これでうつ病を克服!うつ病克服に大切な3つのポイントとは?

うつ病は、自分以外の人にうつ病だということを自分自身で判断するのは難しいものです。またうつ病になってしまった時、どうやって克服をしたら良いのか探しても「情報が多すぎてどれが良いのかわからない」といったことはないでしょうか?

しかし、ここではうつ病に対する情報がきちんと入っています。また、簡単にできる克服方法もあります。

そこで今回はうつ病時に役に立つ、うつ病を克服するためのポイントを紹介します。

症状は個人差がある?うつ病の症状と原因を徹底分析!

まずは、うつ病がどんな症状であるか、またその原因とは何かについて知る必要があります。そこで初めに、うつ病についての簡単な知識について紹介します。

うつ病の症状とは

人間は日常生活をする中で、落ち込んだ憂鬱な気持ちになることがあります。しかし、それらは1日過ぎれば回復するのが一般的です。

それがうつ病になると、憂鬱感や落ち込んだりといったことが1日では治らず、何日間も続いてしまいます。この症状から食欲不振や睡眠不足を引き起こしてしまい、何もする気が起こらなくなりひどい場合は寝たきりになってしまうというケースも少なくありません。

では一体このような症状は、何が原因なのでしょうか。

精神的ストレスによる影響が高い!

実は、うつ病の原因というのははっきりしていないものもあります。しかし主な原因として今考えられているのは、人間関係によるストレスです。

日常生活を送っていく中で、人間関係というのは引き離すことのできない存在です。その中で日々のストレスが蓄積されると、うつ病を引き起こしやすくなります。

他の原因として考えられているのは、体の病気や薬によるものです。慢性的な病気にかかっていると、体の痛みなどの不調がうつ病を引き起こす原因となります。薬に関しては、副作用の効果が大きな原因となります。

このように、うつ病の原因となる大きなきっかけは、精神的なストレスによるものが大きいということです。

自分自身で知ることが大切!うつ病を克服するためのポイントとは?

「よし、うつ病を克服するぞ!」と言っても、どうすれば良いかわからない場合、一番良いのは病院に行ってみることですが、やっぱりお金をかけずに克服したいものです。また自分で克服できた時の達成感というのは、この上ない喜びでもあります。

そこで、一人でもできるうつ病を克服するための基本的な3つポイントについて紹介します!

①自分で症状を自覚する

うつ病を克服するためにまず一番初めに大切なポイントは、自分で症状を自覚することです。

うつ病になってしまった人の中には、幼い頃から両親や周囲の人からの大きな期待によるストレスで頭痛や憂鬱感が慢性化してしまっているケースもあります。なので、まずは自分で症状を自覚することが大切です。

②自分自身との向き合い方を変える

うつ病になりやすい人には

  • 几帳面な人
  • 真面目な人
  • 人の評価を気にしすぎる
  • 自己評価が低い

という傾向があります。

特に、自己評価に関しては一番重要となってきます。自己評価ができないと、今の自分がどのような状態にいるかしっかりと把握することができず、万全な状態でない自分に対して罪悪感を抱いたりしてしまいます。

また自己評価が低いと他人から指摘されたことに対して素直に受け止め過ぎてしまい、そのことが積み重なり無関心・無感情になってしまいます。

これを避けるために自己評価は大切です。方法としては、自分と向き合い、自分の何が良いか悪いかをはっきり理解し、それをマイナスな方に受け止めるのではなく、プラスの方に受け止めることが大切になってきます。

③生活習慣を改善させる

うつ病の原因の1つとして、生活習慣は大きく関係しています。

先に述べたように、うつ病の大きな原因となるのは精神的ストレスです。生活習慣において、睡眠不足や運動不足、また食事不足などといった、日常生活において欠かせない3つが不足してくると、生活習慣が乱れ、ストレスが溜まってしまいうつ病を引き起こす原因となってしまいます。

生活習慣を改善させるために一番大切とも言えるのは、運動です。これは、激しい運動ではなく適度な運動のことを指します。

運動をすることでお腹が減り、食欲不足を改善させます。さらに運動によって体は疲労し、睡眠不足を改善させます。

なので、生活における3つの原則を改善させることが生活習慣を変え、うつ病の予防から克服までできるようになるポイントとなります。

リラックスが大切?疲れた時は深呼吸!

これは、うつ病の人からしたら一番難しいことです。何もしないでゆっくりするということに罪悪感を感じ、焦る感情が出てくるからです。だからこそ、心を落ち着かせてリラックスをするということが大切となってきます。

どうすればリラックスできるの?

今では様々なリラクゼーション法が存在しています。しかし、大切なのはどれが一番自分に合っているかということです。今回はリラクゼーション法の中でも代表的なものを紹介します。

ヒーリング音楽を聴く

音楽は、曲調によって気持ちの動かされ方は変わりますが、これこそが音楽の良いところなのです。プロスポーツ選手を例に例えると、プロスポーツ選手の中には、試合前に自分の好きな音楽を聴いてモチベーションを上げている選手もいます。

その音楽が、激しい曲調で自分自身を盛り上げるためのものか、それとも緊張を解くためにゆっくりとした曲調の音楽を聴いて気持ちを落ち着かせるかは選手によって違います。

これはうつ病にも効果があることで、うつ病の場合は何もせずにゆっくりしていると焦りを感じるという気持ちを抑えるために、ゆっくりとした曲調の音楽をきくなど、心を落ち着かせることのできる音楽を聴くのが良いでしょう。

ただし、音楽の好みには個人差があるので、自分の好きな音楽を聴くことが大切です。

日光浴をする

朝起きた時に、朝日の光を浴びると目が覚めるということを聞いたことはありませんか?これは、太陽の光を浴びることで体内時計を調整されるからです。

体内時計は、朝になると体温や血圧、また脈拍を上げ元気に活動ができる状態にして、夜になるとその逆で体温や血圧、また脈拍を下げて体をリラックスさせ快眠できる状態にします。

それと同様に、昼間に日光を浴びると体を元気な状態にさせます。なので、運動がてらに外へ出て日光を浴びるのはオススメです!

すぐには克服できない?うつ病が克服できるようになる期間とは?

今日克服法をしたから明日にはうつ病は無くなってる、なんてことは絶対ありません。うつ病は克服し始めてから克服できるようになるまでに、個人差はありますが目安として3ヶ月はかかります。また、克服できたからといって発病前と同じ行動をすると、再発してしまいます。

うつ病の再発として多いパターンとしては、克服期間に頑張り過ぎてしまうということです。この期間で周りに迷惑をかけたからといって頑張り過ぎてしまうと、発病前と同じ行動をしてしまいます。

発病を防ぐためにも、克服期間の間は体を休めながらこれからの生活行動について考えるのが良いでしょう。

迷った時は一人で悩まない!信頼できる人のもとへ

うつ病患者に多いのは、自分がうつ病だと認識していない、あるいは自分がうつ病だということをなかなか告白することができないということです。

しかし、一人で悩んでしまうともっとうつ病を悪化させてしまう可能性があります。うつ病は気分的に落ち込みやすいので、自分で自分のことを悩んでもネガティブな考えしか出てきません。

なので、うつ病になった場合、もしそれが自分一人でなんとかなるようでしたら大丈夫ですが、無理をせずに信頼できる人(家族や友人など)に相談してみてはいかがでしょうか。

焦らずに!自分に一番合った克服法でうつ病を克服

ここまでは、うつ病になってしまった時にどのように克服をすれば良いかというのを、いくつかのポイントを押さえてお話ししました。

このほかにも今では様々な克服法があります。自分には何が一番合っているか確かめ、1日でも早くうつ病を克服できるように頑張っていきましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ