自律神経失調症と食事の関係は?3つの効果的な食事方法を紹介!

自律神経失調症の原因の1つに、不規則な生活習慣があります。不規則な生活を続けることで自律神経が乱れ、体が正常に機能することができなくなってしまうというのが理由です。

では、規則正しい生活というものは何が作っているのかと言うと、それは体のリズムです。特に食事は、体のリズムを形成するのに大きく役立っています。体のリズムを形成するということは、すなわち規則正しい生活を送るという意味でもあります。

そこで、自律神経失調症における食事の有効性と、効果的な食事の仕方を解説します。

自律神経失調症と食事はどんな関係があるの?仕組みに注目!

自律神経の仕組みは?

自律神経は、人間を活動的にさせる「交感神経」と、人間を休息させる「副交感神経」の2つから成り立っています。この2つがバランスを保つことにより、人間の体は正常に機能し、生活することができます。

自律神経と食事の関係性は?

自律神経のバランスを保つには、規則正しい生活が非常に重要です。交感神経は朝起きたときから上昇し、夜に向けて落ち着いていきます。これが自律神経の正しいリズムです。

正しい食生活を送ることは、この正しいリズムを作り出すのに大いに役立ちます。逆に不規則なリズムの食生活は、体にとってストレスになり、自律神経を乱れさせることにつながってしまいます。

自律神経失調症に効果的な食事のとり方は?3つを紹介!

自律神経失調症の予防や改善に役立つ食事のとり方は3つあります。

    <自律神経失調症に効果的な食事の仕方>

  • 朝食をとる
  • 3食を決まった時間にとる
  • 楽しく食べる

これら3つについて、1つずつ掘り下げていきます。

朝食をとることの大切さは?朝食はエネルギーになる!

朝食をとるということは、体を目覚めさせること

朝食をとることは、自律神経のリズムを整えることに大きく貢献します。なぜならば、朝食をとるということは体を目覚めさせることとイコールであるからです。

体を目覚めさせてエネルギーを届けると人は活動的になる

脳のエネルギーとなるのは、「ブドウ糖」です。このブドウ糖がエネルギーに変換されて脳に届くことにより、交感神経が優位になり、人は活動的になります。つまり、体が目覚めるということです。

朝は食欲がない、という理由で朝食をとらない人が増えていますが、朝食をとれないということは、そもそも体のリズムが正常なものではない可能性があります。規則正しい生活をしているか考えてみることも大切です。

3食を決まった時間にとる効果は?秘密は体内時計にあり!

3食を同じ時間にとることが推奨される理由は?

3食決まった時間に食事をとることは、体のリズムを整えることにつながります。つまり、自律神経のバランスを整えることになります。よって、できる限り同じ時間に食事をとることが理想です。

難しければ、臨機応変に対応することも大切!

しかし、仕事や突然のアクシデントが生じて、毎回同じ時間に食事をとることができないというパターンも存在します。

そんな中で「何が何でも同じ時間に食事をしなければならない」と考えることは、ストレスになってしまうので逆効果になってしまいます。その場合はせめて、「朝食だけでも」「昼食だけでも」「夕食だけでも」と、自分自身で食事をとる時間を決めてしまうのも有効です。それだけでも、自律神経のバランスを良くするのに大きく役立ちます。

食事を楽しくするのは何のため?些細な心がけも重要!

食事を楽しむことの効果は?

食事を楽しむということは、当たり前のようで意外と出来ていない人が多いものです。ゆっくりと食事をすることにより、自律神経の中でもリラックス効果が期待される副交感神経が働きます。副交感神経が働くことで体が休息モードになり、副交感神経が作用するときに活動する消化促進作用が働きます

消化が促進されると、体が元気になっていきます。人が思っている以上に、食事を楽しむという行為は非常に重要なものです。

食事を楽しまないとどんなことが起きる?

食事を楽しむことができず、イライラしながら食事をしていると、交感神経が優位になります。交感神経が優位になっているということは、消化促進作用が働く副交感神経が働かないということでもあります。

そうなると胃腸が動かなくなり、消化吸収能力も下がってしまいます。それは結果的に、体の回復も遅くなり、常に疲労を溜め込んでいる状態へとつながってしまいます。

食事の効果的なとり方で大切なことは?「規則正しく」が重要!

自律神経と食事について、有効性と3つの効果的な食事のとり方を紹介しました。自律神経と食事は密接に関わっています。食事をとることは交感神経にも、副交感神経にも良い作用を与えます。その効果を発揮するためには、規則正しい食生活が何よりも重要です。

規則正しい食生活をすることで、自ずと自律神経のバランスも整っていきます。結果、自律神経失調症の改善に大きく役立つと言えます。

ただし、過剰に意識しすぎるのは自律神経失調症の原因の1つである「ストレス」になりかねません。自分にとって無理のない範囲で意識していくことが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ