プロテイン飲んでうつ病を殲滅

プロテインうつ病はストレスが引き起こす病気だから、食事療法など関係ないと思っている人はたくさんいますね。

実はそのようなことはないのです。

たんぱく質の一種であるアミノ酸は、うつ状態になると足りなくなると言われているホルモン、「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の材料です。

うつ状態になると不足するのは?

したがって、うつ病にかかった時には、積極的にアミノ酸を摂ることで「セロトニン」と「ノルアドレナリン」などを十分に増やすことが有効だとされています。セロトニンはアミノ酸からできているからです。

しかし、「セロトニン」の材料となるアミノ酸の「トリプトファン」や「ノルアドレナリン」の材料となるフェニルアラニンといったアミノ酸は、健康的な日常生活を送っている人でも、十分に摂取することは難しいのです。

「セロトニン」なんてどうやって摂取するの?

そこで活躍するのが、プロテインです。

プロテインは、粉末なので最もアミノ酸を効率的に摂取できるものとして知られています。
食事や飲み物の中に入れて、一緒に飲めるのがいいですね。

プロテインを飲むのは、ボディビルダーのような体を目指している人だけだと思っていると大きな間違いで、現在はうつ病の治療に使われているのです。

プロテインって何でできてるの?

一言でプロテインと言ってもその原料によって「大豆」「カゼイン」「ホエイ」ながありますが、一番のオススメは「大豆」。

大豆はゆっくりと吸収されて、ホルモンの材料となるアミノ酸を連続して届けることができます。

一方、ホエイは一気に体内に吸収されて後が続きません。また、一気に吸収されるということは、肝臓の負担も大きくなりますし、余った栄養分は脂肪になりやすくなっています。

プロテインを選ぶ時は、ゼリーやドリンクはオススメできません。うつ状態から戻るために必要な「セロトニン」や「ノルアドレナリン」などのホルモンを作るアミノ酸を含む商品が少ないからです。

プロテインって体に負担はないの?

プロテインは肝臓に負担をかけると言われていますが、実際に痛めた人はほとんどいませんので安心して飲めます。1日3食プロテイン!なんてことしなければ肝臓を傷めることはありません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ