泰葉さんはなんで躁うつ病になったの?離婚にはエネルギーが必要!

元夫春風亭小朝を会見で「金髪豚野郎!」罵ったことで大きく話題となった、落語家初代林家三平の次女として生まれたシンガーソングライターの泰葉は10年間長い躁うつ病を患らっていました。

春風亭小朝との離婚

泰葉さんが躁うつ病を発症したのは、1988年から2007年の間生活を共にしていた春風亭小朝さんとの離婚直後からでした。

離婚という人生の転機は、とてもエネルギーが要ったと会見で述べています。離婚会見は円満離婚として報道されていましたが、その後春風亭小朝さんに対しての「金髪豚野郎」発言は当時大きく世間を騒がせたニュースでした。

躁うつ病の症状

離婚直後は躁のハイテンションが続き、その後はうつの症状である起きることも食べることも出来ない状態、また躁の症状といった繰り返しだったようです。最後の2~3年はうつの症状にとても悩まされていたようです。

闘病生活は10年に渡り大好きだったピアノを演奏することも出来なくなり、最後には自分のことを攻め続けて死んでしまいたいと思うくらい症状は悪化していました、

家族の支えに感謝

そんな躁うつ病に苦しんでいた泰葉さんの支えたのは家族でした。特に二人の弟である落語家の林家三平、林家正蔵は彼女をバンクーバー旅行に連れて行ってあげたり、ライブハウスに連れて行ってあげたりと献身的に支えました。

のちの会見でも「弟たちがいなかったらこんなに元気になれなかった、家族には感謝しきれないくらい感謝している」と涙を流しながら、家族への感謝の気持ちを伝えていました。

また天国の父初代林家三平に向けても「父が一番心配していると思います。私は父がしたことをしたい。父のまねでもいいから日本を明るく元気にするよう頑張っていきたい」とこれからの心境を語っていました。

まとめ

離婚は結婚するときよりも数倍のエネルギーを必要とすると言われています。これは芸能人だからといって例外ではなく、泰葉さんももた離婚がきっかけとなり長い躁うつ病に苦しんできました。

その躁うつ病を克服できたのはやはり家族の存在が大きかったようです。芸能復帰会見の泰葉さんの様子はとても晴れ晴れとして、音楽活動以外にバラエティなどの他の分野でも頑張っていきたいと前向きな発言をしていました。

「金髪豚野郎」の発言は当時多くのバッシングがありましたが、病気発症の時期から長い闘病時期を考えると、病気の症状が彼女にそういう発言をさせてしまったのかもしれません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ