ゆっくり眠りたい!安眠の為に誰にでも出来る生活環境の改善

当たり前ですが不眠症になるとなかなか寝る事が出来ません。焦れば焦るほど目が冴え、全く寝れる気がしなくなります。しかしながら快眠クリニックにいくと自分でも驚くほど短時間で快適に眠る事が出来ます。

また最近では快眠とリラクセーションをテーマにしたホテルなども主要都市には出来ています。これは元々出張のビジネスマンやOLに快適に寝てもらう事をコンセプトにつくられ、ターゲットは出張族でしたが最近では快眠の快適さを得る為に月に何回か予約を取って会社帰りに快適な時間を過ごしている方もいるようです。

そこで快眠を得る為の生活時間、部屋の環境をどのようにすれば良いのでしょうか?

ぐっすり眠る方法は?生活時間を変えてみたら!

現代のサラリーマンやOLの就寝は約70%の人が23時から25時というアンケート結果が出ています。この結果は深夜のテレビ番組が充実している上、ネットサーフィンによる情報が無限に入手できるので寝る時間がもったいないと考えている人も多いという事だそうです。しかしながら今の就寝時間に満足しているかというアンケートには約30%しか満足していないという結果も出ています。

安眠する為に生活時間を見直す!

そこで第一に考えるべき事はこの生活全体の時間を見直すという事です。早く寝れるような状況であればテレビ、ネット、スマートフォンはさわらず早く布団に入る事でまずは就寝時間を変えてみては如何でしょうか

一人の時間がほしいという事であれば、生活全体を朝方に変えて早く寝た分早く起きるという生活の基本時間全体を変えてみます朝早く起きる事で今まで考えてもみなかった新しい事にチャレンジできるかもしれません。例えば朝のジョギングや軽い運動をする事、早めに空いてる電車に乗り職場の近くでゆっくりコーヒーでも飲むなどだけでも生活全体が変わった気になる筈です。

快眠を得るには?食事も見直す!

ダイエットが目的では無いのでカロリーを気にしたり食べるものを無理に制限したりする必要は有りませんがやはり消化の良い食べ物を腹八分目で食べる事を目安に食べるのが良いでしょう。出来れば体を冷やさないようになるべく冷たいものは避け、基本的には温かい食事を食べる事が鉄則です。

安眠する為にアルコールは?

夕食時にアルコールを飲むのは構いませんが深酒をせず、自分に合った適度な量にとどめるべきです。また、アルコールはぐっすり寝る為には飲まない方が良いと一般的に言われていますが、長年の嗜好品という事であれば多少の飲酒は問題ないでしょう。飲む日、飲まない日を意識的につくりどちらが熟睡できる自分で試してみるのも良いでしょう。

安眠する為に細かいルールで縛らない!

とにかく夕食は消化の良い温かいものを腹八分目で食べるという意識だけは持ちあまり厳密にルールに縛られないのも大事です。カロリー制限や食べる物を制限したダイエットをしたことがある方ならわかりますが、食べて良いものや食べる量に制限を付けられるとそれだけでストレスになりますから

また、夕食の時間を早くすると夜の時間が有効に使え結果的に就寝時間を早めることが可能です。就寝時間を早め生活全体の時間を変えてみては如何でしょうか?

快眠を得るには?心地よい部屋の環境つくり

睡眠クリニックや快眠ホテルに行くと寝つきが良いのは部屋の細かい環境が考えられているからだと言えます

    <快適に寝れる部屋の要素>

  • 音の遮断
  • 間接光による優しい照明
  • 部屋の空気と室温、湿度
  • 部屋の寝具

安眠する為に音の遮断は効果絶大

まずは騒音や雑音が遮断される空間が重要です。自宅で完全防音は難しいですがカーテンを厚手にするなどの工夫をして外の音を聞こえ辛くしましょう。最近では防音カーテンや遮音カーテンなども販売されていますのでいろいろ試してみてください。音が遮断されるだけで本当に世界が違います

安眠する為に心が落ち着く間接照明

次に部屋の照明を工夫しましょう。完全に電気を消して寝る方はあまり気を使う必要は有りませんが就寝前の時間に精神を落ち着ける為にも間接照明は勧めです。淡い間接光の中にいるとそれだけでも心が安らぎリラックスします。

最近では部屋の蛍光灯などを撤去するのでは無く、大掛かりな工事をしなくても手作りで出来る間接照明などがネットで探せるので参考にしてください。

安眠する為に空気、温度、湿度の見直し

安眠しやすい温度は夏場25度、冬場20度前後が良いとされています。人は個人によって心地よいと感じる温度は微妙に違うので冷え性の方や寒がりの方は好みに応じて調整すると良いでしょう。

但し、部屋を冷やし過ぎると風邪などにかかる事も有るので寝れる温度ギリギリまで上げておく方が良いでしょう。最近のエアコンはセンサーで一定の温度に管理してくれるので寝やすい温度を探してみましょう。

安眠する為に湿度を見直す!

また温度とともに大切なのは湿度です。一般的には湿度50%前後が心地よいと感じます。湿度調整が上手くいくと温度をさほど下げなくても心地よいと感じるので温度と湿度を調整し快適な環境を作りましょう。

更に空気清浄機で空気をリフレッシュすればより快適な環境が得られます。寝室では煙草をしないとか事前の環境整備も重要です。

快眠を得るには?体に合った枕!

快適な睡眠を得るには自分に合った寝具も重要です。マットレスでも布団でも快眠を得られやすい寝具は高価なものが多いです。

安眠する為に枕を考える!

そこで最初に自分に合った枕を探しましょう。枕は各メーカーから様々な硬さや高さが出ており自分に合った物を探せます。お店によっては枕コンシェルジェなる説明員が居るのでフィッティングでアドバイスしてもらっていましょう。

快眠を得るには?就寝前に軽い運動

食事、部屋の環境、寝具の環境が整備出来たら最後に就寝前のストレッチや軽い運動を日課にしましょう。関節を回したり、腱を伸ばしたりするだけで血行が良くなりぐっすりと眠りやすくなるはずです

快眠を得るには?心の健康と環境の整備!

快眠を得る為に食事や環境の見直しを話しましたが、環境整備の前に心の不安やストレスを溜めない事が一番重要です。人は悩みや心のモヤモヤが有ると就寝時に考えてしまいます。
就寝時に不安や悩みを忘れ、心を無にした状態で就寝に臨む事が基本で、あわせて環境の整備で安眠しやすい環境を作り上げることが可能になります。食事、運動、室内の光、温度、湿度、寝具そして運動などバランスよく心地よい環境を作る事で少しでも安眠できる状態に近づけるはずです。ゆっくり眠りたいと思ったら簡単に出来る事から試してみては如何でしょうか。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ