うつによく使われる黄連解毒湯(おうれんげどくとう)とは?

黄連解毒湯うつの場合は、一般的に抗うつ薬が処方されますが、補助的に漢方薬が出されることがあります。

抗うつ薬を服用することに不安を感じて、すべて漢方薬で治したいと考える方もいます。漢方薬がうつに出されるのはどういう場合なのか、どのような漢方薬が選ばれるのでしょうか。

うつによく使われる漢方薬に、黄連解毒湯というものがあります。

黄連解毒湯ってどんな漢方薬なの?

漢方薬として、黄連解毒湯が処方されるのは、いらいらして落ち着かなかったり、不眠といった症状のある場合です。

配合されている生薬は、精神不安に効果のある黄連(キンポウゲ科の根茎)、炎症を鎮める黄ゴン(シソ科の根)、胃腸の調子を良くする黄柏(ミカン科の樹皮)、胃の調子を良くし、心を落ち着ける効果も持つ山梔子(クチナシの実)です。

黄連解毒湯の特徴

この4つの生薬はすべて、清熱、鎮静の作用があります。このような効果からうつに効果があるとして処方されます。また、黄連解毒湯はかなり苦い薬です。配合されている4つの生薬は、どれも苦く、そしてカラダを冷やす作用があります。

ですので炎症や熱から起こる症状が見られない場合や胃腸が弱い人は長期間使うことができません。ただ、漢方薬の場合は、うつだからこの薬が誰にでも効くというわけではありません。一人一人の体質によって、出される薬が違ってきます。

漢方薬の理論に、「証」というものがあります。証は簡単にいうとその人の状態をあらわすもので、状態というのは、体質や体力や抵抗力など、それぞれの個人差です。

全く同じ症状があっても、証が違えば、処方される漢方薬には違いがあります。証は漢方薬局などで見てもらうことができます。漢方が専門ではない病院やクリニックで、抗うつ薬の補助的に出される漢方薬は、症状から判断して出されることが多いので、証があっているとは必ずしも言えません。

黄連解毒湯が出されていてもあまり変化がないと、あっていないことも考えられます。医師や漢方薬局で相談をしてみましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ