と診断されるような状態の人でも、「こんなくらいで病院に行ってもいいのだろうか」などと考えがちです。「過度の不安や恐怖」なのか、それとも「だれにでもある不安の悩み」なのか、自分では判断がつきにくいものです。

この中で少しでも自分に強く当てはまるものがあったのであれば、専門家に助けを求めるようおすすめします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ