ある季節になると調子が悪い?季節性のうつ病とは?

誰にも会いたくないし、何もしたくない…。こんな気分の落ち込みはもちろん、頭痛などの体の不調までも引き起こすうつ病。

ストレスであふれる現代社会の中で、一時前よりもかなり一般に受け入れられるようになってきました。そんなうつ病ですが、実は季節によって症状の程度の差があるのをご存知でしたか?うつ病のまだまだ知られていない知識を紹介します。

うつ病って?気力を失う心の病気!

うつ病とは?

どんな人でも、嫌なことや悲しいことがあると気分が落ち込み、何事にもやる気が出せないことがあります。これは正常な人間の精神反応です。

しかしうつ病の人は、言葉では表しようのないほど辛い気分、または興味や喜びの喪失がほとんど一日中、ほぼ毎日続きます。これが日常生活に支障を及ぼすようになるとうつ病と呼ばれます。

うつ病になりやすいタイプ

うつ病も他の病気と同じで、その患いやすさには個人差があります。一般的にうつ病になりやすいとされている人は次のような特徴を持っています。

  • 真面目で責任感が強い
  • 人当たりがよい
  • 周囲からの評価が高い

このようなタイプの人は自分のキャパシティを超えて頑張ってしまったり、人よりもストレスを感じやすくしかもそれを溜め込みやすい傾向にあります。

どうしてなってしまうの?うつ病になる原因!

うつ病が発生する詳しいメカニズムは未だ研究段階ですが、いくつかわかっていることもあります。

私達の体の中では、常に神経の間で様々な情報をやり取りしています。その情報のやり取りを仲介する「神経伝達物質」というものがあり、うつ病患者はある種の神経伝達物質が一般の人に比べて少なくなっていることがわかっています。

このセロトニンという神経伝達物質が減る主な原因はストレスだと言われています。従ってうつ病になる主な原因は、過剰なストレスを長い時間受け続けたり、上手にストレスを発散させられないことであると考えられています。

また、遺伝的にもともとセロトニンの分泌量が少ない人もいるようで、うつ病は遺伝すると結論する研究結果もあります。

秋と冬に調子が悪い?季節性のうつ病!

ウインターブルー

抑うつ気分が長期的に続くうつ病ですが、季節によってその症状の出方に差がある場合も多いようです。特に多いのが、秋から冬にかけての季節にうつ病の症状がひどくなる冬季うつ病です。

日が短くて、気温の低い時期に症状が悪くなり、春になって暖かくなるとまた少し症状が改善するということを繰り返すようです。

なぜ秋~冬にかけて症状がひどくなる?

冬季にうつ病の発症・悪化が増加する理由は、主に日照時間が関係していると考えられています。日照時間が減ることによって、脳内の「セロトニントランスポーター」というタンパク質の量が増加することです。

セロトニントランスポーターは、体内でセロトニンを回収する役割をしています。そのため、脳が受容できるセロトニンの量が減少してしまうのです。

悪化を防ぐにはどうすれば良い?!季節性うつ病の改善策!

冬季のうつ病の悪化を防ぐためのポイントをご紹介します。

自宅・仕事場を明るくする

上で述べたとおり、冬季うつ病の直接的な原因は日照時間の減少にあります。日光を積極的に浴びるようにすることはもちろん効果的ですが、冬の日が短い時期はなかなかそうもいきません。

そこで日光を浴びる代わりに、自宅や職場の照明を明るいものに取り替えると、冬季うつの予防・改善になります。

運動を心がける

寒い時期は運動をすること自体すこしためらいがちですが、ここでひと踏ん張りして運動する習慣を身に着けましょう。運動習慣があると、気持ちのコントロールに役立つ神経伝達物質の分泌が盛んになります。

冬季に限らず、通年でうつ病の予防や改善に効果的ですが、普段運動習慣のある人が寒くなって運動をやめてしまうことで、うつを悪化させてしまうこともあるということです。

こちらも見逃せない?夏季うつ病!

冬季うつ病に比べると少数派ですが、夏に調子が悪くなる夏季うつ病というものもあります。

症状の特徴

主な症状は食欲低下や不眠などの不調です。それに加えて気分の落ち込みや不安感など、精神的な不調を伴うことが多いです。

時期が時期だけに夏バテと勘違いしてしまいがちですが、精神症状に目を向けて夏季うつ病も見逃さないようにしましょう!

予防のためには?

夏季うつ病の予防には次のようなことが有効とされています。

  • 日光の浴びすぎ(疲労が蓄積する)
  • 冷房による冷え過ぎに注意する
  • 食欲がなくても栄養のあるものを食べる

これらのことは、うつ病以外の病気にも繋がる可能性がありますので、ぜひとも注意していただきたいことです。

まとめ

うつ病とは、神経伝達物質の減少によって気分がひどく落ち込んだり、喜びを感じられなくなる病気です。季節によって症状の現れ方には差がある場合があります。

秋から冬にかけて症状がひどくなる冬季うつ病では、家や職場を明るくして明るい環境に見を置くように心がけましょう。また運動習慣も欠かさないように注意します。

夏場に症状が悪くなる夏季うつ病は、夏バテと症状が似ているため、見逃さないように注意しましょう。それと同時に、睡眠、食事を基本とする健康管理に気をつけましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ