うつ病でミスが増えたらどうすればいい?特徴と対処法はコレだ!

現代社会では、長時間労働や人間関係など、ストレスの要因が数多く存在しています。その結果、うつ病などの精神疾患を患う人が年々増加し、今では2~3人に1人はなんらかの精神的不調を訴えています。

また、うつ病になってしまうと業務にも支障が出てしまうこともあります。もっとも顕著なのが、ミスが増えるということです。「なぜ、うつ病になるとミスが増えてしまうのか?」「うつ病でミスをしてしまうようになったら、どうすればいいのか?」と思い悩む人は、決して少なくはありません。

さらに、うつ病になった部下にどう接していいのかがわからない上司もいます。

そんな疑問に徹底的に答えます。

なぜ、うつ病でミスをしてしまうのか?原因は3つあった!

うつ病になってしまうと、仕事をはじめ、日常生活で様々なミスをしてしまうようになります。その原因は3つあります。

①集中力がなくなる

うつ病になると集中力がなくなってしまう場合があります。集中力がなくなってしまうことで、仕事に身が入らなくなり、結果としてケアレスミスが増えてしまいます。

②意欲の低下

うつ病によって、働く意欲がなくなってしまうケースがあります。意欲がなくなってしまうと、仕事の細かい部分まで気が回らなくなってしまい、結果としてミスを犯してしまうことになります。

③簡単な判断をすることができない

簡単な判断ができなくなるというのも、うつ病の特徴の1つです。うつ病になってしまうと判断力が鈍り、通常であれば簡単に下すことができる決断がなかなかできないようになってしまいます。そのことが仕事に影響し、ミスへとつながってしまいます。

うつ病のミスの特徴は?普段しないようなミスをし始めたら注意!

うつ病によるミスには、普段であればあり得ないと思うようなミスが多いです。うつ病によるミスにどのようなものがあるかを紹介します。

ケアレスミスが多い

うつ病患者でなくてもケアレスミスが発生することはありますが、それとは比較にならないようなケアレスミスをすることがうつ病のミスの特徴です。例えば、定期と鍵を間違えるなど、通常であればあり得ないようなミスが起きることもあります。

電話の取次ができない

うつ病になると、集中力が低下するため、記憶力も低下してしまいます。そこで、電話に出ても会社名や名前を忘れてしまうということが発生し、電話の取次がうまくいかなくなってしまう…というケースもあります。

遅刻や欠勤が多くなる

うつ病になると、上手くオンとオフのスイッチを切り替えることができなくなってしまいます。よって、時間を間違えたり、曜日を間違えたりといったことが起こり、結果として約束や出勤の時間に遅刻したり、欠勤してしまったりということが発生します。

名前を呼び間違える

今まで付き合いが長いような人物に対して、名前を呼び間違えるというミスもうつ病患者のミスで見られるものの1つです。また、何度も間違えていることに自分自身で気がつかないというケースもあります。そのようなことが起きたら、うつ病を疑ってみることもうつ病の早期発見のためには大切です。

仕事中に物忘れをする

うつ病の原因は、セロトニンという脳内伝達物質の不足にあります。セロトニンが減少すると頭が回らなくなり、物忘れが非常に多くなります。あまりにも物忘れの頻度が高い場合は、心療内科や精神科で相談してみるというのも1つの方法です。

部下がうつ病になったらどうすればいい?大切なのは「責めない」こと!

うつ病のケアレスミスによって業務に支障が出てしまって、困る上司も数多く存在します。そこで、もし部下がうつ病によってケアレスミスを発生した場合にとるべき対処を3つ紹介します。

    <うつ病患者に対してとるべき対処>

  • ミスしたことを責めない
  • 仕事量を減らす
  • 休職を勧める

ミスをしたことを責めない

うつ病患者は自罰的な思考を持つため、ミスを責められると「自分はダメな人間だ」「ミスばかりするような人間はいない方が良い」など、ネガティブな考えに陥りがちで、うつ症状を悪化させる原因となってしまいます。

そのため、ミスをしたら責めるのではなく、どのようにしたらミスが減らせるかなどと改善策を一緒に考えたり、フォローをしてあげたりすることが重要です。

仕事量を減らす

うつ病になると、集中力が低下したり気が回らなくなったりということが起き、業務が滞るという事態が発生しがちです。あまりにもその様子が顕著な場合は、業務の負担を軽くして、できる限りミスが発生しないよう調整するといったことが必要となります。

休職を勧める

あまりにもミスが目立つ場合は、一度業務や職場から離れることを提案するのも有効な手段の1つです。ミスが増えれば増えるほど、うつ病患者は自分のことを責めてしまい、それによってストレスを抱えてしまうという悪循環に陥りがちです。一度ゆっくりと休暇をとることにより、ストレスが減りうつ病も改善されることが期待できます。

休職ができない場合はどうしたらいい?周囲の協力が必要!

休職をしたい、あるいは勧めたいけれど、業務の都合上難しいという場合もあります。その場合に大切なことは、周囲の協力です。常に周囲の人間と業務に関する情報を共有したり、内容を確認したりすることで、万が一ミスが起きてもフォローをしやすい環境になります。

フォローしてもらえるという安心感があることによって、うつ病患者のストレスも軽減されます。

仕事でミスをした時に自分で気をつけられることは?自分で気をつけられること!

もちろん、周囲の協力だけではなく、うつ病患者自身でミスを減らす対策をとることも有用です。忘れてはいけないことはきちんとメモをとる、アラームをセットしとくなど、やりがちなミスに合わせてどのような対策をとることができるか考えることが大切です

しかし、あまりにそれがストレスとなる場合、無理は禁物です。その場合は、上司をはじめとした周囲の人に相談してみるのが良いと言えます。

うつ病患者がミスをした時に考えるべきことは?安易な方向に行くのはNG!

うつ病での仕事のミスの原因や、うつ病患者自身や周囲の人が注意する点について紹介しました。ミスが立て続けに起こると、「仕事を退職した方が良いのでは?」という考えに走ってしまう人もいます。しかし、うつ病患者にとってそれは最良の選択であるとは言えません。

うつ病患者の場合、正常な判断を行うことが難しくなってしまいます。よって、安易に退職という道をとるのではなく、まずゆっくりと休み、うつ病の治療に専念することが大切になってきます。自分を見つめ直す時間を持つことが、うつ病の改善の近道となり、仕事のミスも格段に減ることが期待できます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ