なぜうつ病があなたを追い詰めてしまうのか?

うつうつの時は自分を追い詰める方向にいってしまいがちです。

うつになりやすい人は真面目で、責任感が強く、向上心もあり、何でも一人でかかえこんでしまったりと、もともと自分を追いつめやすい傾向があります。

ですのでその状態は本人の性格の延長上かと思われがちですが、うつで自分を追い詰めるのには原因があります。

うつの原因は?

うつは、脳の神経伝達物質の分泌の異常で起こるといわれています。脳の神経伝達物質は、数十種類存在していて、その中でもセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンという神経伝達物質が重要です。

セロトニンは、安静をもたらし、ノルアドレナリンは意欲や生存本能にかかわり、ドーパミンはやる気、多幸感をもたらします。強いストレス、不眠などが続くとこの脳内伝達物質のバランスが崩れ、うつを発症します。

特に安静をもたらすセロトニンの減少は、不安をもたらし、何においても自分が悪い、自分のせいだという自分を追い詰める考えからどんどん抜けられなくなっていきます。

ですので、うつを発症してしまった人が自分を追い詰める言動をしているのはうつのせいなのです。周囲もそのことを理解しなければなりません。

周囲の人はうつの状態を理解して

うつの人の言葉を聞いて、周囲はネガティブだ、あなたのせいじゃない、自分を追いつめる必要はないと言ってしまいがちですが、うつ患者さん本人は脳がそのような状態になっているため、治療をしない限りはどうしてもその状態から抜け出せません。

特に重症の際の自分を追い詰める気持ちは、自殺や自傷といった行為にもつながってしまう恐れがあり、とても危険でもあります。その状態をよく理解して、周囲もうつの人に対してはさらに追い詰めるようなことを言ったり、したりしないように心がけましょう。

それは決して甘やかしているわけではないのです。自分を追い詰める言動も、薬物治療をきちんと行い休養をとって、うつが回復してくればおさまってきます。うつにかかってしまった方本人も、周囲も、急がず、長い目で回復を待ちましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ