不安障害とはどんな病気?原因や治療法、対策まで解説!

長時間労働や育児、家事などの負担が多い現代社会では、データ上、3人に1人が、なんらかの精神疾患を抱えています。

ストレスから発生する病気では「うつ病」が有名ですが、他にもストレスから発生する病気は数多くあります。そのうちの1つが「不安障害」です。

「うつ病」に比べて、「不安障害」は、あまり広く認知されていませんが、患者数は非常に多い病気です。今や誰でもなりうる病気と言っても過言ではありません。

そこで、不安障害とは一体どういうものなのか解説していきます。

不安障害って何?「過剰」がキーワード!

不安障害とは?

不安障害は、ある出来事を過剰なまでに反芻もしくは心配したり、恐怖を覚えたりするということを特徴とした精神障害の一種です。

不安障害における「不安」の定義は?

この「不安」というものも、「現実に基づくものではない、想像の未来に対するもの」と定義されています。つまり、「これから起こるかもしれないし、起こらないかもしれない不確かなもの」という要素を孕んだものに対して過剰に反応することを指します。

具体的な例は?当てはまるものがあれば注意!

不安障害は、主に4つに分かれます。

    <不安障害と分類されるもの>

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 全般性不安障害
  • 恐怖症

これらについて、詳しく解説していきます。

①パニック障害

パニック障害は、突然の苦しい症状に加え、「死」という概念に強い不安感を抱く病気です。

この「突然の苦しい症状」で主に見られるものには、突然激しい動機や発汗、脈拍の増加、ふるえや息苦しさ、吐き気、喉の詰まり感、胸部不快感があげられます。

パニック障害による症状は長くても30分~1時間程度で回復しますが、この症状が悪化すると「また同じ症状が出たらどうしよう」という、不確定な未来への不安から外出が困難となってしまい、日常生活に支障をきたすケースもあります。

②社会不安障害

社会不安障害は、別名「社交不安障害」や「社交不安症」、「社交恐怖」とも言われています。「社会」という漠然としたものに対して不安を感じる病気です。

具体的な事例としては、人前での発表、上司などの目上の人間との会話、他人との食事など、他者から注目されることが大きなストレスとなっているケースが多いです。

このような機会を避け続けることにより、通学や通勤が困難になる、自宅から出ることができないという事態に陥る場合もあります。

③全般性不安障害

全般性不安障害は、またの名を「全般不安症」と言います。具体的な対象があるというよりも、あらゆる出来事や活動に対して過剰に不安を覚えます。また長期的に続くことが大きな特徴です。

単純に性格に因るものではなく、今までよりも過度に何かを不安視する傾向にあったり、それが長期的に続いたりしている場合は、一度全般性不安障害を疑ってみるのが良いと言えます。

④恐怖症

全般性不安障害とは異なり、ある特定の出来事や場所、状況に対して過剰な恐怖を抱くことを「恐怖症(限局性恐怖症)」と言います。恐怖症については種類が多数あり、一般的によく知られているものとして、高所恐怖症や先端恐怖症、対人恐怖症があります。

不安障害の原因って?4つの要因を解説!

不安障害の原因は、主に4つあげられます。

①性格

元来、神経質であったり完璧主義であったりすると、不安障害に発展する確率が高くなります。様々なことに慎重になりすぎたり、こだわりすぎたりしてしまうことにより、不安が増大し、それにとらわれてしまいがちになってしまいます。

②ストレス

大きなショックを受けたり、慢性的にストレスにさらされたりすることで、いつもは受け流せるようなことに対しても過剰な反応になってしまいやすくなります。その過剰な反応が長期間続くことにより、不安障害に転じてしまうケースもあります。

③過去の体験

過去に大きな不安や恐怖を感じた経験がある場合は、「また同じことが起きてしまったらどうしよう」と過剰に心配・不安を感じるようになり、不安障害になりやすくなります。

④遺伝

不安障害は、遺伝の影響も少なからずあります。必ずしも遺伝するとは言えませんが、家系に不安障害の人が多い場合は、発症する可能性もあります。

不安障害の治療法はあるの?3つの手段が有効!

不安障害に有効な治療方法は、主に3つあります。

①薬物療法

抗うつ剤や抗不安薬によって、不安障害が改善されたというケースが多く見られています。場合によっては、漢方薬が処方されることもあります。特に抗不安薬は効き目が15~20分と短時間で現れるものもあるので、よく使用されています。ただし、副作用として眠気が強く出やすいものが多いので、運転をする可能性がある人は注意が必要です。

②生活習慣の改善

夜更かしや喫煙、過度のアルコールの摂取、食生活の乱れや運動不足といった生活習慣も、不安を呼び起こす可能性があります。自分の生活習慣を鑑みて、規則正しい生活を送ることにより、不安は解消されやすくなります。

③カウンセリング

不安障害については、カウンセリングの有効性が高いです。不安の原点を洗い出し、向き合うことによって、それらを乗り越えるという成功体験によって不安が上書きされます。また、薬物療法とは違い、カウンセリングは再発率も非常に低いです。

不安障害に予防策ってあるの?ストレスを抱え込まないことが大切!

不安障害は、考え込みすぎる人や神経質な人が発症する傾向が見られます。よって、一人でストレスを抱え込みすぎないことが大切です。運動をしたり音楽を聞いたりするなど、自分なりのストレス解消法を持っていることや、不安に思っていることを誰かに話すだけでも、精神的な負担が減り、不安障害をおこしにくくなります。

不安障害について1番大切なことは?何事も「過剰」は禁物!

不安障害について、原因や治療法、予防策について紹介しました。不安障害は慎重で細かい部分を気にする人に多く見られます。また、そういった性格の人は何事も一人で抱え込みすぎる傾向にあります。過剰に反応しすぎないように、常日頃から何事も一人で抱えようとせず、誰かに話をしたり、こまめにストレスを発散させたりすることが大切です。

不安障害は、風邪や腹痛のように、すぐに治る病気ではありません。一度発症すると長期的な治療になるパターンが多い病気ですので、そうなる前に早めに対策をすることが重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ