不安障害での病院の選び方とは?信頼感を見極める4ポイント!

不安障害の方は、「不安」というごく自然な感情自体が症状となるため、病院に行くこと自体に抵抗感を持ちやすく、なかなか病院を受診しない傾向があります。また、受診しても医師の目を気にするあまり、症状をしっかりと伝えられない傾向があり、それが病気の治りを遅くさせてしまう原因となっています。

不安障害は、性格や感情の問題だけではなく「治療」を必要とする疾患ですので、適切な治療を受けられる病院とはどのようなものかについて説明します。

不安障害の診察科目とは?事前の確認が必要!

不安障害の診察科目とは?

どのような疾患であれ、診察に適した診療科目を受診する必要があります。

    <不安障害の診療科目>

  • 精神科、精神神経科:「うつ病」「統合失調症」「不安障害」などの心の病気を診ている、精神疾患の専門医療機関。
  • 心療内科:心理的な要因で内科的疾患があらわれた場合の治療を行い、主に「心身症(胃潰瘍、気管支ぜんそくなど)」を対象。
  • 神経内科:パーキンソン病や脳梗塞、手足の麻痺や震えなど、脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科で、精神疾患を主とはしていない。

事前の確認が必要!

「精神科」の受診に対する抵抗感が存在するため、「心療内科」、「神経内科」、「メンタルヘルス科」と看板に掲げ、実際には精神疾患を含めて診察している医療機関が多くあり、看板だけでは判断しにくい現状があります。

そのため、電話やインターネット等で、「予めどんな病気を診ているのか」、「誰がどのような症状でかかりたいのか」、「受診が可能か」を確認しておくことが大切です。

診療所と病院の違いとは?総合病院の特徴とは?

診療所と病院の違いとは?

クリニック(診療所)と精神科病院の違いは、クリニックは入院用のベッドを持っていない(持っていいても19床以下)医療機関で、精神科病院は20床以上のベッドを持っており、必要な場合には入院可能な医療機関であるところが異なっています。双方ともにうつ病、不安障害、認知症、統合失調症をはじめ、様々な精神疾患に対応しています。

総合病院の特徴とは?

内科や外科など多数の診療科目を持つ総合病院での、精神科を持ち精神疾患の治療を行っているところもあり、身体と精神の病気を一緒に診てもらえるメリットがあります。但し、1度の受診で半日かかる事も珍しくなく、不安障害の方は人の多い大きな病院で長時間を過ごすことは非常に負担となるデメリットがある事を理解しておく必要があります。

病院探しの前に相談を!通いやすさが重要!

病院探しの前に相談を!

精神疾患の相談窓口として「保健所(保健センター)」、「精神保健福祉センター(こころの健康センター)」があります。精神科の受診が必要かどうか分からない時や、心の問題に関わる専門的な相談などに気軽に相談することができます。

また、精神保健福祉センターでは、「アルコールや薬物依存」「ひきこもり」「発達障害」「認知症」など、専門的な相談にも対応しています。

    <精神疾患の相談窓口>

  • 保健所(保健センター):各市町村に設置
  • 精神保健福祉センター:各都道府県と政令指定都市に1か所以上設置

通いやすさが重要!

精神疾患は、通院期間が長くなることが多いため、場所や診療日、時間帯が重要です。仕事や家庭の事で土日または日中しか行けない、休みの日が不規則だったりするなら、診療日や時間など自分の生活に合わせて探す必要があります。

また、精神疾患の専門スタッフ「ソーシャルワーカー」、「カウンセラー(臨床心理士など)」などを配置しているところもあり、このような医療サービスの情報も医療機関を探すときの参考となります。

信頼できる医師を探そう!信頼を生むポイントとは?

病院を選択する上で医師やスタッフとの相性も重要です。自分の不安や恐怖など心の状態を理解してもらえないと、充分な治療効果が出ないことがあり、この点が他の診療科にはない特徴となっています。

信頼できる医師を探そう!

病院の選び方でもっとも大切なことは、不安障害をはっきり診断できるよく勉強していて詳しい先生がいる病院を選ぶことです。不安障害は、症状が似ている他の病気がある上に、診断自体が難しい疾患です。

診断の根拠を分かり易く納得いく充分な説明をしてくれる医師のいる病院を選ぶことが重要です。納得いく充分な説明は、信頼感を生み、治療効果を高める期待ができます。

信頼を生むポイントとは?

ほとんどの医師は、病気の治療に真剣に取り組んでいます。しかし、人と人ですから相性は存在してしまいます。信頼できる医師を探すには、次のポイントに注目してみましょう。

    <信頼のポイント>

  • 説明:なぜ、なんのための治療や薬なのか、どのように治療を進めるかを分かり易く説明してくれるか
  • 対応:ささいなことでも気軽に質問しやすいか、適切なアドバイスをしてくれるか
  • 診察:症状の変化をこまめに確認して、治療法に反映してくれるか
  • 処方:不必要に薬を処方しないか

信頼関係を築くには?何でも正直に伝えよう!

人間である以上、誰とでも相性というものがあり、相性が合わない先生との診療では自分の言いたいことも言えず、その診察自体がストレスとなってしまいます。

信頼関係が築けない理由は、医師の治療への不満ではなく、「話や気持ちを聞いてくれていない」といった意思疎通への不満であることがほとんどです。どのようなことに不満を感じているか、セカンドオピニオンを考えているなど、正直に医師に伝えることが信頼関係構築にはとても大切なことです。

まとめ

不安障害は、外傷と違い見て目では分からず、身体疾患とも違い検査でも異常がみつかりにくい疾患です。そのため、症状だけでなく、心も体もトータルでみてくれる医師のいる病院を選ぶことが大切です。不安な気持ちをきちんと聴いてくれて、悩みや疑問についてしっかり答えてくれ、現状の辛さを理解した治療をしくれるならば、信頼感が生まれ治療効果を高めてくれます。

不安障害は適切な治療によって克服可能な疾患です。このことを充分に理解して、「治りますか?」と聞いて「治ります」と答えてくれる医師の治療を受けましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ