友人がプチ認知療法でうつから回復

「何で助けてくれないの?」この言葉がきっかけでした。

私の友人がことある毎にネガティブである事、いきなり怒りだしたりする事もあり様子がおかしいとは思っていました。冒頭の言葉があり知人と病院に行く事を決心しました。

友人のうつ回復のために

私の大事な友人でしたので、治療と共に何か私にも出来ることがないかと思い有効なものを探していました。

評論家が上辺で語るだけのようなものではなく、本当に「うつ」の事が分かっているようなものを探していた時にプチ認知療法と出会いました。

プチ認知療法を作った下園先生は本当に「うつ」への理解が深く、友人と共にプチ認知治療のDVDを何度も見返しました。

うつにどう向き合っていけば良いのかといった事から、どう回復していくのかがプチ認知治療は多くの情報がつまっています。

うつについてよく理解できて

一時期はこの友人をうとましく思ってしまう事も、正直ありました。しかし、「うつ」であるとわかって、そしてうつの特徴を把握するにつれて友人に対し申し訳ない気持ちになりました。

プチ認知療法によって、友人だけだなく私も「うつ」の事が分かりました。プチ認知療法は多くのスペシャル特典もついています。そのすべてがプチ認知療法の内容を更に深めるものになっています。

「うつ」で悩んでいる方、あるいは病院にかかるお金がない方にはプチ認知治療法が役立つかもしれません。少なくとも私の友人はプチ認知療法によって回復に向かっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ