運動で改善させよう!中々改善しない自律神経失調症

日本人の自律神経失調症は殆どが「交感神経優位」が継続する事で起こるものです。働き過ぎ、頑張り過ぎ、意識し過ぎといった日本人特有の「責任感の強さ」「失敗への恐怖」が生み出しているケースが多いです。

それを改善するには心のガス抜きをするのが最も効率的です。日本人に足りないガス抜きとは何か?それは運動などの「仕事を離れた趣味」を持つ事が一番簡単で効果的です。ストレス要因から距離を置き、気分転換を図るのです。そこで今回は自律神経失調症を改善させる運動についての紹介をします。

実は運動は万能薬!自律神経失調症にも効果的!

自律神経失調症には運動がとても効果的です。それは運動が良い意味で「生活へのノイズ」となる為に一定の緊張が入りっぱなしとなる生活に変化が起こるからです。水に広がる波紋の様に固定されがちなストレス環境に一石を投じます。

血流改善効果が大きい

まず運動効果の最もわかりやすいものは「血流改善」です。ストレスが継続していると血管は収縮を起こし、血流経路は狭まってしまい全身への血流の巡りは停滞します。運動はその血流停滞を一気に打開してくれるのです。

生活リズムが整う

生活の中に運動習慣が入ると生活リズムにメリハリが生まれます。「この日時にはこうしている」という明確なスケジュールができると気持ちが良い意味で張ります。

    <運動がもたらす好影響について>

  • 血流促進
  • 筋肉の稼働率上昇
  • 自律神経の調整
  • 心身のリラックス効果

代表的な運動効果を紹介してもこれだけのものがあります。細かい効果を含めるとこの倍は軽く超えるメリットがあると考えてください。自律神経の調整以外にも取り組む意義が運動にはあるのです。

風を切って走る!自転車で自律神経失調症を改善

自律神経失調症の改善でおススメできる運動は「自転車」です。一般的な自転車では無くクロスバイクやロードバイクタイプの自転車になります。

マラソンより敷居が低い

自分で気軽に取り組める運動の代表格は「マラソン」だと思いますがこれは敷居が非常に高いです。取り組むだけなら手軽なのですが「続けていく」事になると途端にハードルが高くなります。

その点、自転車の場合はとても続ける事が容易です。それは「身体への負担が少ない」からです。特に膝への負担が無いので中高年の方にはとても始めやすい運動です

オンオフの切り替えが刺激!テニスで自律神経を改善

自律神経失調症の改善策としておススメできる運動に「テニス」があります。これも中高年の方には特におススメです。ルールが簡単で道具も安く手に入ります。コミュニティが発達しているのもメリットの一つです。

コート内でオンオフが繰り返す

テニスは狭いコート内でのゲームとなりますが、非常にオンオフの切り替えが激しいスポーツです。ボールを追いかける瞬間、打った後に相手コートを見守る瞬間とで気持ちと身体の切り替えが起こります。

こうした頻繁なオンオフの切り替えは一方に傾いている自律神経失調症の状態にはとても良いカンフル剤として働きます。停滞した神経に一石を投じてくれるのです。

実は運動以上に効果的?演劇で自律神経失調症を改善

意外な改善策なのですが、演劇というのも自律神経失調症には効果的です。勿論や役者での参加が前提です。演劇というのはとてもエネルギーを使う取り組みですので最初に演劇を選ぶのは少しハードルが高いですが、ある程度落ち着いている人が挑戦するには良いです。

声を出すのが効果的

演劇はとにかく大きな声を出すことを求められます。この横隔膜の運動と胸郭の圧調整を行う行動はとても良い神経への働きかけです。自律神経失調症の場合はとにかく呼吸が浅くなるので呼吸を取り戻す取り組みはそれだけで身体は前を向く様になります。

自分を律する事が大切

演劇はとても効果の高い方法ですが、集団で一つの作品を作り上げるものです。ですので途中で投げ出すようなことだけは絶対にしてはいけません。ですのである程度の成功体験を積み重ねた状態で取り組むようにしましょう。

定番は外せない!ウォーキングで自律神経を改善

自律神経失調症の改善策としての定番はやはり「ウォーキング」です。これはもう説明の必要が無いくらい誰もが知っている方法です。緩やか過ぎる運動負荷以外に特に大きな欠点がみあたらない改善策といえます。

年代問わない万能選手

ウォーキングは最も緩やかで継続性の高い「全身運動」です。上半身の運動参加がもっと欲しい場合にはノルディックウォーキングにすれば問題が解決します。目的にあった派生パターンがあるのがウォーキング最大の強みと言えるでしょう。

コースに多様性を持たせよう

ウォーキングの唯一の欠点は「飽きる」という事です。変化が少ない為にどうしても「気持ちが飽きる」事があります。運動負荷が高くて続かないのではなく「刺激が足りない」為に飽きるのです。

そういう場合はコースに変化をつけて対応しましょう。坂道や階段を使ったり、コースを常に変えたりすることで常に「新鮮な空気」をコースに取り入れるのです。

生活に運動を!自律神経失調症は生活リズムが肝!

以上、自律神経失調症の改善策としての運動を紹介しました。自律神経失調症になる時は殆どの場合に「生活が単調」になっています。そしてストレス要因との距離をうまく取れてない状態です。それを良い意味で「横やりを入れる」運動はとても良い改善法と言えます。

日本人は真面目なのでどうしても仕事中心に生活を形作ります。そしてその結果自律神経失調症を招き入れてしまうのです。余り自分を追い込み過ぎずに、仕事などから適度な距離を置ける「ガス抜き場」として運動を生活に取り入れましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ