医療系でパワーハラスメントに苦しめられ 男性 作業療法士 31歳 M.I.さん

医療系はご存じの通り女性職場ですが、それゆえに人間関係で苦しめられることがあります。給料が安定しているイメージとは裏腹に人間関係はかなり不安定

医療系の落とし穴

そんな中で男性も働かなければいけないので、それはもう大変です。特に大学病院では業務も忙しいのでピリピリとしたムードが充満しており、ピリピリしているのでもちろん人間関係もピリピリします。

私が業務をしているのが分かっているのに「●●くん、早くあっちの業務をしてくれる!」とすごい剣幕で仕事を押し付けてきます。今で言えばパワーハラスメントなのでしょうが、少し前はそんな言葉すらなかったので私は「分かりました」とひれ伏すしかありませんでした。

パワーハラスメントの加速

最初は仕事を押し付けられる程度だったのですが、徐々にパワーハラスメントが厳しくなっていきました。「これしてないよね?」と就業間近になってから業務のミスを指摘して来たり、「これ間に合わないからやっといて」と自分の仕事を当然のごとく振ってきます。

始めは我慢できていたのですが、徐々に私自身も耐え切れなくなり、上司にこの上下関係はどうにかならないものかと相談しところ、「君に頑張ってほしいんじゃないか?」と全く取り合ってくれませんでした。給料も良い病院だったのでやめるにやめられずそのまま時間は流れていきました。

集団で徹底抗戦に

時間が経ってくると私にも後輩が出来てきます。もちろんパワーハラスメントをする看護師は後輩にもパワーハラスメントをしていきます。

そんな時に後輩の一人からこう相談を持ちかけられました。「若手で無視しませんか?」と。目からうろこでした。集団で立ち向かえば恐怖心も和らぎます。

そこで私は仲間になってくれそうな看護師を集めて、何を言われても徹底的に無視することに決めました。実際に試してみると効果覿面で初めはぐちぐちと文句を言われていたのですが、次第に文句すら言わなくなりました。人間関係は難しいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ