うつ病を克服!?食事がうつ病を克服させるワケとは

食事をするということは、我々の健康を維持するため、または病気を治療するのにとても大切なことです。

しかしうつ病になってしまったとき、食事に対する考え方は健康状態にあるときの身体の考え方とは異なるでしょう。例えば人と話しながら食事をすることをしないなど、食事の楽しさまでもなくなってしまいます。

では、うつ病になったときに食事に対する考え方はどのようにすれば良いでしょうか。今回はうつ病と食事の関わりについて話していきます。

食事中の行動で良くも悪くもなる?問題は食事中の行動にあった!

よく耳にするのが、食事中に携帯を開くなという一言です。

実は、この行動が我々の健康状態にも関わる大きな問題の原点にもなっているのです。よく言われるのが食事中に行儀が悪いからという理由ですが、このことは、うつ病とも深く関係しています。

食事本来の楽しみがなくなってしまう

食事というのは本来家族や友達と一緒に会話をしながら楽しむものですが、食事中に携帯を開くと会話は弾まなくなるどころか、挙句の果てには会話すらなくなってしまいます。

ですからこの、食事中に携帯を開くなという一言はうつ病の人には肝に命じておかなければならないことなのです。

でも、一人で食事を摂らざるを得ない場合は?そしてその対処法とは??

かといっても、誰もが家族や友達と一緒に食事ができるかと言われれば、そんなことはありません。特に一人暮らしの場合だと、基本的に食事は一人になってしまいます。そうなってしまうと、知らない間に食事中に携帯を開いてしまいがちです。

では、そういう場合はどうすれば良いのか。

食材にこだわりをもつ!

一人で食事をする場合、やはり調理をするのが面倒でレトルト食品など、すぐに食べられる食品を選びがちです。しかしこの一つのことを意識するだけで、一人で食事をすることがある意味趣味にまでできるようになります。

それは、スーパーまで足を運んで食材を選ぶことです。自分の作りたいものを決め、それを買いに行くということです。そこで大事になってくるのが、一つ一つの食材にこだわりをもつことです。これは、意識するだけでどこまでも楽しめます。一つの食材にしても、原産国によって鮮度はさまざです。こういうところを楽しめると、うつ病でなくとも食事は楽しくなります!

あくまでも趣味として楽しむ!

しかし、毎回毎回こんなことを一回一回考えるのは面倒なことです。ですから、初めは簡単なものから作ることを考えて、そこからどんどんアレンジの効いた料理を作ってみるのが良いです。

ここで忘れてはいけないことが、あくまでも趣味として楽しむことです。もし、食材にこだわりをもって料理をすることを毎回の義務のように考えてしまうと、絶対に続きませんし、うつ病の回復も遅くなってしまいます。ですから、食材にこだわりはもってもそれはあくまで趣味として考えましょう。

たったこれだけ?食事を楽しむもう一つの方法とは??

ここまでは、一人で食事をする際の楽しみ方を食材選びにこだわりをもつというところから話していきました。次は、その自分で作った食材をどう楽しむかというところについてお話します。

一つ一つその味を楽しむのがポイント!

せっかく自分で手間ヒマかけて作った料理を、何も感じずに食べるのはもったいないです。ですから、まずは香りを確かめてそれから口に含んだ後の風味を楽しみましょう。この時に、一人で食べているからといって携帯を開きながら食べるのは絶対にダメです。大切なことは、食事中はその食事に集中して味わうことです。

一人で食べているのでその料理を食べた後に「おいしいな」とか、独り言のようになりますがこういった一言を自分で添えて食事をすることが、うつ病の回復を促進させます。

一石二鳥!?自分で食事を作るメリットとは?

一人で食事をする際は、どうしても自分で料理をしたりしなければなりません。しかし、自分の手で料理を作り、自分の舌で食事を楽しむことはある意味一石二鳥です。まず、自分で作った料理を声に出しながら味わうことは、うつ病の回復を促進させます。そして、その料理を自分の舌で味わうということは、美味しいか美味しくないかの判断が自分でできるということです。

つまりその味を改善させて、次はもっと美味しい料理を作ろうと思えるきっかけにもなり、この気持ちがさらにうつ病の回復を促進させることにも繋がるからです。

もし時間があれば自分のお料理日記のようなものを作るのも良し!

もし時間があれば、自分のお料理日記のようなものをつけてみるのも良いです。この日記をつけることで先にも言ったように、自分の料理の味を改善させるきっかけにもなり、さらにその気持ちがうつ病の回復を促進させることに繋がるからです。

慣れてきたら一つ一つの成分にこだわりをもつとさらに良し!

もしお料理日記をつけ始め、それに慣れてきたら自分のお料理日記をさらによくするため、また自分の身体をさらに健康にするためにも一つ一つの料理の成分にこだわりをもつと、さらに良いでしょう。

しかしこれは時間のかかる作業でもあるので、ある程度慣れてきてうつ病が回復してきた頃に始めると良いです。

とにかく気持ちが大切!気持ちが回復の原点!?

うつ病になってしまったら何もする気が起きなくなってしまうはずです。しかし、うつ病を治そうと思ったらまずは気持ちを変えなければなりません。

気持ちから変えようと努力すると、身体も変わろうとします。ですから、食事のことにしてもそれ以外のことにしても、うつ病を治すためにまずは自分が変わるという気持ちで日々過ごすことが大切です。

誰かと食事をとることが一番!とにかく会話をしよう!

やはり、一人で食事をするよりは誰かと一緒に食事をするのが一番です。人と会話をすることでストレスも緩和され、うつ病の回復を促進させます。一人で食事を楽しむよりは、やはり誰かと会話をした方が食事はもっと楽しむことができます。

例えば、一緒に食事をする中で「これ美味しいね」や「これどんな食材使ってるの?」などの会話をすると、ひとつひとつの味を感じることができ食事を楽しむことができます。

ゆっくり時間をかけて食事をしよう!

一人で食事をする際は携帯を開かない、また自分で作る料理や食材にもこだわりを持つこと、そして誰かと食べるときは必ず会話をしながら食事を楽しむことがポイントですが、もう一つだけ大切なことがあります。それはゆっくり時間をかけて食べることです。

どれだけ味や会話を楽しんだとしても、食事にかける時間が短ければそれだけ楽しむ時間も短くなってしまいます。つまり、うつ病を改善させる時間も短くなるということです。ですから食事を楽しむことはもちろん、できるだけゆっくりと時間をとって食事をしましょう。

地道な努力が大切!まずは1日1回から

このようなことは毎日する必要はありません。しかし、まずは1日1度だけでもいいから日々続けることが、うつ病の回復を促進させます。

うつ病を改善する方法は第一に気持ちを変えることからです。ですからうつ病を治すという強い気持ちで取り組むことが、うつ病の改善を促進させ健康な状態へと導きます!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ