不安障害にカフェインはNG?カフェインのメリットやデメリット!

精神障害は、年々増加する一方です。平成23年度の調査では、320.1人の人が精神疾患を抱えていることもわかりました。

その中でも近年増加傾向にあるのが「不安障害」です。不安障害には様々な注意点があり、カフェイン成分の摂取もその注意点の1つとしてあげられています。

カフェインは有効に使えば仕事の能率をあげたり集中力をあげたりと様々な効果を発揮しますが、不安障害の患者が摂取することで、良くない症状を引き起こす可能性があるからです。

そこで、カフェインはどういった作用があるのかということから、不安障害とカフェインの関係性についてまで細かく解説します。

不安障害とは?「過剰な心配や恐怖」が出たら注意!

不安障害は、ある出来事を過剰なまでに繰り返し考えてしまう、心配する、恐怖を覚えるということを大きな特徴とした精神障害の1つです。この不安障害の「不安」とは、確実性のないものであり、あくまで想像上に過ぎないものと定義されています。

カフェインはどういうもの?意外に身近に潜んでいる!

カフェインとは?

カフェインとは、塩基性を示す天然由来の有機化合物であるアルカロイドの1種です。興奮作用や精神刺激効果があることがよく知られています。

カフェインを摂取するとどうなるの?

カフェインを摂取することにより、興奮作用や覚醒作用といった効果が期待されます。それにより、やる気がみなぎってきたり、集中力が増したりすることがあります。また、脂肪燃焼効果や鎮痛作用にも優れているため、サプリメントや鎮痛剤に配合されるケースもあります。

カフェインの副作用は?

カフェインの副作用として特に多くあげられるのが、不眠やめまい、胃痛です。興奮作用があるため、効きすぎてしまうとなかなか寝付けないということが発生してしまいます。また、カフェインには依存性があり、減量あるいは中止による離脱症状として、頭痛や吐き気、集中力の欠如、疲労感や気分の落ち込み、イラつきが起こる場合があります。

カフェインの問題点は?

カフェインは過剰摂取も問題視されており、摂りすぎることによって骨を弱くしたり、稀ではあるものの、死亡したりするケースも確認されています。よって、カフェインの取り扱いには注意が必要です。

カフェインはどんなものに含まれているの?

カフェインが含まれているものとしては、次のようなものがあげられます。

    <カフェインが含まれているもの>

  • 総合感冒薬
  • 鎮痛剤(頭痛薬など)
  • コーヒー飲料
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • 紅茶
  • ココア
  • コーラ
  • 栄養ドリンク
  • チョコレート

茶に含まれているカフェインはタンニンと結びついて効果が抑制されるため、紅茶や緑茶、ウーロン茶に含まれるカフェインは比較的穏やかに作用する傾向が見られます。

カフェインと不安障害の関係は?パニック発作を引き起こすことも!

カフェインを摂取すると、不安障害の一種である「パニック障害」の「パニック発作」を引き起こしやすくなります

パニック障害とは?

パニック障害は、突然の激しい動悸や脈拍の増加に加え、胸の詰まり感や吐き気など胸部の不快感に襲われる病気です。あまりの苦しさに、パニック障害の患者は「このまま死んでしまうかもしれない」という強い不安感に襲われることも少なくありません。

パニック発作とは?

激しい動悸や脈拍、胸部不快感、死への過剰な恐怖を「パニック発作」と言い、パニック発作を頻繁に引き起こすことにより、「また発作が出てしまったらどうしよう」とさらに不安感を募らせる患者も多く、それが悪化すると外出が困難になるなど、日常生活に影響が出るケースもあります。

なぜカフェインはパニック発作を引き起こしやすいのか?

カフェインの主な作用は、精神の刺激と興奮作用です。カフェインが脳の中枢神経に働きかけることにより、交感神経が大きく活性化します。そのため、めまいや動悸、吐き気、のぼせなどパニック発作の症状があらわになりやすくなります。

パニック障害を患っている場合の飲み物は?「カフェインレス」を意識!

パニック障害を持っている場合、わざわざパニック発作を引き起こしやすいカフェインを摂取する必要はありません。よって、カフェインが含まれていない飲み物、すなわち「カフェインレス」の飲み物を選択するのが最も良い方法と言えます。

カフェインレスの飲み物には、次のようなものがあります。

    <カフェインレスの飲み物>

  • 白湯
  • 100%ジュース
  • ハーブティー

近年ではカフェインの少ない「デカフェ」というコーヒーや、カフェインレスのコーヒーなども販売されています。コーヒーを飲みなれていて、コーヒーがないと物足りないという人は、デカフェやカフェインレスのコーヒーを選択するのも1つの手段です。

カフェインレスの飲み物を飲むメリットは?鎮静作用があるものも!

カフェインレスの飲み物を飲むことにより、興奮を引き起こすことがなくなるため、パニック発作の頻度が減るということが、不安障害の患者にとっては最大のメリットであると言えます。他にも、不眠症状の改善などが期待されます。

また、ハーブティーにはリラックス効果や鎮静作用があるものもあり、温かいハーブティーを飲むことで血行が促され、気分が落ち着くというメリットもあります。

カフェインの摂取を減らして、不安障害の克服に一歩近づきましょう!

カフェインの効果や副作用、不安障害とカフェインの関係について解説しました。カフェインは集中力ややる気の増加に貢献するというメリットがある一方、パニック発作や依存、離脱症状を引き起こすなど、デメリットも少なくありません。よって、不安障害の患者がカフェインを積極的に摂取するのはあまりおすすめできません。

コーヒーや紅茶など、カフェインを含むもの以外にも、飲み物や食べ物の選択肢は多く存在しています。特にハーブティーはリラックス効果が期待できることから、不安障害の患者には特におすすめできる飲み物です。

カフェインの摂取をできる限り減らすことは、不安障害の改善に大きく役立ちます。物足りない場合は代替品を使用するなどして、できる限りカフェインの摂取を避けるように努めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ