西原理恵子さんがうつ病だった?原因や症状、克服方法について

西原理恵子さんという漫画家をご存知でしょうか。

代表作の「毎日かあさん」は毎日新聞に掲載されていて、テレビアニメでも放送され、実写化して映画化もされています。

他にも数々の漫画や体験記や書籍を出版されていたり、テレビやCM、映画などでも活躍されています。

社会的に活躍していた西原さんですが、うつ病を経験し2年間の闘病生活を過ごしされていたのです。

どうしてうつ病になったの?うつ病に至る経緯

西原さんの元夫は戦場カメラマンの鴨志田穣さんでした。結婚して半年もたつと、鴨志田さんはお酒を飲んでは暴言を吐き暴れるようになります。

アルコール依存の夫におびえながら子供二人を抱えて6年の結婚生活を送りました。その間も、家計を支えるために辛い状況の中で必死にギャグ漫画を描き続けました。

そしてついに離婚を決意するのです。離婚後、張りつめていた糸が切れてしまったからなのか、生活費を稼ぐために忙しく働き過ぎたせいからか、突然、うつ病の症状がやってきたのです。

どのような症状が現れたの?うつ病の症状

離婚後、急に情緒が不安定になる時があり、急に涙があふれて止まらなくなってしまうことが何度もあったそうです。夜中に突然目が覚めて眠れなくなる睡眠障害も始まりました。

喉がものすごく乾いて、心臓の動悸が激しくなる状況にも陥りました。このような症状が現れ始め、西原さんは自分で「これは普通じゃない」と判断して病院へ行ったのです。彼女は作家として、他者をインタビューして執筆したり、自伝を書くこともあったので、自分を客観的に冷静に見つめる目を持っていました。

自分を冷静に見ることができたおかげで、彼女がうつ病を早期に自分で発見することができたのです。

どうやって乗り越えたの?克服方法

彼女は病院へ行き、最初の半年くらいは薬を飲んで寝ることしかできなかったそうです。

薬を飲み続けて少しずつ症状が和らぎ、治るまでには2年ほど掛かりました。治療期間にも仕事を続けていたのですが、薬の副作用とうつ病の症状とで、眠くて仕事に集中することに苦労されました。

そして、仕事をなるべく詰め過ぎないようにしたそうです。漫画を描く仕事をなるべく減らし、取材の仕事は増やしていきました。取材に行くことで外出して気分転換ができ、暗い感情に流されないように気をつけたのです。

そしてネガティブな感情に落ち入りそうになったら、そのことを考えないように別の事を考えるよう心がけました。自分で上手く感情をコントロールする方法を見つけ出していったのです。

自分が病気であることを受け入れて病院へ行き、きちんと治療をしながら、自分なりの気分転換方法を見つけていくことが、うつ病の克服にとって大切なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ