ノンスタの石田さんがうつ病に!どうやって克服したのか?

2008年にM-1グランプリで優勝された、ノンスタイルの石田明さん。バラエティー番組に出演されながらも、重度のうつ病と闘っていました。

周囲の人に助けられながら、現在は自分でうつ病から「回復した」と語っています。

父親の借金と対人恐怖症

石田さんは20代半ばで、うつ病を発症しています。

もともと人付き合いが苦手だった石田さんは、バラエティー番組のトークが苦手でした。芸人であるにも関わらず、トークが苦手な自分を「芸人には向いていない」という強い葛藤に悩まされ、対人恐怖症になってしまいます

また父親が多額の借金をしており、その保証人に石田さんがなっていたのも、逃れられない強い不安を生み出しました。芸人なのに対人恐怖症、そして父親の借実に苦しみ、石田さんは、うつ病を発症します。

大量の薬物投与とカウンセリング

石田さんは、うつ病の治療のため病院に通院します。そこで、カウンセリングを受けられました。

カウンセリングの内容は「壁に不満を言いながら粘土を投げつける」「毎週写真をたくさん撮って、その写真を見ながら話をする」という内容でした。石田さんは、指導された通りに実践しますが、やっている自分がアホに見えるという理由からカウンセリングを中断されました。

病院からは、大量の薬物を服用されていました。相方の井上さんは、それを見て非常に心配したそうですが、自分が心配することで、石田さんを余計に不安にさせてしまう、という気遣いから、あえて気がつかないふりをしていました。

また石田さんは、過呼吸にも悩まされており、メトロノームでリズムを取りながら呼吸を整えて、発作が起きないようにしていました。

周囲の人と話すことで回復へ

同じお笑い芸人のブラックマヨネーズの吉田さんは、石田さんの自宅へ訪ねた時に、自殺防止のネットがベランダに張られているのを発見します。それをきっかけに、お互いの心のうちを話すようになりました。

石田さんにとって、吉田さんと話せたことが回復への大きな手掛かりになりました。また漫才コンビのロザンにも、ノンスタイルの井上さんとのやりたい仕事の方向性の違いから、衝突してしまう悩みを相談しました。

このように周囲の人に、石田さんの素直な持ちを話していくことで、うつ病から回復したのです。石田さんは、当時の辛かった記憶はないそうです。しかし、このように当時の事を話せるようになったことで、気持ちがとても楽になることができました。

石田さんは、気持ちを話すことが自分を癒すのだと気がつかれて回復され、今も芸人としてコントや漫才、音楽など様々な場所で活躍されています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ