「強迫性障害」の記事一覧

エンドレス手洗い!これが典型的な強迫性障害の5つの不潔恐怖

外出したら手洗い、うがいを励行する。人混みの中ではマスクをした方が安全。ある意味、日本人にとっては常識とも言える清潔に対する概念です。 しかし、強迫性障害の不潔恐怖とは異なるものでもあります。何かする度に手を洗わないと気・・・

大丈夫が分からない?強迫性障害の確認行為5つの典型例

「大丈夫」という概念は、人によってそれぞれです。確認が面倒でほとんどしないという人から何事もキッチリと確認しなくては気が済まない人まで「確認しました大丈夫です」というレベルは様々です。 ところが、強迫性障害の確認行為は少・・・

ある特定の思考に囚われる病気?強迫行為にこだわる5つの理由

もしかしたら、思考に囚われるという状況を想像しにくいかもしれません。健康な人でも、よく思考に囚われて行動してしまう事はあります。それは、どんな時かと言えば自分の欲望に抗えない時を想像してもらうと分かりやすいかもしれません・・・

根拠のない加害者意識?強迫性障害が怖がる5つの加害恐怖

読んで字のごとく、加害恐怖というのは、自分が誰かに何か危害を加えてしまうのでは?加えてしまったのでは?という不安や恐怖感の事です。健康な人でも、自分の行為に思い当たる事があれば、そんな不安を持ってしまう事があります。 し・・・

とらわれの病が及ぼす影響?強迫性障害5つの症状と人間関係

自分の思考に囚われるという経験をした事が全く無いという人はいないはずです。でも、一瞬だけ囚われたとしても、すぐに忘れたり手放したりする事で、その思考に囚われて日常生活に影響を及ぼすほどでは無いという事がほとんどでしょう。・・・

単なる心配性ではない?強迫性障害の危険な観念5つの特徴

「観念」という言葉の意味を辞書で調べてみると、一つ目は「物事に対して持つ考えの事」と出てきます。そして二つ目に出てくるのは「諦めて状況を受け入れること」と出てきます。強迫性障害の人の強迫症状を見ていると、実に両方が当ては・・・

わかっているけどやめられない病気!強迫性障害の5つの特徴

頭では分かっている。でも、その行為を止めようとすると何故だか分からないけど苦しくて止められない。強迫性障害の人によくある状況です。まさに「分かっているけど、止められない」その一言がぴったりだと言えるでしょう。 だからと言・・・

本当にタダの自意識過剰でしつこい人?強迫性障害の5つ特徴

脅迫という言葉と強迫という言葉をよく勘違いされてしまう事があります。前者の脅迫は誰かを脅して自分が利益を得ようとする犯罪行為ですが、強迫は自分の思考などによって自分自身を追い詰めていくような行為という違いがあります。 そ・・・

考えれば考えるほど不安!典型的な強迫性障害の5つの思考

誰にでも、日常生活の中で、不安に感じたり、心配したりする場面は数えられないほどあります。ですが、そんな単純な不安や心配では片付けられないのが、強迫性障害の人たちの特有の思考回路だと言えます。 不安や心配というネガティブな・・・

自分の思考に囚われる事は治せる?強迫性障害の5つの治療法

強迫性障害の人と付き合って行く上で、その症状を和らげようと思って、優しさや思いやりで言った事や行った事が知らないうちに、彼らの症状を悪化させている事もあります。 俗に「とらわれ」の病と言われるように、それが「気のせい」「・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ