岡村隆史はどうやってうつ病を克服したのか?

2010年に、うつ病の治療で5ヶ月に渡る休養を余儀なくされたお笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史さん。

今では休養前と変わらない元気な姿で仕事をこなしている岡村さんですが、どうやって短期間でうつ病を克服できたのでしょうか?

岡村隆史のうつはかなり重かった

岡村隆史さんのうつ病の症状は、当時かなり重かったと考えられます。岡村さん自身は、「本当に一睡もできなかった」とバラエティ番組で告白しています。

テレビで見る岡村さんは、いつも明るくて元気なキャラクターに見えるので、そんな状態で仕事をしていたとは驚きですね。つまり、それだけ岡村さんが大きなプレッシャーを抱えていたということでもあります。

当時、岡村さんに出ていたうつの症状は、眠れないこと以外に下記のようなものでした。

  • どのネタはがきを採用したかがわからなくなり、気付いたら周囲にはがきが散乱している
  • 自分のサインが書けなくなる

などなど、常にパニック状態だったことが伺えます。

入院治療を受けて

岡村さんはその後すぐに検査を受け、入院治療を受けることになります。症状の重さはもちろんのこと、知名度の高いタレントである岡村隆史さんを完全に休養させるためにも、マスコミの目が届かない入院治療がもっとも良いと判断されたのかもしれませんね。

また、岡村さんが休養している間に、相方である矢部さんや、周囲のスタッフが頑張ってくれたことも、病気を克服する助けになったようです。矢部さんは、岡村さんの休養中もレギュラー番組をしっかり守っていました。岡村さんは復帰後のコメントで、「休養したことで、自分が一人ではない、多くの人に助けられていることがわかった」と述べています。

岡村さんは克服後の気持ちをこうも語っています。「それまではスベると自分を責めていたのが、いい意味で背負い込むことがなくなった。自分だけが悪いんじゃないとおもえるようになった」自らストレスを抱え込むことがなくなったため、その後はうつの症状が重くなることはないようです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ