パートから転職をして正社員を目指しうつに・・・ 女性 25歳 T.K.さん

転職を根拠のない自信と準備不足で失敗し、もともとうつ傾向の私は転職先でも自分で何でも一人で解決しようと必死で孤立してしまいます。

学生時代にうつ気味で大学を休学したのちに大学を退学した経験があります。その事を自分の人生でマイナスだと考え、なにか一人でからまわりしている日々でした。

二年ほどして専門学校に入学します。ある専門の資格を取得しましたが、その専門職が自分の性にはがあっていないことは、実習の時から気が付いており、更に同級生のモチベーションと自分を比較するとよわかりました。

パートとして働くうちに転職を考える。

専門職を諦め、事務のパートをしているうちに専門職よりはるかに会社の事務のほうが向いていることに気が付きました。でもなかなか自分にあった仕事に出会えず一年か早い時では半年で辞めていました。

「これではいけないな」と考えていた時期に自宅からほんの30分でいけるビジネス街で大手保険会社がパートを募集しており、そこで働けるようになりました。勤務地の場所も仕事環境もマイペースな私にとても居心地よく、仕事の中身をもっとしりたいと思うようにさえなりました。

契約社員になれるよう頑張りたいからとにかく他の人が嫌がる仕事も率先してやっていき、上司に自分をアピールしました。ですが、所詮最初からパート枠で入っている私には契約者員など無理な話でした。自信をもつようになった私は、他の保険会社を探し面談を受け、契約社員から正社員になれることを知り、ぜひ自分にと一生懸命アピールしました。

パートから契約社員へ

二年間パートとして務めた仕事をやめ、新しい大手の保険会社で契約社員として働くことになりました。同時に一人暮らしを始めました。

転職したてはお金もなく、毎日おなかがすき節約のことしか頭にありませんでしたが、二年間真面目に働くと正社員の道ができるとの話でした。私は前向きな希望をもち新天地で働くことになりました。

しかし配置された場所は以前とは仕事内容もスピードも全く違いました。今考えると当たり前なのですが、社員さんと同等に机を並べ、サポートしながら仕事を覚えていきました。

大変なときは同じ契約社員の頼れる先輩に質問していたのですが、その先輩がご主人の転勤のため遠方にいかれることになったのです。もともと人とうまくコミュニケーションがとれない私は、一人で問題を抱えるようになり「できません」や「助けていただけませんか?」という言葉をいえなかったのです。

正社員への遠い道

仕事は班ごとに分けられた中でこなしていたので、先輩がいなくなると重圧を勝手に感じていました。あとから同期で入った人に聞いたのですが、社員も契約社員に最初から期待していないから気楽に仕事の流れを掴むぐらいでよかったそうです。

とにかく完璧にしなければと思ううち、動機とも話したくなくなりました。保険の仕事がどんなものかゆっくりとしっかり勉強もせず、とにかく与えられた仕事をこなしていくのに精一杯でした。

私を採用した担当の方に相談することもできず、毎日おなかは痛くなり、仕事内容を社員さんにいわれても飛んでしまったり、自分の分担の簡単なミスもするようになりました。プライベートでも強迫的に節約しオンとオフが生活リズムの中で壊れていきます。

自分の価値はなんだろうと思うことすらできない状態でそのまま会社からフェードアウトしてしまう最悪な消え方をしました。クリニックへいったときは「うつ」のひどい状態でした。そして働いたのはたった一か月でした。

転職するまえに考えること

仕事に自信をもてたらそこでまた一年頑張った方がよいと経験から思います。転職先が本当に自分にあっているのかを面談のときにじっくり考えるべきです。

自分は今の職場でうまくやっていても次の職場で必ずそうではないことにも気が付くべきでした。そして転職と同時に一人暮らしをすることはおすすめできません

一人暮らしにはお金がかかるという現実的な計算をしていたらなと思います。何より転職するにはエネルギーが必要です。そんなときは独断的になってしまいますが、色々な方に相談して、準備をするべきだと痛感しています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ