不安障害になったら仕事はどうすればいい?対処法を解説!

およそ3人に1人が、精神的になんらかの病を抱えていると言われている現代社会において、精神的な病に陥ってしまった人が最初に悩むのは「仕事との向き合い方」です。

特に不安障害は、仕事に対して非常に影響が出やすい病気です。ミスをしたり、仕事に行くのが怖くなったり、仕事をしているとさらに不安が誘発されやすくなります。

そこで、不安障害とはどういった病気なのかということから、不安障害になってしまったら仕事にどのような影響が出るのか、また、それらに対する対処法も解説します。

不安障害とは?様々な要素が絡み合って生まれる病気!

不安障害とは?

不安障害は、ある出来事を過剰なまでに気にしたり、恐怖を覚えたりするということを特徴とした精神障害を指します。この不安障害の「不安」とは、「現実に基づくものではない、確定要素のないもの」となります。

不安障害の原因は?

原因は元来持ち合わせている、神経質な性格やこだわりがあるといった性格、生育環境、ストレスといった様々なものが複雑に絡み合ったものとなり、明確な原因というものは未だはっきりしていません。

不安障害になると、仕事にはどんな影響がある?考えられること3つを紹介!

不安障害を患うことで、「仕事に対して影響が出るのではないか?」と心配に思う人も少なくありません。そこで、不安障害になることによって、仕事にどのような影響が出るのかを紹介します。

    <不安障害が影響を与えると考えられるもの>

  • 仕事のミスが増える
  • コミュニケーションがとれなくなる
  • 休みがち、もしくは遅刻をしがちになる

①仕事のミスが増える

不安障害を患うことにより、常に不安や心配が頭の中を占めるようになります。その結果、仕事に対して集中ができなくなってしまい、ケアレスミスが頻発するようになります。もちろん、ケアレスミスだけではなく、大きなミスを犯してしまう可能性もないとは言い切れません。

②コミュニケーションがとれなくなる

不安障害になってしまうと、あらゆる不安や心配がとれなくなってしまい、それを回避しようとする行動に出る場合があります。例えば不安障害の一種である社会不安障害では、重篤になってしまうと、他人の目を気にするあまり人との会話や接触を避けようとする「回避行動」が見られるようになります。

その回避行動により、人とコミュニケーションを築くことができなくなってしまい、結果として仕事に影響してしまう、という事態は十分あり得ることです。

③休みがち、もしくは遅刻をしがちになる

この3つ目も、「回避行動」に大きな関わりがあります。あらゆる不安や心配を持つ不安障害では、その対象を避ける回避行動をとることによって、自分自身を守っている部分があります。そうして自分自身を守ることを優先した結果、仕事に行くことができなくなってしまったり、行くことができても時間を守ることができず遅刻をしてしまったりするという事態が起きることが想定されます。

また、それだけではなく、不安障害の一種であるパニック障害で起こる「パニック発作」は、不安感だけでなく胸部の不快感や喉の詰まり感、吐き気などといった身体症状が強く現れる場合があり、そのことにとらわれてしまい、体が動かなくなり、行動することができなくなった結果として、欠勤や遅刻が起こる可能性もあります。

不安障害の時の仕事の探し方は?大切なのは「無理をしない」こと!

不安障害でも、働きたいという意欲を持っている人は決して少なくはありません。そこで、不安障害を患ってしまった場合の仕事の探し方について解説します。

①就労支援を活用する

不安障害の人でも働けるよう支援する団体もありますので、そちらを活用してみるのも1つの手です。

就労支援団体では、働くことに対する不安を持つ人へ向けた様々なワークショップや、企業見学、職場での実習など、無理のないペースで「仕事」と関わることができるような環境を用意してくれます。

そのようなワークショップに参加することで、「働く」といったことに自信をつけていくことも、不安障害を患いながらも仕事をするには重要なことです。また、就職後も支援団体による企業訪問など、手厚いサポートを受けることができるのも魅力の1つです。

②「今の自分」にできる仕事が何かを考える

就労支援を活用することも難しいといった場合は、「今の自分の状況でできるおとは何か」を考えることも有効です。

例えば、「人と対面してコミュニケーションをとることが難しい」といった問題であれば、インターネットを活用してできる在宅仕事などを探してみるのも良いと言えます。自分に無理のない働き方を選択するということも、十分に検討の余地があります。

どちらにせよ、不安障害を患っている場合は「無理をしないこと」が大切です。無理をしてストレスを溜めてしまうことにより、うつ状態に発展してしまうケースもあり得ます。そうならないよう、注意して仕事を選択することが重要です。

不安障害で仕事を辞める必要はある?専門家と相談の上で判断する!

不安障害を発症すると、「仕事を辞めなくてはならないのではないか?」と不安になる人が少なからずいます。では、すぐに退職した方が良いのかと言うと、それもまた症状の程度にもよります。医師やカウンセラーといった専門家に「このような症状なのだけれども、どうすれば良いだろうか」と相談してみるのも1つの手段です。自分で判断がつかない場合は、専門の知識を持った人間からアドバイスをもらうことで、進むべき道が見えてくることがあります。

不安障害で仕事が怖い時はどうすれば良い?不安障害の対処法!

不安障害になってしまうことで仕事のミスが続いたりすると、「仕事をすることが怖い」という状態になってしまう人もいます。そんなときにはどのようにすれば良いか、対処法を紹介します。

①医師やカウンセラーにアドバイスをもらう

退職の要不要と同じように、専門家からアドバイスをもらうのは非常に有効です。どうしても自分一人で抱え込んでしまうと、ネガティブな方向へと思考が傾きがちです。専門の知識を持った人間に相談することで、思わぬ解決方法が見えてくることもあります。

②上司に相談する

肉体的および精神的に業務が辛い、という場合は、一度直属の上司に事情とともに業務量を減らせないか相談してみるのも良いです。部下を管理することが上司の仕事ですので、事情を話せば良いようにしてもらえる可能性が高いです。大きなミスを犯さないためにも、報告・連絡・相談はしっかりと行いましょう。

③どのようにすればミスを減らせるか考える

不安障害によってミスが頻発するという場合は、自分のミスのパターンを把握しましょう。ミスのパターンを把握することで、それぞれへの対処法が立てやすくなります。ノートやメモに今までしたミスを書いて、それに対応する対処方法を考えるのがおすすめです。

不安障害でも仕事と向き合うには?相談したり、自分に向き合ったりしてみることが大切!

不安障害によって起こる仕事への影響や、対処法について紹介しました。

不安障害は真面目な人や神経質な人ほど発症する傾向にあり、集中できず仕事でのミスが続くことによって、悪化すると抑うつ状態にもなってしまう病気です。よって、一人でミスや仕事が怖いという感情を抱えることをせず、医師やカウンセラーといった専門家や、上司や同僚といった周囲の人に相談してみることも非常に大切です。

また、自分でも「どのようなパターンだとミスをしやすいのだろうか?」と考えたり、「今自分にできる仕事はなんだろう?」と考えたりすることにより、不安障害でも仕事と向き合うことができます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ