うつ病にかかったら仕事はどうなる?休職をしてわかったこと 男性 34歳 教員 M.S.さん

教師として働き始めて10年を経過した頃から、管理職を任されるようになりました。上司からは管理能力が不足していると責められ、同僚や部下からは学校や上司に対する不平・不満をぶつけられるようになりました。

言ってみれば上司と部下の板挟みの状態になり、私は両者の間に入って潤滑油のように機能できればと思いました。しかし現実にはうまくいかず、ストレスを抱え込むばかりとなってしまいました。

体に異変を感じて病院へ

管理職の業務が負担になるにつれ、体に異変を感じるようになりました。最初に感じたのは食欲不振で、食事を残してしまうことが多くなりました。

また不眠の症状も現れるようになり、時には一睡もしないまま仕事に向かうこともありました。やがて、職場においても単純な集計作業でさえ時間がかかってしまうようになり、同僚からも私の様子がおかしいと指摘されるほどになってしまいました。

また同時に激しい目まいや立ちくらみを感じるようになり、一度仕事を休んで精神科を受診することにしました。

うつ病を発症し休職することに

近所の精神科を受診したところうつ病と診断され、医師からは2週間の服薬と静養生活が必要と指示されました。うつ病について知識の無い私は、2週間休養すればまた仕事に復帰できると軽く考えていました。

しかし実際には2週間の静養生活を送っても症状は治まらず、医師からはさらに1か月間の静養を指示されました。このようにうつ病の治療が長引きそうであることから、このまま欠勤を続けるわけにもいかず職場には休職を届け出ることになりました。

休職中に困ったこと

休職している間にも、同僚からは何度か職場の様子がメールで送られてきました。私が休職することを快く思わない上司がいることや、仕事の引継ぎをしないまま休んでしまったことで職場が混乱していることを知り落ち込んでしまったこともありました。

時には自宅に問い合わせの電話がかかってきたこともあり、なかなか気の休まる時がありませんでした。また休職することにより給与収入が減ってしまう事も大きな問題となりました。

職場からは月給の1/3ほどが支給されましたが、家族の生活を支えるのには不十分でした。ただ後になって、親戚から傷病手当金の存在があることを教わりました。

傷病手当金の制度について職場からは説明が無かったので、親戚の助言が無かったらと思うとゾッとしました。うつ病の症状はその後、半年ほどの休職期間を経て回復しました。

一日のうち活動できる時間が増え、何かをしたいという活力も蘇るようになりました。休職することは遠回りをしているような気もしましたが、私にとっては必要な時間だったのだと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ