睡眠薬には副作用はあるのですか?必ずあるので注意が必要!

眠りたいのにどうしても寝付けないような時についつい頼ってしまうのが睡眠薬ですが、心配な事なのは睡眠薬を飲んだ事によって副作用が起こるのではないかと言う事です。眠れない時には安心して睡眠薬を使いたいのでその為にはどんな副作用があるのかも含め知っておくべきです。睡眠薬の副作用や体への負担などについて調べてみましたので参考にして下さい。

睡眠薬には種類があるのですか?大きくわけて2種類あります

一口に睡眠薬と言っても実は種類があるのです。大きく分けるとドラッグストアなどで購入できるものと病院で処方されるものに分ける事が出来るのです。

ドラックストアで市販購入できる睡眠薬は?

ドラッグストアなどで購入できる睡眠薬はどちらかというと強制的に眠りを誘う効果のある薬で睡眠改善薬というタイプに分類されます。但し、睡眠の質はあまり良く無く浅い眠りとなってしまう事がほとんどです。

病院で処方される薬は?

病院で処方される睡眠薬は、買おうと思っても診察を受ける事無しでは買う事が出来ません。この薬は市販で売られている薬と比べて即効性が強く、睡眠効果も非常に高いものとなります。分類としては睡眠導入剤となるのですが、効果が高い反面、体への負担は大きいのです。

睡眠薬の副作用は?依存性が高く、体への負担がある

睡眠薬のメリットは?

睡眠薬は不眠などでどうしても眠れない時に服用する事でとりあえずは眠りにつく事ができる働きがあり、不安定であった精神状態などが一時的ではあるが落ち着きを取り戻す事ができるのが大きなメリットです。

睡眠薬のデメリットや副作用は?

睡眠薬は、どちらかと言うと依存性が強い事が多く、どうしても長期的に続けてしまう事になる傾向があります。よって使えば使うほど抜け出せなくなる事が多いのです。また睡眠薬の成分は体への負担も大きく、また薬の成分が体内に蓄積する事での副作用が発生する事もあるのです。

市販の睡眠薬の副作用は?次のような副作用があります

睡眠薬には、どうしても副作用が生じてしまうのですが、その中で市販の睡眠薬の副作用には次のようなものが症状として現れます。

    <市販睡眠薬の副作用>

  • 薬依存症
  • 倦怠感や頭痛
  • 神経過敏
  • 動機、息切れ
  • 免疫力の低下
  • 判断力の低下
  • 意識障害

病院で処方された睡眠薬の副作用は?体への負担が大きい

病院で処方される睡眠薬は、睡眠導入剤がメインとなりどちらかというと効力が強く、体への負担も大きくなります。よって飲む量などは指示されたとおりに飲まないと下手をすると苦しい副作用に悩まされる事になるので十分注意してください。

副作用はどのようなもの?

副作用としては次のようなものが症状としてあります。

    <病院で処方された睡眠薬の副作用>

  • 薬依存症
  • 物忘れ
  • ふらつき、めまい、頭痛
  • 歩行失調、言語障害
  • 情緒不安定
  • 幻覚、妄想
  • けいれん発作、錯乱状態
  • 食欲低下
  • 倦怠感

睡眠薬で副作用を起こさない為には?飲んだらすぐ寝る事

睡眠薬で副作用を起こさないためには次のような注意をする事が大事なのです。

飲んだらすぐ寝る

睡眠薬を飲んで副作用を起こす人の特徴は飲んでから眠くなるまで待って寝るタイプの人たちです。このような寝かたをすると副作用を起こしやすいので飲んだらすぐに寝る事を徹底して行う事が大事です。

副作用にならない為には?睡眠薬の要らない体作りが大事

睡眠薬を飲んで副作用を起こさないようにする為に一番いい事は、そもそも睡眠薬の必要ない体にして行く事が大事なのです。眠れない原因の一つが体内にあるセロトニンという睡眠成分が不足しているという事なのですが、この成分の分泌が活性化されるような体にして行く事が重要なのです。

セロトニンを分泌するには?

セロトニンを分泌させるためには、セロトニンを作る為の栄養素が必要なのです。その栄養素とはトリプトファンとビタミンB6なのです。但しトリプトファンは自分の体内では作る事が出来ない成分なので食事で取り込む必要があるのです。

トリプトファンが含まれる食材は?

トリプトファンという栄養素はあまり聞きなれない名前ですが、普段我々が口にしているものに普通に含まれています。代表的な食材としては、うどんやそばなどの穀類を始めとして豆類、種類、野菜、果実、きのこ、魚介類、肉類など多くの食材に含まれています。要はバランス良く食事をする事が大事という事です。

まとめ

睡眠薬は眠りたいのに眠れないような状況が続くとついつい服用してしまうことがありますが、気をつけないと強い依存性と飲みすぎたり長期的に服用した場合には体への負担が大きく数々の副作用を起こすケースがあります。副作用の中には日常生活に大きく影響を及ぼすものも多数あるので注意が必要です。

睡眠薬を服用する際に副作用を起こさないように注意する事はただ一つで飲んだらすぐに寝ると言う事です。睡眠薬を飲んでから眠くなるまで起きている事で副作用が起きやすくなるのです。そして1番大事な事は睡眠薬の要らない体を作る為に必要な栄養素であるトリプトファンを摂取する為にバランスのよい食事を心がける事が重要なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ