うつ病と合併症!併発する病に対する5つのキーワードとは?

うつ病と合併する病は沢山あります。身近に知られている病名から、あまり知られていない病名まで、その数は20を超える数に及びます。そういう意味では、うつ病とは、私たちの心の中に潜んでいる潜在的な疾患と言えます。

この合併症は、ある病気を患った患者さんが、その病気に対しての不安や気分の落ち込みによって、うつ病を併発してしまうケースが多く見られます。

ここでは、うつ病との合併症について紹介していきます。

うつ病の種類とは?症状による違いを探る!

まず最初に、うつ病には、どのような種類があるのでしょうか。「十人十色」の如く、おなじ疾患でも人それぞれ症状や発症原因に違いがあります。特に心的疾患の場合、その違いは複雑なものになるのです。

うつ病の種類はこんなにある

うつ病には、幾つかの種類があります。これは、症状によって分類され、それぞれ治療方針も変わってきます。うつ病の種類としては、大きく分けて「メランコリー(親和)型うつ病」と「非定型うつ病」との分けられます。また、非定型うつ病は、「新型うつ病」、「逃避型うつ病」、「ディスチミア型うつ病」とに分けられます。

それぞれの特徴として、メランコリー型うつ病の場合、真面目で頑固な方、独りで抱え込んで頑張りすぎる方、リラックスが苦手な方に多く見られます。一方、非定型うつ病の場合、責任感のある仕事に付きたがらない、問題があると他人のせいにする、気分が良かったり悪かったりした時の波が大きい、うつ病になった原因を他人のせいにする。この様なケースが多く見られます。

うつ病を併発する病とは?身体疾患の種類!

うつ病を併発する病とは、いったいどんな病なのでしょうか。これには、一般的に知られている病名もあります。では、代表的な合併症について紹介していきます。

うつ病から移行する合併症

実は、うつ病から移行する身体疾患は、特にありません。ただ、更年期障害など、加齢による身体的な衰えが顕著に目立ち始め、それが起因となって、うつ病を発症するケースがあります。

うつ病へ移行する合併症

それとは逆に、身体疾患を患って、それが起因となりうつ病を発症するケースが多く見られます。代表的な疾患として、癌、糖尿病、脳卒中、パーキンソン病、痴呆症などがこれにあたります。

この他にも、心筋梗塞などの心臓病や、内分泌疾患、冠動脈疾患、消化性潰瘍、慢性関節リウマチ、脳血管障害なども、うつ病を併発する合併症です。

関連する心的疾患は?その種類と症状!

関連する心的疾患には、いくつかの種類があります。私たちには、たくさんの感情があります。その感情をコントロールしている脳は、とても脆弱なものなのです。そのため、発症する疾患の種類も多いのです。

間違われやすい疾患

うつ病に間違われやすい疾患として、「双極性障害」、「統合失調症」、「若年性アルツハイマー病」などがあります。双極性障害とは、うつ状態と躁状態が交互に現れる心的疾患です。うつ状態の時に、診察を受けた場合、躁状態が表面に現れていないため、「うつ病」と診断されるケースがあります。

統合失調症や若年性アルツハイマーの場合、うつ病と初期症状が似ていることから、間違われやすいことがあります。

専門家でも判断が難しい

このように、初期症状が似ている疾患の場合、当然のことながら抗うつ剤を服用しても、その効果は得られません。心的疾患の症状は複雑で、また人によっても症状の出方が様々であることから、専門家である医師でも、正確に判断することが難しい場合もあります。

この様な場合、ひとつの選択肢として、他の病院を受診してみる方法もあります。多少費用がかかってしまいますが、セカンドオピニオン的な発想として、この選択肢も妥当と言えます。

肝心なのは、その都度、きちんと自分の状態を医師に伝えるということです。きちんと正直にありのままの気持ちを伝える。そうすれば、きっと医師もあなたときちんと向き合って対応策を考えてくれるはずです。

うつ病の合併症?その原因と対処法に迫る!

主な合併症の原因としては、発症したショックや、長い間の治療に対する疲労感や虚脱感、先のことを考えて不安に陥る、などの心理的影響が考えられます。

対処法は薬物治療がメイン

これらの合併症に対する対処法(治療)としては、薬物治療がメインになります。抗うつ剤、抗不安剤等の薬剤の他、加味帰脾湯(かみきひとう)や抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)などの漢方薬もあります。

この薬物療法と並行して、休養や環境改善、精神療法などを取り入れて治療を行うケースもあります。

いずれにしても、きちんと医師と相談のうえ、治療に臨むことが大切です。

自分一人で悩まないで!心を強くする秘訣は?

病を発症すると、人はそれだけでも気分が滅入るものです。ましてや合併症ともなれば、さらに心を塞いでしまいます。いきなり「心を強く持て」と言われても、「はい、そうですね」とは簡単に言えません。

それでも、心を強く持たなければ、病と向き合うことすら出来ません。ここでは、病と向き合うためにも、心を強く持つ秘訣を紹介していきます。

自分一人では解決できない

心的疾患。特に、身体疾患により併発した心的疾患は、決して一人で解決出来る問題ではありません。我慢することはありません。独りで抱え込む必要もありません。辛い時は「辛い」と伝える。治すために、医師だけではなく、患者自身も一緒に前を向いて歩くことが重要です。

そのためには、気持ちを強く持つこと、決して逃げないことです。闘っているのは、あなただけではないのです。そのことを、頭の片隅に置いておいてください。

周りの協力が不可欠

治療には、本人の努力だけではなく、周りの協力が不可欠です。特に、心的疾患の場合、怪我のように外から病状や過程を確認することが出来ません。本人とのコミュニケーションはもちろん、担当の医師や周囲ともコミュニケーションを図り、少しでも本人の傍に居られるよう、そして、少しでも本人の力になれるよう、一緒に歩いていけるように心がけましょう。

まとめ

ここで、うつ病と合併症についてまとめます。

    <併発する病に対する5つのキーワード>

  • うつ病には大きく2種類のタイプがある
  • うつ病を併発する疾患はたくさんある
  • 関連する心的疾患には判断が難しいものがある
  • メインとなる治療法は薬物療法である
  • 自分一人で悩まないこと

うつ病とは、色んな疾患に付随して併発する病です。ただ、決して治らない病ではありません。もし、かかってしまったら、独りで悩まないこと。独りで抱え込まないこと。独りで頑張らないこと。これが大切です。

最も重要なのは、周りの人の協力です。みんなを巻き込んで良いんです。下を向いていても始まりません。担当の医師や看護師も含め、みんなで一緒に歩いて行きましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ