侮る事なかれ!命を奪うこともある本当に怖いうつ病!

ストレスにあふれる現代社会、うつ病という言葉を誰しもが一度は聞いたことがあるでしょう。

しかし、非常に残念なことにうつ病という病気がどういう病気なのかを正しく理解している人は決して多くはありません。

単純に”自殺”と結び付けられて考えられている場合さえあります。今や誰がいつうつ病を患ってもおかしくない時代です。うつ病に対する正しい理解を深めましょう。

うつ病とは?ストレスが引き金となる心の病!

うつ病とは?

何に対してもやる気がおきない、誰とも会いたくないなどの沈んだ気分が長期間にわたって続き、それが仕事や日常生活に影響を及ぼすようになるとうつ病と呼ばれます。

嫌なことや悲しいことがあると一時的に気分が落ち込んだり塞ぎこんだりすることは誰にでもあることですし、自然なことです。うつ病の特徴は、沈んだ気分がほぼ一日中、毎日、長期間にわたって起こることです。

うつ病の症状

上にあげた気分の落ち込みも立派なうつ病の症状の一つですが、病気が進行してくると頭痛やめまいなどの身体的な症状も現れ始めます。次にうつ病の代表的な身体症状をご紹介します。

  • 睡眠障害(眠れない、眠りが浅い、朝早く目が覚めるなど)
  • 急な体重の減少
  • ひどい疲労感
  • 月経不順、勃起障害など生殖器の異常
  • 頭痛
  • 関節痛
  • (運動をしていなくても起こる)動悸
  • 胃痛
  • 発汗
  • 息苦しさ、窒息感

これらの症状は他の病気のシグナルである場合もありますが、うつ病の場合はこれに気分の落ち込みや興味の喪失などの精神的な症状も伴っています。

どうしてなってしまうの?うつ病になる原因!

きっかけはストレスであることが多い!

うつ病の引き金がストレスであるということは多くの方がご存知でしょう。過剰なストレスを長期間にわたって受け続けると、気分をコントロールする神経伝達物質というものの分泌に狂いが生じ始め、これがきっかけとなってうつ病を発症してしまいます。

しかし、同じ職場で同じような環境で働いていてもうつ病になる人とそうでない人がいるように、ストレスの感じやすさも貯めこみやすさも人それぞれです。うつ病も他の病気と同様になりやすい人となりにくい人の個人差があります。

遺伝的な要因の可能性も!

うつ病の病理的な原因は、上に述べたように神経伝達物質の減少です。遺伝的に神経伝達物質の分泌が盛んでない人がいます。ストレスがきっかけとなることが多いですが、このように遺伝的な要因も近年では無視できないものとされています。

侮っていはいけない…うつ病による自殺!

最悪の結果”自殺”

うつ病というと、単に気分が落ち込んで、やる気を出せず、たまに体の調子が悪くなる…。それだけの病気だと思っていませんか?実はうつ病は、最悪の結果自殺という形で死に繋がる恐ろしい病気なのです。

多くの方々にこの認識がないことが、うつ病患者さんたちを更に追い込む原因となっていることも事実です。うつ病は命に関わる重大な病気。皆さんが正しい認識を持ってくださることを祈ります。

自殺の前触れ!

うつ病が重くなり、死に近づいてくると彼らは様々なサインを発します。ポイントはいつもと様子が違うことです。自殺の兆候としてよく挙げられるものには次のようなものがあります。

  • 友人や知人との付き合いが減り、1人でいることが多くなる
  • 急にパチンコやギャンブルにのめり込む
  • 真面目な人が無断欠勤する
  • 部屋に引きこもり、口数が極端に減る
  • 他人に興味を示さなくなる
  • 急に明るくなる

急な様子の変化が見られたら、声掛けをするなど配慮してあげることが必要です。

うつ病にならないために…うつ病予防の注意点!

ストレス発散が重要!

うつ病の最も大きな原因となるのはやはりストレスです。真面目でストレスを感じやすく溜め込みやすい人ほど、ストレスを積極的に発散する必要があります。

ストレス解消法は人それぞれで、様々なものがあります。基本的には自分の趣味がストレス解消法となることが多いので、これと言って趣味を持っていない人は、積極的に新しいことに挑戦してみましょう。今まで知らなかった楽しさが見つかるかもしれませんよ!

おすすめストレス発散法!

ストレス解消法として多くの人が行っていることをご紹介します。

  • 音楽を楽しむ(聴く、演奏する、歌うなど)
  • 静かに読書をする
  • 軽い運動をする
  • ドライブをする

もちろんこれらの他にもストレス解消法は山ほどあります。自分が少しでも「楽しいな」と感じることがあれば、できるだけ日常生活に取り入れていきましょう。

うつ病になってしまったら?その治療とは?

どれだけ気をつけていてもうつ病になっていしまうことはあります。ですが絶望する必要はありません。うつ病の治療方法は近年とても研究が進み、良い薬も開発されています。

最近ずっと元気が出ない、気分が落ち込むと感じたら、早めに病院を受診することをおすすめします。他の病気と同様に、うつ病も早期発見が大切なのです。

うつ病かなと思ったら最初にかかるのは心療内科がおすすめです。最近では心療内科は全国各地に増えてきており、患者さんもたくさんいます。周りの目など気にせずに、気軽に受診してみましょう。

まとめ

うつ病は、気分の落ち込みや様々な身体症状が長期にわたって引き起こされる病気です。うつ病の最悪の結果は自殺であり、命に関わる重大な病気です。

自殺をする直前には、周囲の人間に対して様々なサインを送ることがあります。急な性格や習慣の変化が見られたら注意をして見守りましょう。

うつ病の最大の原因はストレスですので、自分の好きなことを見つけて日頃からストレス発散に取り組むことが、うつ病を防ぐ最大のポイントです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ