気分転換で症状を改善へ!自分でできる自律神経失調症対策

憂鬱、疲れが取れない、気持ちが沈んでしまう、そんな不定愁訴が多々起こる自律神経失調症ですが、日本人が発症する理由の多くは「ストレス要因との距離感」にあります。自律神経失調症を引き起こす重たいストレスが常に側にある状態で距離を取ろうにもとることができないのです。

そしてそんな時、日本人の多くは「自分が我慢する事で丸く収まる」と自己犠牲の行動に出る事が多いのです。そこで今回はストレスとの距離を上手に扱う自律神経失調症を改善する気分転換法について紹介をします。

気持ちをリセット!気分転換のススメ

自律神経がアンバランスになっている時、人はとにかく情緒が不安定になります。自分の感情をうまく扱えなくなり、自分でも自分の事がわからなくなるという様な感覚になりますのです。

    <自律神経が乱れている時の情緒>

  • 些細な事で突然不安になる
  • 些細な事で突然怒りが爆発する
  • 理由も無しに何故かイライラする
  • 心がフワフワしている感じになる
  • イライラの自分と冷静な自分を自覚しているのにコントロールはできない

女性などが自律神経のバランスを崩した時には特に「自分が自分ではない感じがする」といった感覚を覚えるようです。心の暴走を冷静に眺めている自分がいるのが良くわかると言います。わかるけど心に働きかける事ができない。見てるだけしかできないのが自律神経失調症です。

そんな時にこそ「気分転換」という方法でバラバラになった心と身体に「新鮮な空気」を送り込みましょう。気分転換・リフレッシュというのはいわば緩やかなショック療法のようなものです。バラバラになった心身に刺激を送り元の安定を取り戻すきっかけとしてもらうのです。

「どんより」を引き摺らない

自律神経失調症の症状が出ている時、気持ちは常に曇り空のようにどんよりとしています。その状態を引き摺ってしまうと症状は慢性化を起こし中々改善に向かいません。見守るよりも早めの対処が大切になります。

心身の空気の入れ替えが大切

どんよりとした気分の時こそ気分転換が重要です。どんよりした状態は「そうさせる環境」が必ずあります。その環境から一時的に離れて、その状況を考える必要のない場所へと心身を導く。それによって心身の空気の入れ替えを図ります。それが気分転換の本質です。

簡単・手軽で効果大の鉄板!ウォーキング

まず、気分転換の方法として最も手軽なものは「ウォーキング」となります。靴を履いて外に出ればもう開始という手軽さが魅力です。運動効率は歩き方とコースで調整が可能ですので自分にあった形に調整をしましょう。

思い立った時がタイミング

ウォーキングは道具を必要としません。靴も普通の靴で十分取り組めますので「思い立ったら吉日」とばかりに即行動に移せます。こういった気分転換はタイミングが大事ですので「歩きたい」と思ったら即歩きましょう。少しでも心は大きなリフレッシュとなります。

ノルディックにするのも良い

只気分転換をするのではなく、運動としてしっかり取り組みたいと考える場合にはノルディックウォーキングがおススメです。マラソン程の負荷はなく、マラソンともウォーキングとも少し異なる運動なので上半身も下半身もバランス良く使う事が出来ます。

効果アップならマラソン!歩行より効果的!

心身のリフレッシュ効果をもう少し強く出したい場合にはマラソン等がお勧めです。マラソンにする事によって運動負荷が高まり、特に心拍への負荷が高くなりますので運動終了後の達成感が格段に違います。

風を感じて心身の換気を!

マラソンの魅力は「風をきって走れる」という点です。初めはスローペースからですが慣れてくると跳ねるように走れるようになりとても気持ち良くなります。そこまでいけば心身のリフレッシュ効果は倍増です。

非日常でリフレッシュ!スイミングで遊泳する

自律神経失調症の改善法としてスイミングはとても効果的です。全身運動であり、室内プールの独特の空気もまた身体には良い刺激となります。日常には無い空間ですので気分転換としてとても優秀な環境と運動量です。

独特の疲労感がリズムを整える

水泳は水圧が常に掛かり、全身を使いながらの運動になります。そしてあがった後の独特の疲労感は水泳ならではです。しっかり身体を使い、しっかりと疲労感を身体で感じれるというのは自律神経の調整目的にはとても優れた刺激となります。

広い空でリフレッシュ!トレッキングで気分転換

環境による気分転換を図るには「トレッキング」等も効果的です。低めの山に登って町を見下ろすだけでも気持ちの良い景色に触れられますので心の空気の入れ替えになります。

自然の力で気分転換を

トレッキングの魅力は「登りと下り」のルートに自然溢れる環境、頂上からの景色といった「非日常」と「人間が少数派の環境」となります。動物が主役の世界に身を置くというのはとても良い気分転換になるのです。

温泉と組み合わせて効果倍増

トレッキングと組み合わせて更に効果倍増となるのは「温泉」です。適度な運動と自然の気分転換に加えて「温泉」による「温熱療法」を加えると副交感神経がしっかり刺激されてリラックスできます。

運動が最適!自律神経失調症の気分転換

以上、自律神経失調症に悩んでいる人の気分転換の方法について紹介をしました。自律神経のバランスを崩している人は殆どが「息が詰まる」ような状況に苦しんでいます。ですので自律神経にバランスを与える第一歩として「気分転換」はとても効果的です。

とにかく大切な事は「今とは違う変化を取り入れる」という事です。自律神経が緊張している環境から自分の身体を一旦離し、小さなリセットを心身に与えてあげる事。それが自律神経失調症の改善へのきっかけとなります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ