定年退職後に居場所がない時はどうすればいいか?

仕事一筋で頑張ってきた人は、定年退職後に居場所がないことがあります。人間関係も仕事中心だったりすると、その核の仕事がなくなることで、急に孤立してしまい居場所ない様になります。

定年退職後一日中家でゴロゴロしていると、家族にも鬱陶しく思われてしまうかもしれません。今まで仕事をがんばってきたので、しばらくの間はリセットする意味でも、それでいいかもしれませんが、それが長期に渡ると、体にも精神的にもよくありません。

熱中できるものを見つける

そんなときは、なんでもいいから定年退職後打ち込めるものを見つけるといいそうです。

やりたいことが見つからないという人も多いでしょう。そんな人は、自分が思春期の学生時代に何に興味があったか振り返るといいです。学生時代に自分がやりたかったこと、興味があったことに定年後打ち込んでみるのです。

例えば、野球に興味があったのなら、地元の野球チームのサポータ役をかってでるのもいいでしょう。演劇だったら、地元の小劇団に参加してみてもいいかもしれません。そうしているうちに、自然と仲間もできて、自分の居場所も見つかります。

相手の肩書を見て態度を変えない!

注意したいのは、今まで序列社会でがんばってきただけに、自分や相手の肩書が気にして、無意識に相手を見て態度が変わってしまうこともあります。

新しい集団に入るときは、自分の考え方をリセットして、新しい気持ちで人と接するのが大事です。昔の自慢話なんてだれも聞きたくないですからね。誰かの役に立って、喜んでもらっているという事を実感することもとても大切です。人にありがとうと感謝されるのは、達成感がえられるものです。

定年後はボランティアをしたいと考えている人は多いですが、実行する人は1割だそうです。自分に何ができるのかと考えて二の足を踏む人が多いそうです。

身近なところで初めて見る

今はインターネットなどで地域のボランティア情報も入手しやすくなりました。これはと思う団体がなければ、自分で立ち上げ仲間を募ることもできます。近所の子供と過ごすボランティアなど気負わずに始められるものもあります。

まず始めてみることです。始めてみると、具体的に自分がやりたい事や方向性が見えてきます。結局は居場所ない人は自分で見つけるしかなさそうです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ