更年期障害としてのうつ病とは?渡辺正行も苦しんだ中年期のうつ病について

タレントとして様々な番組で活躍をされている「渡辺正行」さんと言えば、老若男女から愛される芸能人の一人ですよね。物腰が柔らかく、軽快なトークで司会やバラエティで活躍をされている印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

様々な番組で活躍されている渡辺さんですが、実は50才の頃から「うつ病」で悩んでいた経緯があるようです。今回はその真相と、どのようなうつ病になっていたのかについてご紹介させていただきます。

渡辺正行さんってどんな人?

まずは渡辺正行さんの経歴についてご紹介させていただきます。渡辺正行さんは1956年生まれ。明治大学を卒業されています。その後、劇団テアルト・エコーに所属して、ラサール石井さんと小宮孝泰さんと、コント赤信号というコントグループを結成しています。

多彩な才能を発揮

そこでは暴走族コントやチンピラコントで有名になり、「俺たちひょうきん族」というTV番組で一世を風靡しました。お笑い界への造詣も深く、お笑いコンテストの審査員として活躍をされたり、若手芸人の育成にも力を入れています。

その後は司会業やお一人での活躍へと拠点を移し、現在は様々な司会業や舞台、声優など幅広いジャンルで活躍をされています。

うつ病であったことを告白

そんな渡辺さんですが、ある番組内でご自身がうつ病であったことを告白されています。50歳の時、とある舞台のお仕事があったようですが、その際にとても緊張してしまったようです。その状態が治らず、医師からは「更年期障害の一つの症状である、うつ病の可能性が高い」と診断されました。現在は適切な治療を行って回復されています。

更年期障害とうつ病って関係があるの?

しかし、更年期障害と言う言葉は良く聞く言葉ですが、女性に良く聞く印象があります。また、更年期障害の症状の一つにうつ病が含まれるとはいったいどういう事でしょう?

男性でもなる!更年期障害

更年期障害とは、40代から50代にかけてホルモンの量が減ることで出現する症状を総称しています。更年期障害と聞くと、女性の方が多いような印象を持つ方が多いと思いますが、実は男性でも更年期障害になる可能性があるのです。そして、近年では男性で更年期障害を患う人が増えていると言われています。

男性によく見られる更年期障害の症状

男性によく見られる症状としては、性欲の低下・発汗・ほてり・寝汗・疲労感・不眠症状等が挙げられます。また、精神的な症状の一つとして「うつ病」になる可能性が高いことも指摘されています。

男性の更年期障害とうつ病

男性は更年期になると「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの値が低くなると言われています。テストステロンは、ストレスを低減させる効果があると言われており、この値が低くなることでストレスが高まり、気分が不安定になることが指摘されています。

嫌な記憶・感情を思い出しやすくなる

脳には記憶をしまっておく「扁桃体」と呼ばれる場所があるのですが、強い悲しみや嫌な記憶はこの扁桃体にしまわれており、蓋がされています。その蓋を補助する役割を担っているのがテストステロンです。そのため、テストステロンが減少することで、この蓋が開きやすくなり、過去の嫌なことや悲しい気持ちを思い出しやすくなってしまうのです。

睡眠障害を誘発する

また、テストステロンは深い睡眠を導きやすいと言われています。そのため、テストステロンが減少することで熟睡感を得にくくなり、睡眠障害へと繋がってしまいます。睡眠障害はうつ病の症状の一つであるとも言われており、睡眠のバランスが崩れることでよりうつ病を発症するリスクが高まってしまいます。

男性の更年期生障害が増えている理由とは?

男性の更年期障害が増えているのは、このテストステロンが異常に少なくなっていることが指摘されています。テストステロンは、交感神経と呼ばれる神経が活性化することでより減少してしまうと言われています。そのため、交感神経の働きを抑える必要があります。

ストレスの影響

交感神経を結に働かせてしまっているものは何でしょうか?それはストレスです。ストレスをかかると、体が緊張し、交感神経が活性化されます。男性の40代から50代は、会社で大きなストレスを感じたり、責任のある立場に立たされることが増える年齢でもあります。そのため、現在社会では男性の更年期障害が増えているのです。

専門外来で治療をすることが大切

男性の更年期障害に伴ううつ症状は、減少した男性ホルモンを補う必要があります。そのため、もし更年期の状態でうつ病かもしれないと感じられた場合は、専門外来を受診しましょう。一般的には精神科で対応してくれます。先ずは近くの精神科で医師に相談してみましょう。そして、ご自身の不調について伝えて、適切な治療を行ってみてください。

更年期障害専門外来

中には更年期障害を専門的に扱っている専門外来もあります。そこでは男性ホルモンの値を測定して、その人に合ったホルモン治療を実施しています。もし通医院可能な範囲に更年期障害を専門的に扱っている病院があれば、一度訪れてみると良いでしょう

まとめ:更年期障害になったら

男性でも女性でも更年期になり体のホルモンバランスが崩れることで、精神的にも身体的にも調子を崩してしまう事は避けることが出来ません。それは体の変化であり、社会生活を過ごすことが困難になるくらいの症状が出てしまった場合は治療の必要があります。その場合はしっかりと専門家に相談をしながら自分の体や心の調子と向き合っていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ