人気アナウンサー小川宏さんのうつの克服出来た理由は?

小川宏うつを克服した有名人の一人である小川宏さん。

小川宏さんはNHKのアナウンサーとして当時の人気番組「ジェスチャー」の司会で国民的な人気を得て、NHK退社後にはフリーのアナウンサーとして17年も続いた「小川宏ショー」で人気を得ました。

小川さんがうつを発症したのは1992年、66才の頃です。

発端はその1年前でした。

仕事を休みがちになり

ひどい倦怠感、焦燥感、不眠や「人に会いたくない」、「話したくない」という思いが強くなり、仕事を休みがちになりました。そして、気付くと遺書を書いて、自分の書斎の整理を始めたそうです。

そんなある日、突然深い絶望感に苛まれ地球から自分がいなくなろうと決意したそうです。ふと気が付くと線路わきに立って電車に吸い寄せられるように身を投げ出しかけたそうですが、友人の「自殺するのは愚か者」という言葉が浮かび自殺を思いとどまったそうです。

自殺未遂後に

その自殺未遂の後に病院で診断を受けうつ病と診断されました。

原因は様々な理由があるようですが、やはり長い間テレビ番組の第一線で活躍していたことの疲れ、そして長年の経験で培われたプロフェッショナルだからこそ分かる番組作りに対する不満、そして身内の金銭トラブルで心労が重なったことだと言います。

それから小川さんのうつの克服の日々が始まります。

家族の理解で

3ヶ月の入院、抗うつ剤、睡眠薬を飲んで治療に専念しましたが、一番効果があったのは家族のうつに対する理解だそうで、小川さんの奥様は毎日病院で小川さんに寄り添いますが、ただ黙って優しく見守っているだけだったそうです。

小川さんがうつを克服し、抗うつ剤が必要なくなるのに10年の月日がかかりました。その中で小川さんが言うのは、もし回りの誰かがうつになったら優しく見守り、なぜ調子が悪いのか決して尋ねない。

そして、励まさないようにすることが大事だと言います。励まされると何も出来な自分が情けなく感じます。また聞き役に徹することが大事だと小川宏さんはうつ患者にメッセージを伝えています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ