職場の人間関係はほどほどに付き合うことが大切 男性 31歳

職場の人間関係ですが、人にはいろいろな人がいることを知ることです。

私はあまり深く付き合わないようにしていました。個人的な職場での付き合いで、個人での家に行ったり来たりするということはあまりしませんでした。

上司や同僚にも、馬が合わない人もいます。上司の言い分でストレスにもなることもあります。

しかし通常の職場は一定期間で転属があります。どんな合わない人でも、数年の付き合いです。ほどほどに付き合うことが大切だと思います。

嫌な人は反面教師

どんな職場でも、嫌な人もいます。そういう人は反面教師にすればいいのです。

自分ではそのような言い方はやめようとかと思えば、気が楽になります。

仕事での命令には、「はいはい」と従うことです。自分の言いたいこともあまり言わないことがいいですね。

言いたいことや逆らうことはあまりよくありません。職場がギスギスするだけです。

上司も同僚も自分も数年で転勤になります。数年の辛抱です。こう割り切れば気が楽になると思います。

人の批判はしない

また人によっても能力や動きにも差が出てきます。いちいち批判しないことです。それがその人の能力だと思えば許せるでしょう。

また人によっても、要領のいい人も、悪い人もいます。几帳面な人もズボラな人もいます。ある程度は目をつむることです。

ゴルフのコンペ等で迎えに行ったり、来られたりの付き合いもあります。これも、あまり深くならないように、付き合うことです。

飲み会等もありますね。これもほどほどに付き合うことです。

私は上司にべったりということは、避けていました。上司にも同僚にも、ほどほどの距離をおいて付き合うことです。

職場での付き合いを極力抑えた

このような付き合い方をしていれば、職場もそれほどギスギスとはならないと思います。私の職場での付き合いでも、その後に個人的な付き合っているのは、ほんんの数人です。

私はこの程度の付き合いでよいと思っています。職場べったりは勧められません。定年になってもべったりは、あまりよくないと思います。

これからは町内会とか近所の付き合いの方が長くなるかもしれません。定年後は特にそうです。町内ともほどほどに付き合うことを勧めます。何かあった時にはご近所との付き合いが大事になってくると思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ