朝食を抜くとなぜうつになりやすいのか?

朝食朝食抜きの人は少なくありません。朝は時間がない、食欲がでないという理由で、野菜ジュースなどの飲み物だけで済ませてしまう人もいます。

朝食をぬくとうつになるともいわれています。一日に活動するのに、まずは朝食でエネルギーを摂らなければ、エネルギー不足で体が疲れやすくなります。

朝食を抜くとどうなるの?

朝食を抜くと自律神経も乱れがちになります。交感神経が優位になって、イライラしたり、ひどくなると胃潰瘍などを発症します。

食事は体のリズムを調えるのに重要な役割を果たします。朝食は一日3食の中で一番抜かれがちですが、生活のリズムの為にもできるだけ一定の時間にきちんと食べるようにしましょう。

また、朝食抜きは、ストレスに弱くなってしまいます。朝食抜きは、前日の夕食から半日以上エネルギーを補充していないということです。

朝食を抜くとなぜうつになるの?

その為、脳の中ではエネルギー源のブドウ糖が不足しています。それが常態化すると、脳に疲労が溜まり、体も疲れやすくなりうつになるといわれています。

特に脳のエネルギー源のブドウ糖の代謝にかかせないビタミンB1が不足すると大変です。ビタミンB1が足りないと、体が疲れやすく、脳の働きが低下します。ビタミンB1は、玄米、レバー、豚肉、うなぎ、たらこ、さけ、大豆、ピーナッツなどに多く含まれます。

熱に弱く水にとけやすいので、調理方に工夫が必要です。 人はストレスを感じると、たんぱく質の分解が促進されます。なので、ストレスを常に感じている人は、消費されたたんぱく質を補わなくてはうつになるのです。

炭水化物はエネルギーとして使われる時は、血液中のブドウ糖に変えられます。炭水化物はブドウ糖になる前にグリコーゲンとなり、体にストックされます。

この貯蔵量はじっとしていても、12時間でつきてしまいます。なぜならじっとしていても脳は活発に活動しているからです。

朝ご飯を食べなければブドウ糖は午前中につきてしまい、体も脳もしっかり働きません。うつ状態の人は、普通の状態の人より疲れやすく、体も不調も感じやすくなります。なるべくしっかり朝ご飯を食べて一日元気でいられるようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ