疲れやすいのはサインかも!自律神経失調症からの疲労感

身体がどうも疲れやすい、身体の疲れが寝ても取れない。それは代表的な自律神経失調症の症状です。自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れて生じる不定愁訴全般を指しますが「疲労感」は日本人が感じやすい症状の一つです。

多くの日本人はとにかく働き過ぎであり、責任を背負い過ぎです。その為に自律神経のバランスも崩れがちで「心身のリセット」を図れないままに次の日に入っているケースが非常に多い。そこで今回は自律神経失調症と疲労感の関係について紹介します。

その疲れの原因は?自律神経も原因の一つ

「疲れが全然抜けない・・・・」毎日寝起きにこう感じながら重たい身体を起こしている人は非常に多いです。身体に疲れが残る原因は沢山あるのですが、その代表的な一つの要因が正に自律神経のバランスの崩れとなります。ストレス社会において徐々に増えてきた要因です。

神経は通常バランスが保たれている

まず知っておくべきことは、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」からなる神経を指しており、その両者は常に綱引きの様にせめぎあっています。やじろべえの両端のように片一方が重くなれば片一方へと振り戻すといったループが続いているのです。

バランスが崩れると疲れが溜まる

常にバランスを取り合っている自律神経ですが、そのバランスが崩れると身体には一気に変化が起こります。それが自律神経失調症と呼ばれる不定愁訴なのですが、自律神経の狂いによって起こる症状は余りに多く、他の病気が混じっている場合もあるので判断がとても難しいです。

疲れやすい原因はこれ!交感神経優位の状態

該当者が増える一方の自律神経失調症ですが、日本人の場合に多く見られるのは「交感神経優位が続く」事によって起こる自律神経失調症です。いわゆる「頑張り過ぎ」によって発症します。

日本人には特に多いケース

交感神経優位が原因で起こる自律神経失調症は日本人の性格上仕方の無い部分があります。「責任感が強い」「自分を責める」「完璧を目指す」「失敗を恥と思う」といった心の在り方が自分を追い込む形となって自律神経のバランスを崩していくのです。

原因の多くはストレス

自律神経失調症の主な原因は「ストレス」です。職場の人間関係や抱えているプロジェクトの問題、そして上司や会社からのプレッシャーなど。学生の場合も基本的には人間関係のストレスが多いです。日本人は気を遣い過ぎるので余計その傾向が強いのかもしれません。

解消のコツはこれ!副交感神経を刺激する!

日本人の自律神経失調症は様々なストレスによる「交感神経優位」が原因である場合が多い。そうなるとその対応策としては拮抗神経である「副交感神経」を刺激してバランスをとることが最善となります。

リラックスすることが特効薬

副交感神経は気持ちが落ち着いている時に活発になる自律神経です。ですので副交感神経を刺激する為にはリラックスする環境を用意する必要が出てきます。

    <代表的な副交感神経を刺激する方法>

  • カフェで一息つく
  • ぐっすりひとりで眠る
  • 自然の中でのんびり過ごす
  • 自分のやりたい事に集中する

こういった「落ち着いた環境で過ごす」事や「自分の意思を通せることをする」といった「自分の思うがままに過ごす」という事がそのまま副交感神経を刺激する形になります。

現代社会は危険!交感神経を刺激する環境が多い

現代社会はとにかく刺激に溢れています。その為基本的には健康な人でも自律神経の交感神経が常に刺激されているという前提でいる事が大切です。普段何気に触れているものも実は交感神経を刺激する物だった、という事が多々あります。

刺激に溢れた現代社会

今、若年性更年期障害といった疾患名が出てきていますが、あれなども自律神経のバランスが崩れた事で起こるケースがあります。若者の場合は特にスマホ中心の生活になっており、常に交感神経が刺激されている為です。

楽しいこと程興奮を生む

今は娯楽が非常に多い時代になりました。昔の様に遠くに出かけて楽しむ娯楽から手元で楽しめる娯楽へと時代がシフトしています。これは言い換えれば四六時中交感神経が刺激され続けているという事です。当人は楽しいので自覚はありませんが、神経は常に刺激されて疲れています。

自律が求められる!これからの社会での生き方

現代社会は刺激に溢れており、しかもそれが実に魅力的という困った状況です。そんな中で自律神経のバランスを保つために必要な事。それは「自分で自分を律する」という事です。自分に甘ければ幾らでも甘やかせる時代だけに強い心が求められています。

自分で自分を律するしかない

スマホを例にとってもわかるように自由に「アプリ」を増やすことができ、基本は無料のものばかりです。今は「課金」を律する事が重要視されていますが、実は「使用する事」自体を何処まで律する事ができるのかが自律神経のバランスにとっては重要な要素となります。

身体を労わる心の余裕を!神経を休めるコツ

以上、自律神経失調症と疲れやすい身体についての紹介をしました。結局のところ自律神経のバランスが崩れていくのは「楽しい事ばかりをする」という自分を優先する生活にその根源があることがわかります。無意識のうちに自分で自分を追い込んでいるのです。

起きてる間中神経をすり減らし続けるようでは自律神経失調症は起こるべくして起こりますし、それでは交感神経が常に優位となって疲れはいつまでも抜けません。しっかりと疲れが溜まったら抜いてあげる。抜く事ができる心身を整えてあげるという「身体を気遣う」事が大切になります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ