気分変調症を克服するために!自分に合った治療法とは?

気持ちが落ち込む、気分がすぐれないなどの症状が続いていませんか?誰にでも経験があることですが、長引く場合は気分変調症という病気かもしれません。

気分変調症は、適切な治療を受ければ快方に向かいます。今回は、気分変調症の基礎知識や、治療法についての概要、治療のポイントをまとめました。

当てはまる場合は、勇気を出して一度医療機関を受診してみてください。自分に合った治療法で、気分変調症を乗り越えましょう!

症状が長引く気分変調症とは?概要を覚えておこう!

まずは、気分変調症という病気について知識を深めましょう。基本的な内容をまとめました。

気分変調症の名称について

1980年にアメリカの医学会で登場した「気分変調症」ですが、かつては「抑うつ神経症」「神経症性うつ病」と呼んでいました。

現在はマニュアルが更新され、「持続性抑うつ障害」と病名が変わりました。WHOの基準では「気分変調症」と記載されています。

また、「気分変調性障害」や「ディスチミア」と呼ばれることがあります。ここでは便宜上、「気分変調症」として話を進めます。

気分変調症の症状は?

ほとんど1日中気分が落ち込み、体のだるさ、不眠もしくは過眠、食欲不振もしくは過多、絶望感などが見られます。

自尊心が低く、他人の態度や言葉に敏感なことも特徴です。1日の後半になるにつれ、症状が悪化することもあります。

体調不良と思い込み、受診しないケースも多く見られます。甲状腺の病気を併発することがあります。

発症は女性に多い

人口の5~6%くらいに発症するため、20人弱に1人の計算になります。20~30代からだんだんと症状が見られ、男性より女性に多く発症します。

10代に発症した場合は性格だと思い込んでしまい、そのまま成長することもあります。

うつ病と似ている

従来のうつ病と症状が似ているため、医療機関でも診断が難しいのが現状です。うつ病よりも症状が軽めで長引くことが特徴で、脳の検査をすると違いが見られます。

気分変調症がベースにあり、うつ病を発症する「二重うつ病」というケースもあります。

気分変調症の治療を受けるには?自分に合った機関を!

気分が落ち込むなどの症状が長引く場合は、まず精神科や心療内科を受診しましょう。ほとんどが予約制なので、直接問い合わせをして確認することをおすすめします。

初診に時間をかけ、ゆっくりと状況を聞き取って診断します。カウンセリングが必要かどうかは、医師から指示を仰ぎましょう。

気分変調症の治療法は?まずは薬物療法から!

気分変調症と診断された場合に処方される薬を挙げました。抗うつ剤の効き目は数週間後に出てくるため、医師の指示に従って服用しましょう。

一般的には抗うつ剤を使用

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパキシル、プロザック、ゾロフトなどの抗うつ剤が処方されます。

しかし、甲状腺の病気がある場合は効果が出ないことがあるので、甲状腺の治療を行ってから取り組みます。

抗不安薬や気分安定薬

状況によってはメイラックスやデパスなどの抗不安薬、リチウムやデパケンなどの気分安定薬も用いられます。

三環系抗うつ薬

クロミプラミンやアモキサピンなど、従来の三環系抗うつ薬は副作用が強いために近年ではあまり処方されませんが、必要に応じて用いられる場合もあります。

その他の薬

それぞれの患者の症状に合わせて、睡眠導入剤や漢方薬を処方されることもあります。

気分変調症の治療法!対人関係療法とは?

気分変調症に有効な治療法として、対人関係療法があります。

現在の人間関係の問題点やストレスを見つけ、付き合い方などの改善点を治療者と探り、自尊心を高めていきます。

患者の考えや気持ちを大切にして、ゆっくり寄り添いながら進めます。摂食障害や不安障害にも用いられます。

気分変調症の治療法!認知療法とは?

うつ病に効果がある認知療法は、気分変調症にも用いられます。

物事の捉え方の癖や考え方の歪みを客観的に見て、修正を行いながら困難を乗り越える力をつける方法です。

専門家のアドバイスが重要になり、違った目線の思考を取り入れていきます。まれに気分変調症の人には合わないケースもありますが、医師に相談しながら取り組みましょう。

気分変調症の治療法!支持的精神療法とは?

気分変調症だけでなく、パニック障害などの治療にも用いられます。患者をありのままに受け止め、ゆっくり話を聞いて共感し、相互理解を深めていきます。

最後まで真摯になって話を聞いてもらうことで安心感が得られ、自発的に乗り越える意識が湧いてきます。

気分変調症を克服するために!治療のポイントは?

気分変調症の治療は、長く患ってきた人ほど時間がかかると言われています。ゆっくり焦らず回復に向かうためのポイントを挙げました。

  • 薬は医師の指示に従って飲む
  • 信頼できる治療者とじっくり話をする
  • できれば通いやすい場所の機関を選ぶ
  • 自分の長所を見つける
  • 焦らずに根気強く取り組む

まとめ

気分変調症の概要と治療法についてお話してきました。気分変調症とうつ病は似ているので、医師の診断を仰いで正しい治療を受けるようにしましょう。

薬物だけでなく、心理療法も効果があるため、一度相談してみてもよいかもしれません。長く患った病気を克服するためにも、勇気を出して一歩前へ進んでみませんか。

信頼できる治療者を見つけ、本来の自分を取り戻しましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ