いわゆるサイコパス!危険な反社会性パーソナリティ障害の5大特徴

罪の意識がなく、笑いながら殺人事件を起こすような人の事をサイコパスというのだろう。と言ったように悪い事を平気でやる人の代名詞として一般的にも浸透してきています。サイコパスの全てが必ずしも殺人などの犯罪を犯すわけではありません。

かと言って、身近にサイコパスだとしか思えないような人がいたら、どう対応していいのか分からないですし、安易に更生させようというようなスタンスで関わると大変な事に巻き込まれてしまう恐れもあります。

そんな人間関係の中で常に困難が伴うサイコパスとも呼ばれる反社会性パーソナリティ障害の5つの特徴についてまとめてみました。

行動の無責任さに驚かされる!責任感の欠如

責任感を求める事の方が無駄な労力だと感じてしまうかもしれません。少なくとも自分で始めた事は最後までやり遂げる事が日本人の美徳だと考えている人にとっては、全く理解不能な存在と言えます。

欲望の赴くまま

自由な発想で色んな事を思いつき、行動力もあるため、人の目には、一見いわゆる「デキる人」に映るでしょう。手当たり次第に色んな事に手を出し、欲望の赴くままに生きているとも言えます。

例えば、新しいプロジェクトや事業などを開始すると、最初のうちは精力的に活動し、素晴らしいアイデアや提案を次々と繰り出し、周囲を巻き込みながら一大事業に急成長するという事もあり得ます。

飽きたら終わり

ですが、ある日突然終焉を迎えます。一番ありがちな理由として挙げられるとすれば結果的に「飽きた」という事かもしれません。既に、興味は次の事に移っていたり、期待したほどの収穫がない、何かトラブルを抱えてしまった。そんな、つまづきを根気よく乗り越えられません。

しかも、自分で広げた風呂敷を畳む事もせずに誰かに押し付けたり、放置したりするのが得意です。そうする事で他の人に迷惑をかけるという事は全く考えませんし、自分に負うべき責任があるなんて全く思いません。

そればかりか、押し付けられた人たちが納得するような説明や説得も得意なため、自分たちが尻拭いを押し付けられていると気づかないままに押し付けられていたりする事も多く、気づかれないまま逃げられるという事もあり得ます。

他人の気持ちに興味がない!共感する心の欠如

自分の興味や欲望だけが中心にあるため、他人の気持ちを察したり推測する事自体に興味がありません。ですから、上辺では合わせる事ができても、じっくりと深く他人と関わる事ができません。

まず自分が前へ!

よく集団の中で仕切りたがる人がいます。往々にして仕切りたがる人は面倒見の良い人がほとんどです。ですが、たまに自分の都合よく事を運ぶためだけに仕切ったんじゃないか?と思うような人が現れます。そういう人には要注意です。

前に出る時も、必ず自分の意思で前に出ました。という印象を受けません。他に誰もいなくて、誰々さんから強く推されたから断れなくて、と言ったように自分以外の人の意思で前に出てくるような人でしょう。

悪い心をくすぐる

そうやって前に出てきたら、自分の都合の良い方向へ集団を導く事は得意でしょう。理想論やきれいごとを言う人を嫌う傾向があります。誰の心の中にも善と悪は共存しています。普通の人は「そんな事言えたら良いのに」と思っていても言わない実行しないなど善悪がせめぎ合いながらも均衡を保てています。

しかし、サイコパスの人は、そこをくすぐって均衡を崩すのが得意です。平気で人が言わない「そんな事」を言いますし、それが間違っていない事だと人を納得させるような話術を持ち合わせている事がほとんどです。そうやって、集団心理をコントロールしながら自分の都合の良い方向へ持って行きます。

大人でも良い悪いの判別ができない!良心の欠如

サイコパスが犯罪を犯してしまう決定的なポイントがここです。越えてはいけない一線を越える事に躊躇しません。自分がやっている事が良い事なのか悪い事なのか?そういった考え方が存在しないと言っても良いでしょう。

善悪の判断

欲望に抗えずに、欲望に身を任せてしまった時。ほとんどの人は満たされた気持ちと同時に働かなかった自制心で自分を責めたり罪悪感に苛まれてしまう事でしょう。日常の中の些細な出来事でも普通の人は無意識の内に、そうやって善悪をジャッジしながら生きています。

ところが、反社会性パーソナリティ障害の人たちは、それが機能しないのです。そればかりか欲望に身を任せた結果、得られるものは満たされた気持ちに加えて、もっとより大きな達成感を求めてしまいます。

良心の欠如?

普通の人にある善悪のジャッジ機能が良心だとしたら、反社会性パーソナリティ障害の人は良心が欠如しています。そして、単に欠如しているだけでなく、悪の欲望の方が善の欲望よりも自分を満足させ大きな達成感をもたらすものだと感じます。

その結果、より大きな欲望を追い求め続け、この一線を越えてしまったら犯罪者だという最後の一線でさえもなんの躊躇もなく越えていくのです。さらに自分が犯罪者となっても後悔や反省はないでしょう。間違った事、悪い事をしたという認識がないという事は、そういう事なのです。

平気で嘘だと分かる嘘をつく!罪悪感の欠如

普通の人は、嘘をつく事に大抵は抵抗感や罪悪感を感じます。それは真実が正しい事で嘘は良くない事だという認識の元での考え方です。その認識がなければ、嘘をつく事は呼吸する事、食事をする事と何ら違いのない事なのかもしれません。

嘘の必要性

どうして嘘をつくのかと言えば、真実が自分にとって都合の悪い事だからなのではないでしょうか?真実ではない事を口にする事に普通であれば、迷いを感じたり、抵抗を覚えたりするでしょう。

それは、その嘘が相手や誰かにバレた時、自分は悪い人間だと判断される事に恐怖や不安を感じるから嘘をつく事に迷いや抵抗を覚え、罪悪感を感じるのではないでしょうか?

それが、相手を思うが故の、いわゆる優しさの嘘であったとしても、それが本当に必要な嘘だったのだろうか?と罪悪感さえも感じる事でしょう。嘘をつくという事は、普通の人にとって、それほどにエネルギーを必要とする事でもあります。

嘘は生活の一部

しかし、良心や罪悪感が存在しないような反社会性パーソナリティ障害の人の場合、自分にとって都合の悪いが真実であれば、真実が抹消され、自分にとって都合の良い嘘が真実であるかのような状態になります。

本人にとっては、まるで真実であるかのように感じていますから、嘘をつくことは当然の事です。もしも、周囲の人たちが、その嘘に気づいたとしても最初から良心や罪悪感は存在しないのですから、真実を話す事も嘘をつく事も大差のない事でしょう。

どちらが自分にとって都合が良いか?それだけなのかもしれません。

結果的に自分のため!徹底的な利己主義者

自分の興味が悪い方向に向かずに、致命的な一線を越えずに生きられたならという場合に限ってではありますが、素晴らしく徹底した利己追求主義は、時として社会的な成功をおさめる事もあるほどです。

興味は自分の利益のみ

誰でも、まず自分が一番大切だと思える事は当たり前の事です。同時に自分以外の人の事も大切に思える気持ちがなければ円滑な人間関係を築き保つことは難しいでしょう。

反社会性パーソナリティ障害の人の場合、自分を大切にするというよりも、自分の求める利益を何よりも大切にするためには、他人を犠牲にする事も厭わないでしょう。そういう面から見ると、自分の事を本当の意味で大切にできていないということは明らかです。

普通は真似できない事

普通の感覚で言えば、自分を大切にするという事は、自分の体、自分の気持ち、自分に関わる全ての人や物事を大切にするという事です。そうやって自分の命や価値観は守られます。しかし、反社会性パーソナリティ障害の人が大切にしたいものは、自分の欲望を満たす事のみです。

そのためであれば、自分以外の人や物事など興味の対象外で、自分の体や気持ちでさえも、どうでも良いもののように感じるでしょう。その対象が仕事に向いた時などには、社会的な賞賛や地位を得るような結果にさえ繋がります。

まとめ

反社会性パーソナリティ障害の人は、常識や非常識といった普通の概念の中で生きていない事がほとんどです。根本的な部分で歪んだ認知を持っているため、軽い気持ちで周囲が修正をしようとすれば、逆に痛い目にあう事になるのは理解していただけたのではないでしょうか。

自分を守るという視点で言うならば、基本的に反社会性パーソナリティ障害の人とは深い関わりを持たない事が唯一の方法です。最後に反社会性パーソナリティ障害の5大特徴をリストにまとめておきます。

    <反社会性パーソナリティ障害の5大特徴>

  • 自分の行動に責任を負わない。無責任さが目立つ。
  • 人の気持ちに共感しない。興味がない。
  • 善悪の判断ができない。罪悪感が欠如している。
  • 大きな嘘や小さな嘘に関わらず、平気で嘘をつく。
  • 冷血さを感じるほどの利己主義者

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ