病院の検査で異常無しなのに不安で検査を繰り返す?疾病恐怖かも!

健康診断などで、異常との結果が出たりするととても不安になります。検査の結果、なんの異常も見られませんでした。と聞くとほっとするものです。

病院で再検査の結果を聞いても、信じる事が出来ずに「検査がきちんと出来ていないんだ」と考えて他の病院で再検査をしても結果は同じで「異常なし」それでも病院を疑い「自分は重病なんだ!」と考えて病院を替えて再び同じ事を繰り返す人もいます。

このように、検査を繰り返しても異常が無いのに病院での結果や医師を信じられずに同じ事を繰り返してしまう時には、疾病恐怖の疑いがあります。今回は、この疾病恐怖について調べました。

疾病恐怖とは何の事?強迫性障害の症状の1つ!

疾病恐怖とは、強迫性障害の症状の1つになります。疾病恐怖の患者さんは、病気になる事を異常なほどに恐れて予防の為の行為を自分で考えて異常に繰り返します。病気ではなくても、身体の1部分を異常に気にする事もあります。

そして、患者さんには2つのタイプがあります。まずはどんな病気でも、病気になるのが嫌なタイプと、もう1つは癌などの重い病気になるのが嫌なタイプになります。

病気になるのが嫌とは?

はっきりとこの病気という事ではなく、なんの病気にも罹りたくないのです。ですから、テレビで「今は、インフルエンザが流行りだしました。」などと聞くと異常なほどに感染予防をします。

重い病気になる事が嫌?

自分が重い病気にかかってしまったのではと、信じて疑わない事になります。患者さんが疑う事でよく見られる病気を下記に挙げました。

    <患者さんが疑う事でよく見られる病気>

  • エイズ
  • 心臓病

身体の1部分が気になる?

これは、人により様々で気にする箇所が違い身体全体の部分で色々あります。数多くある症状からよく見られる症状を、下記に挙げました。

    <身体の1部分が気になる症状でよく見られる症状>

  • 虫歯の恐怖から歯磨きに時間が掛かる
  • 感染を恐れて、うがい等を何度も繰り返し行う
  • 紫外線は良くないと恐れて太陽を避けて外出も出来なくなる

なぜ疾病恐怖になるの?生活環境や性格様々です!

疾病恐怖になるはっきりとした原因はまだ、解明されてはいないのですが患者さんの生活環境や、性格から来ている事も多く見られます。

性格とは、生真面目で神経質な人に多く見られます。内気な方も、ストレスを溜めやすい人にもなりますので注意が必要になります。

両親や、近い人が重症な病気になり闘病生活を見たりその後死んだりした後などはその状況を見た事でいい事も悪い事も判りその恐怖を感じやすくなります。

生活環境とはどんな事?

学校を卒業して新社会人になり、ワクワクとした新しい環境の中でも生活でストレスを感じる事も少なくありません。そのストレスを上手く発散出来ない事も原因の1つになります。

正しい情報を知らない?

テレビや、ネットで流行っている病気を知り防衛行為をしているのですが流行っている病気の正しい知識を知らずに感染をしたらという恐怖心の方が強く正しい予防法も知らない状況の中にいる人が多いという現状もあります。

止められない行為が与える影響?身体に影響がある!

疾病恐怖は、病気に罹る事に強い恐怖を感じてその予防行為を何度も繰り返す事です。重い病気になる事を恐れている患者さんは、病院での検査結果や医師を信用しないで検査を繰り返します。

患者さんは病気を見つけるために懸命ですが何度も病院を訪れる事でかかる費用は経済的にも負担が大きくなります。病気にならない為の行為も正しい情報の下行なえば問題は無いのですが抑えられない行動で身体への影響も多くあります。

身体への影響がある?

感染症を予防するという行為も、過剰になります。方法も正しい知識の中で行なわれると良いのですが、患者さんは自己流の考え方で動く事が多いので外のトイレに入れなくなり膀胱炎になる事もあります。

重症化すると困る事?他の精神疾患を併発の可能性!

自分は病気に罹っているのに間違いないと、強く考えた上で病院を訪れて検査を受けたにも関わらず結果は「異常なし」と出てしまうのです。

普通ならここで、「良かった」と安心して気持ちが楽になるのですが疾病恐怖の患者さんは違うのです。その結果や、医師を信じる事が出来ないのです。

そのような状況の中では、心身の疲れも重なります。そしてうつ病などの、他の精神疾患を併発しやすくなります。

うつ病とはどんな病気?

うつ病とは、精神的や身体的なストレスが度重なる事や色々な事が原因になり脳の機能障害が起こりものの見方などが否定的になってしまいます。

疾病恐怖と疑ったら?1日も早く専門医を受診!

普段から病気にならないように注意をする事は、だれにでもあります。その行為が、過剰になる時には疾病恐怖を疑う事も必要になります。

もしかしたらと、自分でも気がついている時には1日も早く専門の医療機関を受診しましょう。精神科や心療内科を受診される事をお勧めします。

場所は、保健所での相談の上決める事も出来ますが厚生労働省のホームページに「地域にある相談先」でも確認する事が出来ます。

他の病気でない事の確認!

病院では、まず他の病気でない事を確認した上での治療になります。患者さんの症状を検査して異常がない事と、心配しなくても大丈夫だから安心させる為の治療が始まります。

まとめ

今回は、疾病恐怖とはどんな病気なのか原因は何なのか、与える影響や重症化したらどうなるのか?治療に適した病院について等調べました。

疾病恐怖は、強迫性障害の症状の1つになり治療は精神科や心療内科になります。症状は2つのタイプがあり、病気になる事が嫌なタイプと重症な病気になる事が嫌なタイプがあります。

過剰な予防行為により、膀胱炎や皮膚炎等の身体的影響の他にも経済的にも検査を繰り返して病院を訪れる事で費用がかさむので大きな影響があります。

検査を繰り返しても考えた結果が出ないのでストレスが重なり他の精神疾患を誘発させる事にも繋がります。このような結果を防ぐ為にも、1日も早く正しい治療を始めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ