家族が気分変調症の時接し方はどうしたら?受け入れて冷静に対応!

気分変調症は、軽いうつの症状がとても長く続く病気です。たとえ軽い症状でも、長い間苦しめられる事で患者さんのストレスも溜まります。その事が患者さんの状態を悪化させる事にも繋がりますし、周囲の人との関係にも悪い影響を与える事になります。

家族はどんな病気の時でも、患者さんを助けたい守りたいと考えるのですがその事が全て上手く進むとはいえません。今回は、そんな家族の方と患者さんとの接し方について調べました。

気分変調症とは何?なんとなく心が晴れない!

気分変調症とは、1日中なんとなく気持ちが落ち込んですっきりしない状況が長く2年くらい続いている状態になっている時をいいます。

多くの患者さんが、この症状は病気から起きているのではなく自分の性格だからしょうがない等と考えてあきらめている状態にあります。

うつ病と比べると軽い症状になるのですが、その時期が長く続く事は患者さんにとってはとても辛いものがあります。その事が重症化に繋がる事もあります。

症状とはどんなもの?

その症状は人により様々ですが、気持ちの落ち込みがあるという共通点があります。病院では診断基準により判断されますが下記に良く見られる症状を挙げました。

    <気分変調症で良く見られる症状>

  • 気持ちが落ち込んでいる状態が長く続く
  • 何も考えられずに、何をする気にもなれない
  • 自分は何をしてもだめだと感じて落ち込む
  • 眠れないとか、寝すぎてしまう事がある
  • 食欲がなくなったり、過食になったり繰り返す

まず本人がするべき事がある?病気を受け入れる!

気分変調症の治療を始める時には、患者さん本人がするべき事の1つに「自分の状態を正しく理解して、受け入れる事」があります。

これは、病気の症状が軽いケースが多いので病院を受診する時には自分の症状が病気からきているのではなく自分の性格でそうなっているのだと強く考えている方が多くいます。その事を正して行く事が大切な事になります。

治療の為に大事な事!

気分変調症の患者さんは、今の状態が自分の性格のせいと考えて落ち込んでいる方の方が多いのです。そうではなく、病気なんだと認める事がポイントになります。

時間をかけて焦らず!

治療に1番大切な事は、焦らない事です。調子の悪い時もあるので、そんな時には無理をしないでしっかりと時間をかけて進めていきましょう。

家族がまずする事は?まず病気を理解する事が必要!

気分変調症の治療は、患者さん1人では出来る事ではないのです。家族の協力が必要不可欠になります。その為には家族はまず、病気を正しく理解する事が必要があります。

気分変調症は患者さんの気持ちでこうしようとか、ああしようとかしているのではないのです。何かをしたり、考えたりする事が上手く出来なくなる病気なのでその事を理解して対応する事がポイントになります。

病院へも同行するとは?

患者さんと病院へ同行して、病気の説明をしっかりと聞きましょう。患者さん本人は、説明を正しく受け入れられない状態の時もありますので家族はきちんと対応出来るようにしましょう。

次に家族がするべき事は?相手を認める事が必要!

気分変調症の症状は、憂鬱な気分が長く続いてなにもする気力も無くなるなどがあります。その為に周囲の人からは、「だらしがない」とか「怠けている」などの評価も受けやすいのです。

ですから、患者さんは自分に自信が無くなり存在価値が無い等と考えやすくなります。これは患者さんのせいではなく、病気のせいなのです。その事を理解して、患者さんを認めてあげる事が患者さんと接する時のポイントになります。

話を聞いてあげる事!

患者さんと対応する時には、相手の話をキチンと聞いてあげましょう。心が疲れている患者さんは、気持ちが落ち込んで悲観的になっている時の方が多く有りますが病気のせいでそうなっている事を理解して受け止めてあげてください。

言わない方がいい事!

気分変調症とは、心がとても疲れている状態でもあります。ストレスが原因の時もあります。家族は、励まそうとつい出てしまう言葉の1つに「頑張って」という言葉があります。この言葉は禁句です。本人は頑張っているので、追い詰めてしまう事になります。

判断してはいけない事!

治療については、事前に医師からの説明がありますが治療の途中で少しでも状態が良くなると薬の副作用等を心配する等から患者さん本人の意志や家族等により薬の服用を止める方もいます。これは、とても危険です。重症化へ繋がる可能性がとても高いのです。心配な事がある時は、必ず主治医に相談しましょう。

家族ゆえに注意する事!重荷を背負わない事!

家族が病気になると、何とかしなければと感じて出来る範囲を超えたエネルギーを使います。そうすると、心にも体にも無理が出て来ます。

気分変調症になった家族をサポートする事に、一生懸命になり過ぎて家族の方が精神的に疲れて心の病気になる事はよくあるケースです。1人で重荷を背負わずに、主治医に相談して良い方向へ持っていくようにしましょう。

主治医に相談する事!

家族といえども出来る事と出来ない事があります。世話をする人が病気になることもあるので、抱え込まずに主治医に相談して家族の負担を減らしましょう。

まとめ

今回は、気分変調症になった患者さんの家族がどのように患者さんと接したほうが良いのか?その為に注意する事などについて調べました。

治療を始める時に、患者さん本人がするべき事に「自分の状態を正しく理解して、受け入れる事」病気なんだと認める事がポイントになります。

治療は、患者さん1人では出来ないのです。家族の協力が必要不可欠です。患者さんの状態は病気のせいだという事を理解し、認めてあげる事が患者さんと接する時のポイントになります。

家族ゆえに注意する事もあります。患者さんをサポートする事に、一生懸命になり家族の方が疲れて心の病気になる事はよくあります。主治医に相談して良い方向へ進めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ