てんかん発作と転換性障害は違うの?転換性障害は解離性障害の1つ!

友人と買い物の最中突然意識が無くなり、倒れて痙攣発作を起こして救急車で病院へ搬送されました。その後検査をしたが、原因が無いとの事で帰宅しました。

その後、この様な事を何度か繰り返して「自分はてんかん患者」ではないのかと不安を感じながら幾つかの病院を廻った結果、解離性転換性障害と診断を受けたという患者さんも多くいます。今回は、このようなてんかん発作と解離性転換性障害について調べました。

転換性障害とは何なの?解離性障害の症状の1つ!

解離性障害とは、精神疾患の中の1つになります。何らかのことが原因となり、自分を自分から切り離して逃げ出してしまうのです。その結果として記憶等が切り離される症状があらわれます。

記憶ではなく、身体の運動障害や痙攣や麻痺等として現れる時には転換性障害となります。その中に、てんかん発作とよく似た症状があります。

現れる症状はどんなもの?

転換性障害の症状は1つではなく、色々とあります。ここでは、てんかん発作と間違えられやすい症状について下記に挙げてみました。

    <てんかん発作と間違えやすい症状>

  • 手足を痙攣させる
  • 倒れて、身体が動かなくなる事が数分続く事もある

原因は何があるのか?

原因は、ストレスが1番になります。その内容も様々あり、幼い頃からの親の過保護やネグレットそして日々の生活の中でも溜まるストレス等です。

てんかん発作とは何なの?脳に何らかの障害がある!

大脳の神経細胞ニューロンの数は数百億あるとも言われています。これが深く関係しています。普段は、規則正しくお互いに電気活動を行なっています。

これが、突然強い電気刺激により活動が乱れてニューロンの過剰な発射を起して発症するのがてんかん発作になります。この発作を1回起こしただけでは、てんかん発作とは言えないのです。発作を繰り返し起こす事で、てんかん発作と言えます。

現れる症状はどんなもの?

発作は、過剰な発射が脳全体に影響を起こして意識が最初から無い「全般発作」と脳の1部分で影響を受けた事で始まる「部分発作」があります。

    <全般発作の症例>

  • 強直間代発作とは、意識喪失と全身硬直の直後全身が痙攣する
  • 単純欠神発作とは、数秒から数十秒の間意識消失で直ぐに回復する
  • 複雑欠神発作とは、意識障害に揉み手などの自動症や体が一瞬ビクッとさせるミオクロニーなどが現れる
  • 点頭発作とは、全身の筋肉の緊張で、頭部前屈、両手を振り上げる、両脚の屈曲する
  • 脱力発作とは、全身の力が一瞬でなくなり倒れこむ
    <部分発作の症例>

  • 単純部分発作とは、意識はある
  • 複雑部分発作とは、意識がなくなる
  • 2次性全般化発作とは、部分発作が始まり全身の痙攣が起こる

原因には何があるのか?

てんかんには原因が不明な「突発性てんかん」と、脳に何かの障害が原因となっている「症候性てんかん」とがあります。脳の障害とは、脳炎、脳梗塞や脳外傷等です。

てんかん発作を起こした時は?目撃者と病院へ行く!

てんかん発作を起こした時に、患者さんは医師に正しく説明する事が出来ないので必ず発作を起こした時に一緒にいた人に病院で説明をしてもらう事をお勧めします。

病院での診断には、正しい情報が必要になります。ですから、発作の時の詳細を説明できる方に医師へ正しい説明をしてもらいましょう。そうする事で、医師は必要な検査をします。

必要な検査とは何がある?

てんかん発作の検査には血液検査の他に、脳波の検査が最も適しています。診断だけではなく、発作の型の発見にも役立ちます。CTやMRIは、脳腫瘍がないか脳外傷がないかの確認が出来ます。

手術で治療が可能な時?

薬剤で発作を抑える事が出来ないときでも、発作の原因が海馬硬化症や良性の脳腫瘍などの病気から来ている時には手術で病気を治す事で発作も無くなる事が期待出来ます。

てんかん発作の治療とは?薬剤が中心になります!

てんかんの治療には、とても時間が掛かります。その為、ご本人はもちろんご家族の方もてんかんについて正しく理解をして認める事が1番大切です。

てんかんの治療には、抗てんかん薬を使います。抗てんかん薬は、脳の神経細胞が異常な電気発射で興奮する事を抑える他にも他の神経細胞に伝わらないようにする事で発作を起こさないようにします。服用は医師の指示の下、正しく服用をしてけっして自己判断で止めない事です。発作を誘発する事に繋がり危険です。

てんかん治療の目標とは?

てんかん発作は、患者さんが社会生活をしていく上でとても大きな障害になります。どこで発作を起こすか分からないので、事故への不安もあります。ですから、治療の目的は少しずつ発作を少なくしていく事になります。

転換性障害の治療方法とは?精神療法が中心です!

転換性障害で現れている症状は、原因はストレスになるのでそのストレスを探し出してその対応方法を見につける事で自然と落ち着いていきます。

治療は精神療法が中心となって行なわれますが、ストレスの重さは人により様々です。その為に、ストレスで症状が重くなっている時には不安等を緩和する為に薬剤を使う事もあります。これは医師が注意深く診察をして、正しい判断の下行なわれます。

治療で大切な事とは?

転換性障害は、ストレスから心に深い傷を受けた事などにより起こる症状になります。この事を解き明かしていくのにはゆっくりと時間を掛けていく必要があります。

まとめ

今回は、てんかん発作と似ている転換性障害の症状について違いや症状を調べました。そして原因、治療方法についても調べました。

どちらも、発作を起こしている時には素人が見ても違いは分からないのです。てんかん発作は治療が可能な時もある、脳の病気が原因になる時と大脳の神経細胞が関係している時があります。

転換性障害の症状ではストレスが身体に現れて、てんかん発作と似た症状が見られます。治療は全く違う方法になるので、専門医による正しい診断が必要になるのです。

どちらの病気でも、家族や周囲の方の理解が必要になります。時間も掛かりますが、焦らずゆっくりと時間を掛けて見守ってあげて下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ