うつ病には不眠症がついてまわる?うつ病による不眠症とその改善策!

うつ病患者さんの多くが不眠症に悩まされています。様々な精神的な症状や、頭痛や動悸を始めとする身体的な症状に苦しめられながら、更にそう簡単に眠ることさえ許されなくなってしまうのです。

そんな辛い不眠症ですが、解決策はあるのでしょうか?うつ病と不眠症の関係に注目しながら、睡眠障害について広く話ししていきたいます。

様々な症状に苦しめられる!うつ病とは?

身体面と精神面両方の症状がある!

うつ病というと、「ひどく落ち込む」だとか「何にもやる気が出ない」と言った精神的な症状をイメージされる方が多いと思いますが、それと同じくらい深刻な身体的な症状も現れるのです。例えば、

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 動悸
  • 胃痛
  • めまい

などがあります。これらの症状は精神的な症状と同時に現れることが多いです。

また、体の不調は必ずしもうつ病が原因とは限りませんので、心配であれば早めに病院で診てもらうようにしましょう。

原因の多くはストレス!

うつ病の原因としては諸説ありますが、中でも最大の原因とされているのがストレスです。

仕事や受験によるストレスはもちろんですが、実は結婚や旅行など一見嬉しい出来事のように思えるものでも人間にとってはストレスの原因なのです。

このように、私達の周りはストレスにあふれていますので、上手に発散していくことがうつ病にならないためには大切です。

うつ病と不眠症の関係とは?ホルモンが鍵を握る!

不眠の有無がうつ病の診断基準にもなっている!

うつ病の診断基準として

  • 睡眠障害
  • ほとんど毎日の不眠または過眠

とあります。この通りうつ病と、不眠を始めとする睡眠障害の併発率は実に9割に登るとされています。

うつ病と睡眠障害は別の問題であると考える方々もいますが、睡眠障害がうつ病の引き金となったり、逆にうつ病が睡眠障害の原因であるということは珍しくないのです。

うつ病に重大な影響のある物質「セロトニン」!

うつ病は脳がうまく機能できなくなってしまった結果に生じる病気であると考えられています。その仕組みを考える上で鍵を握るのが「セロトニン」という神経伝達物質の一つです。

セロトニンは幸福感を生み出す物質と言われており、ストレスによって体内での分泌量が減少してしまうことがうつ病の原因であると考えられています。

このセロトニンですが、うつ病のみならず睡眠に対しても影響を与えると考えられるようになってきました。

セロトニンはうつ病と睡眠障害の共通の原因となりうるものですから、化学的な面から見てもうつ病と不眠の関係は深いのです。

どんな不眠症が危ない?うつ病の可能性がある不眠症の特徴!

うつ病患者さんによく見られる睡眠障害!

一言に睡眠障害と行っても寝付くのが困難、予定する時間よりも早く目覚めてしまうなど形は様々です。

うつ病と同時に現れると考えられている睡眠障害は

  • 入眠障害(寝付けない)
  • 早朝覚醒(朝早く起きてしまう)

の2つが多くを占めるとされています。睡眠障害になっているかどうかの目安は、症状が週に2回以上あり、1月以上続くことです。自分の睡眠の状態を見なおしてみましょう。

うつ病による早朝覚醒の特徴!

朝早く目が覚めてしまう…。これは多くの人が体験したことがることでしょう。特に、お歳を召されると朝早く目が覚めてしまう傾向が強くなってきます。

しかし、うつ病による早朝覚醒には健康な人の場合とは違った特徴が見られます。それは、うつ病による早朝覚醒では、目が覚めても起き上がる気力がないということです。

うつ病を患っている場合、「せっかく早く起きたから散歩でもしてこよう!」といった気力は湧いてきません。だからといって、再び眠りにつくこともできないのです。

つらい症状から抜けだそう!不眠症の回復の仕方は?

安易な睡眠薬の使用は危険!

眠れないなら睡眠薬を使おう!…そう簡単に考えてはいませんか?実は眠れないからといってすぐに睡眠薬の使用に走るのは危険なのです。

睡眠薬に限ったことではありませんが、薬の多くには依存性があります。つまり、一度使い始めてしまうとやめることが難しくなってしまうのです。

確かにうつ病治療の一環として睡眠薬の利用は有効ですが、医師の監督のもと適切に利用するように心がけるべきです。

睡眠環境を見直そう!

薬に頼らずに自力で不眠を解決に導くこともできます。自分の睡眠環境を見なおしてみましょう。特に就寝前数時間の行動は、その日の睡眠の質に大きく影響を与えます。

睡眠に悪影響があるものとして次のようなものがあります。

  • 寝る前にスマホやパソコンを使う
  • 眠るためにお酒を飲む
  • 寝る前に紅茶やコーヒーでカフェインを摂取している
  • 眠る前にタバコを吸ってしまう

これらの習慣がもしあるのであれば、改善することで睡眠の質を向上させることができます。薬に頼る前に、まずは自分の睡眠環境を見直しましょう。

根本的に元気になろう!うつ病の克服!

睡眠障害自体は、睡眠環境の見直しや睡眠薬の利用によってある程度改善することができます。しかし、その睡眠障害がうつ病が原因で引き起こされていたものの場合、根本的な解決とは言えません。

うつ病をしっかりと克服しないままだと、再び睡眠障害に陥ってしまう可能性も高くなってしまうのです。

健康的な睡眠を得るためには、うつ病の治療にもアプローチすることが必要なのです。

まとめ

うつ病患者さんの多くが不眠症を抱えているように、うつ病と不眠症は切っても切り離せない関係にあります。

不眠症の改善には、まずは自身の睡眠環境を見直すことが大切で、睡眠薬を安易に利用するべきではありません。

また、うつ病を原因とする睡眠障害の場合、根本にあるうつ病を克服できないままでは健康的な睡眠を得ることが難しくなってしまいます。

うつ病と不眠症の両方を同時に治療することが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ