うつ病を回復させる可能性がある?ダラダラすることの重要性!

ダラダラすることは一見、良くないことのように感じられます。しかし、ダラダラすることがとても良いことなのは、あまり知られていません。

ボーっとすると、頭の中が整理されたり、脳の再構築が行われることが知られるようになりました。そして、うつ病になったときにそれを回復させることもあるのです。

ここでは、ダラダラすることの重要性や、ダラダラするときのポイントなどを徹底的に解説します。

ダラダラすることは良いの?本当のところ!

ダラダラすることはいけないことだよ、と、小さい頃がから言われてきた人もいるかもしれません。しかし、本当のところは、ダラダラすることにはさまざまな効用があります。それが知られていなくて、ダラダラすることが良くないことだと言われているのです。

ダラダラするってどういうこと?

ダラダラするといっても、具体的にどんなことがダラダラすることなのでしょうか。ダラダラするとは、何もしないでボーっとしたり、やらなければならないことを先延ばしにしたり、役に立たないようなことを考えたりすることです。こういうことが脳にいいことがあまり知られていません。

ダラダラするとどうなる?その効用とは!

ダラダラすると、どうなるのでしょうか。ダラダラすると、人間の脳はモードが切り替わって、記憶の整理などが行われて、物事に対しての見方が変わったり、新たな発想が生まれたりします。それによって、いろいろなことの生産性や能率が上がるといわれています。

有名人もしている、ダラダラすること

サッカー日本代表の長谷部誠も、著書「心の整え方」のなかで、ボーっとする時間を作っている、と述べています。その中で、頭が整理される感覚を感じる、といっています。ボーっとすることによって、長谷部は「心を整えている」といえるのかもしれません。

うつ病を回復させる!ダラダラすることの役割!

ダラダラすることは、うつ病を回復させることもあるといわれています。うつ病の重症期には何もできずに、とにかく寝ていることしかできません。起きてもダラダラしていることがほとんどです。これは、体や心のエネルギーを回復させているのであり、ただ、何もしないというわけではないのです。

うつ病の人は消耗しきっている

うつ病の人は、心や体のエネルギーが消耗しきっていて、何もできなくなっています。それを回復させていくことが、まずうつ病の回復の第一歩なのです。そうやって休みことができて、やっと心や体が回復していくのです。

脳の再構築の効果

それだけでなく、回復していく過程でも、ダラダラしているとさまざまな良いことがあります。うつ病の人は責任感が強く、自分を責めたりしてしまう傾向があります。しかし、ボーっとしたりすることによって、脳の再構築が起こり、考え方が変わったりする可能性もあります

うつ病の人の考え方

そもそも、うつ病の人はダラダラするのが苦手なことが多いです。なぜなら、自分に厳しくて、ダラダラしている自分を許せないからです。何かしていないと落ち着かないという人もいます。これではエネルギーは消費されていくばかりです。だからこそ、ダラダラしてエネルギーを回復させることが大事なのです。

これが大事!ダラダラするときのポイント!

ダラダラするときには、いくつかポイントがあります。うつ病の人はダラダラするのが苦手です。なので、ダラダラすることがいいことなのを念頭に置いて、以下のポイントを気にしてダラダラしてみてください。

  • 1人になれる場所でする
  • 自分の好きなものを近くに置いておく
  • 嫌なイメージが浮かんだらすぐにやめる

1人になれる場所でする

ダラダラするときは、1人になれる場所でしてください。誰かがいると、その人を気にしてしまい、リラックスできません。ベットや自分の一番リラックスできる場所でするのがコツです。

自分の好きなものを近くに置いておく

自分の好きなものを近くに置いてするのも大事です。そうすることによって、よりリラックスできるからです。好きな本や絵、感触のよいタオル、お気に入りの座布団を敷いて、などをするととてもリラックスできます。

嫌なイメージが浮かんだらすぐにやめる

ボーっとしたりしているとき、嫌なイメージが浮かんだらすぐにやめてください。ボーっとするのは、リラックスして、エネルギーを回復させるためにします。嫌なことがあると、リラックスできません。そういう時は、近くに置いた好きなものを見たりして、気をそらすことが大事です。

ボーっとする練習

うつ病になる人は、ボーっとしたり、ダラダラするのが苦手です。なので、少しずつでも良いので、ボーっとできるようになるのが大事です。これらに気をつけて、ボーっとする練習をしてみてください。

周りの人にも理解してほしい!ダラダラすることの良さ!

家族など首位の人は、ダラダラしているのを見ると、もしかしたらイライラしてしまうかもしれません。普段頑張っている人などは、余計にそう思ってしまう傾向があります。なので、ダラダラしているのはエネルギーを回復しているのだと理解してあげてください

まとめ

ダラダラすることの良さは、最近、さまざまな研究で明らかにされてきています。ダラダラすることによって、記憶などが整理され、新たなものの見方が生まれたりします。うつ病の人にとっては、エネルギーを回復させる重要な行動です。

ダラダラすることによって、さまざまな良い効果が生まれます。うつ病の人にとって、ダラダラすることは難しいことかもしれませんが、自分のためになることを理解して、リラックスしたダラダラした時間を過ごしてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ