うつ病になったらどんな病院に行けばいいのか?病院の選び方は?

●質問
うつ病で病院に行くと改善するのか、どのような病院がよいのか?

カウンセラーがいる病院のほうがいいのか?

●回答

多くの場合は、病院に行き薬物療法により、数週間から数カ月の間で回復すると言われています。ただ、最終的にどの程度で回復するかは、その人の置かれている環境にもよるので、一概には言えません。

いきなり大学病院に行くのは、お勧めできません。近くにある精神科や心療内科に行くのをお勧めします。大学病院ですと患者さんも多く、先生も曜日により固定されているので同じ先生にかかるとすると特定の曜日にしか行けないということもあります。

また、大学病院特有のことですが、とにかく診察まで待たされます。しかも、診察時間は5分程度と待たされ損な気もします。

カウンセリングは?

カウンセリングについてですが、必ずしも病院にあるものではなくてもいいと思います。ただし、主治医がカウンセラーをやっている場合もあるので、ゆっくりと治療計画を立てるのには有効かもしれません。

また、カウンセラーとの相性もあるので、何名か試すこともお勧めします。

カウンセリングによって、自分の心の中に眠っていた色々なストレスになっていることを、吐き出すことができるので効果はあると思います。

うつ状態かもと思ったら早めに精神科や心療内科を受診して、投薬治療をするのが回復までの時間も早いと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ