うつ病に効く漢方薬は?東洋医学や飲み方、副作用も解説!

長時間の労働や人間関係などストレスの原因となる事象が数多くある現代社会において、2~3人に1人はストレスによるなんらかの症状を抱えていると言ます。特にストレスが原因となって発症するうつ病に関しては、年々増加の一途をたどっています。

うつ病には様々な治療方法がありますが、東洋医学に則った漢方の処方もうつ病には有効であると言われています。特に、うつ病には加味帰脾湯という漢方薬が効果的です。

そこで、東洋医学におけるうつ病の定義や、有効であるとされる加味帰脾湯の効果を紹介します。

そもそも、東洋医学とは?西洋医学との違いを解説!

東洋医学って何?

医学には大きく分けて「東洋医学」と「西洋医学」の2種類があります。東洋医学は東洋思想に基づいて自然発生的に起こった医療技術と結び付けられたものであると考えられています。

東洋医学と西洋医学の違いは?

西洋医学との違いは、体全体を整えることで症状を落ち着かせるという部分です。西洋医学では人体は細分化されて考えられています。肺に症状があれば肺の部分にアプローチをし、胃腸に症状があれば胃腸の部分にアプローチをします。

しかし、東洋医学は体全体に「気」と呼ばれるエネルギーが存在していると考えられています。そのエネルギーの状態を整えることによって症状を緩和させることができるという捉え方をしているため、局地的な部分ではなく体全体のバランスを見ることを重要視しています。

東洋医学におけるうつ病って?東洋医学のうつ病は2種類あった!

東洋医学で言ううつ病は、気の病変であると考えられています。気が異常を起こすことにより、気分が落ち込んだり、元気がなくなったりといった精神面の問題や、頭痛や胃腸障害といった身体的不調が現れます。

また、気の異常は「気虚」と「気滞」の2つに分かれています。

気虚とは?

気虚とはエネルギーが不足している状態のことを言います。エネルギーが不足していることによって起こる症状は主に5つあります。

    <気虚によって起こる症状>

  • だるい
  • 疲れやすい
  • 貧血
  • 食欲がなくなる
  • 意欲がなくなる

気滞とは?

気滞とは、エネルギーが体の中をうまく循環していない状態を指します。エネルギーが循環していないことによって起こる症状は、主に3つです。

    <気滞によって起こる症状>

  • 頭が重い
  • 喉が詰まる
  • みずおちや脇が痛む

東洋医学ではこの2つの気の異常により「うつ状態」であると診断されます。

うつ病に効果的な漢方薬は?功があるとされる「加味帰脾湯」はこんな薬!

加味帰脾湯はどんな人に処方されるの?

うつ病に効果的とされているのが、「加味帰脾湯」という漢方です。加味帰脾湯は、体力がなく顔色が悪い、貧血傾向にある体質で、精神不安や不眠、全身倦怠感などを訴える人に処方されます。

加味帰脾湯は何で作られているの?

加味帰脾湯は、胃腸の働きを促す四君子湯という漢方がベースになっている帰脾湯に、抗ストレス作用がある柴胡や、血の巡りを良くする効果がある牡丹皮、意欲減退に効果がある人参や黄耆が配合された漢方薬です。

加味帰脾湯はどんな効果があるの?副作用についても!

加味帰脾湯の効果は?

加味帰脾湯には精神安定作用があるため、精神不安や緊張感、イライラを落ち着かせるのに効果を発揮します。また、消化促進作用があるため、胃腸障害や食欲不振にも効果的です。よって、体力をつけながら精神を安定させたいという場合に処方されます。

加味帰脾湯の副作用は?

自然由来のものだからといって、漢方に副作用がまったくないというわけではありません。漢方は比較的安全性が高いとされていますが、生薬が持つ成分によっては副作用が出ることも考えられます。

加味帰脾湯で考えられる副作用は、尿の量の減少や高血圧、むくみ、脱力感、四肢痙攣、麻痺、食欲不振、胃部不快感、吐き気、腹痛、下痢などがあります。

加味帰脾湯の飲み方は?効いてくる期間についても!

加味帰脾湯は空腹時に飲むのが基本!

加味帰脾湯は、1日で2~3回に分けて飲みます。服用する分量については、体重によって変わります。加味帰脾湯は空腹時に吸収率が良くなるので、食前もしくは食間に服用するのが基本です。しかし、服用するのを忘れてしまったという場合は、食後に服用することもできます。

加味帰脾湯の効果はどれくらいで出るの?

加味帰脾湯の効果が感じられるまでには、おおよそ2~3週間程度かかります。漢方薬は穏やかに作用する薬ですので、西洋医学で処方される薬のような即効性はありません。よって、不安時の頓服には不向きです。

しかし、根本的に体質を改善したいと考えている人にとっては、体全体のバランスを見て処方される漢方薬は理想的な薬であると言えます。

加味帰脾湯を取り入れて、うつを改善させられる?体質を見極めるのが大切!

東洋医学におけるうつ病の定義や、うつ病に効果があると言われる加味帰脾湯という漢方薬の飲み方、効果、注意点について解説しました。東洋医学にもうつ病と同様の症状が存在しますが、西洋医学とはアプローチの方法が全く違いますので、上手く活用することが重要です。

加味帰脾湯は、体質や症状にぴったりと合えば、うつ病に対して高い効果を得ることができると期待されています。西洋医学で処方されている薬をうまく使いつつ、東洋医学の知恵を取り入れることで、うつ病改善の大きな手助けとなります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ